記憶のメカニズム

勉強して覚えた情報は、脳内の「海馬」という部分に一時保管され、

その後「大脳皮質」に送られ、長期記憶となります。

 

ただし、すべての情報が「大脳皮質」に送られるわけではなく、

「海馬」が「この情報は重要だ」と認めたごく僅かの情報に限られます。

 

つまり、重要でないと判断された情報はどんどん捨てられていくのです。

(勉強終了後4時間で、半分も忘れてしまうとのこと。)

 

では、「重要な情報だ」と認めさせるにはどうしたらいいのでしょう?
それは「繰り返し覚える」ことです。

 

やはりそうきたかと思うでしょうが、最良の方法です。

「海馬」は繰り返し入ってくる情報を「重要な情報だ」と判断します。

 

3回、4回と繰り返し、約30日間覚え続けることにより、

晴れて「大脳皮質」へと到達するのです。
 
この最良の方法を「復習」と呼びます。

 

ベストの広場4月号

ちょっと便利帳より

資料請求・お問い合わせ
大学進学情報
わたしたちベスト個別指導塾の基本理念です。

通常授業の他に様々な授業があります!

勉強会イベントも適宜開催しています!

勉強方法アドバイス

効率的に勉強に取り組むための方法です!

ベスト個別指導塾の各教室のご紹介です。

採用情報
採用情報