2018年

5月

16日

究極の読書・・「辞書読書」

昔から「究極の書物」と呼ばれている辞書を読むことは、「究極の読書」と言えよう。なぜなら、学問の大部分は「言葉」で成っているからである。最近は電子辞書でパパッと簡単に調べることが出来るが、ぜひ皆様にも辞書読書をお勧めしたい。


以下に効果的な辞書読書のポイントをあげる。

 

①自分より下の学年向けの辞書を読もう。
いきなり「広辞苑」などに手を出してはいけない。中学生なら、「小学生用辞書」が最適である。小学校のとき買った辞書が家にあるなら、それで十分である。

 

②知らない言葉に出会ったら声に出して3回読もう。
声に出すことにより、記憶に残りやすくなり、さらに日常の会話で自然に出やすくなるのである。

 

上記のポイントに従い読み終えた者は、全教科かなりの成績向上が期待できる。
「言葉を制するものは学問を制す」である。

 

ベストの広場5月号

ちょっと便利帳より

2018年

5月

02日

ホーキング博士逝く-宇宙の歴史

 先日宇宙論とブラックホール理論で世界をリードしてきたホーキング博士が亡くなりました。人類は大変惜しい頭脳を失いました。ALSという難病で長い間苦労してきましたが、その中でも数々の世界的業績をあげて物理学の発展に寄与しました。


 今回は、ホーキング博士にちなみ宇宙の歴史に関して少しふれたいと思います。宇宙開闢のビッグバンが起こって少したって、ようやく水素やヘリウムが電子を捕まえ原子として産まれてきます。この水素やヘリウムが分布密度のゆらぎのため重力によって集まり星雲が出来、その中で初期の恒星が発生します。恒星の内核では水素と水素が核融合反応を起こします。これが太陽を含む恒星のエネルギーの大元です。中心核の温度が上昇すると水素のつぎはヘリウムが融合を起こし炭素が出来、つぎには酸素という具合に反応が進みます。太陽よりかなり重い恒星の中では、この後も長い年月の内に反応が進み最終的に中心核に鉄が落下してきて反応が一段落します。鉄は凄く安定した原子なのです。


 そしてこの後、超新星爆発を起こし、それにより金や鉛などの鉄より重い元素がつくられます。原始太陽系の時代の地球には、すでに酸素、炭素は当然として鉄も金も鉛もウランもあったでしょうから、原始太陽系が出来る以前に宇宙では数え切れないほどの超新星爆発を経験しており、我々生物の肉体を含む、現在我々が地球上で活用している物質の原料は出そろっていたわけです。


 例えば、人間の血液中の赤血球にはヘモグロビンという鉄元素を含む物質があります。これがなくては人間は生きられませんが、これも太陽系が生まれる遙か昔にどこかの恒星の中で出来たものです。だから、われわれは星々の子供、スターチャイルドなんです。


 宇宙の長い歴史の中で核融合や超新星爆発によってつくられた元素を材料にして日々生きています。超新星爆発というのは、例えば半径5光年以内で起これば、周辺の生物は完璧に絶滅すると言われています。それほどすさまじいガンマー線バーストが周辺に降り注ぎます。


 原子力発電は不安定な元素、ウラン235が中性子を吸収して核分裂し大きなエネルギーを出し、その際自らも中性子を出すことを利用しています。普通、自然界にはウラン238がほとんどです。ウラン235は現在の地球ではウランの中の0.7%ほどしかありません。だから核燃料をつくるときにはこのウラン235を濃縮します。


 ところで、地球の内部が6千度というすごく高温であることはご存じでしたか。それはおもに、ウランやトリウムなどの放射性元素の崩壊熱が長い年月の間蓄積していることと原始地球が出来るときの数え切れないほどの微惑星の落下による位置エネルギーの熱エネルギー転換からくる熱が未だに冷め切っていないこと(実はこれがいちばん大きい熱エネルギー)であることが分かっています。


 原子炉は人間の発明であると考えられていましたが、実は今から62年前。アーカンソー大学助教授だった黒田和夫先生が地球物理学的洞察により、地球上では大昔、天然原子炉が存在した可能性があるという予想を発表しました。世界中だれも相手にしませんでした。しかし、それから16年後。フランス政府が、アフリカのガボンでウラン235の存在比や他の証拠から確かにここに天然原子炉が20億年ほど前に存在したと発表し世界中が仰天しました。黒田先生が正しかったのです。

ベストの広場5月号

塾長エッセイより

 

2018年

4月

25日

中3入試ガイダンス

先日4月21日(土)に、東村山サンパルネにおいて「中3入試ガイダンス」が行われました。
参加人数は過去最高の109名。
これだけの人数が集まると、途中集中力が切れて、ザワザワし出したりするものですが、やはり受験生の意識が高まってきているからでしょうか、そういうこともなく、緊張感あるガイダンスだったと思います。
内容は、主に都立・私立高校の受験の仕組みと、受験勉強のしかたの説明。そしてベストの先輩方へのインタビュー動画を観覧するというもの。
たかだか1時間半でしたが、密度の濃いガイダンスであったとも思います。

 

受験生のみなさん、当然ながら受験まで1年を切っています。
絶対に後悔することのないよう、この約10ヶ月、心して勉強に取り組んでいきましょう。
私たちベストのスタッフも、全力で応援していきます。

 

小平教室 高橋


2018年

4月

18日

記憶のメカニズム

勉強して覚えた情報は、脳内の「海馬」という部分に一時保管され、

その後「大脳皮質」に送られ、長期記憶となります。

 

ただし、すべての情報が「大脳皮質」に送られるわけではなく、

「海馬」が「この情報は重要だ」と認めたごく僅かの情報に限られます。

 

つまり、重要でないと判断された情報はどんどん捨てられていくのです。

(勉強終了後4時間で、半分も忘れてしまうとのこと。)

 

では、「重要な情報だ」と認めさせるにはどうしたらいいのでしょう?
それは「繰り返し覚える」ことです。

 

やはりそうきたかと思うでしょうが、最良の方法です。

「海馬」は繰り返し入ってくる情報を「重要な情報だ」と判断します。

 

3回、4回と繰り返し、約30日間覚え続けることにより、

晴れて「大脳皮質」へと到達するのです。
 
この最良の方法を「復習」と呼びます。

 

ベストの広場4月号

ちょっと便利帳より

2018年

4月

11日

一期一会

いよいよ新学期が始まりました(^^)
 
新しい学校に新しいクラス
初めて会う友達や先生
 
一言でいえば新たな出会いの時期です(^^)
 
よく、「この人に出会ってなかったら今の自分はきっといなかっただろう…」
なんてことを耳にしますが、人との出会いというのは、人生を大きく変える要素になります。
 
もしかしたら、何十年後かに振り返ったときに、「あのときの出会いが…」なんてことを考えてるかもしれません。
 
この時期の新たな出会いが、自分の、そして相手の人生の転機になるかもしれない。
私はちょっと人見知りだから…という方もちょっと勇気を出してみてください。

一期一会を大切にして過ごしていきましょう!
 
東大和教室  竹中

2018年

4月

05日

英語でロケットスタートしよう!

新学期が始まりました。新しいことを始める。ワクワクですね!!

 

なかでも、中学一年生になった皆さんは、新しい教科が始まります。英語です。

 

英語には小学生のときも多少ふれていると思います。しかし文法や読解の学習が本格的に始まるのは中学一年生からです。

 

かつて皆さんは小学一年生のときに初めて国語や算数などを習ったと思います。そのときは、初めて勉強するという点では、どの教科についてもみんな同じスタートラインに立っていたのです。
その後、学年が上がり、教科の数も増えて、得意・不得意がでてきたかもしれません。しかし英語に関しては、いま、皆さん同じ条件でのスタートです。この新しい教科に力をそそいでみませんか?やはり何事もはじめが大切です。小学校でいろいろとがんばって学んできた皆さんなら、ロケットスタートも可能です!

 

ただ新しい教科にチャレンジすることは、小学一年生の時よりも難しくなっているとは思います。中学校ではテストが行われる教科も増えます。英語だけではなく、実技教科である音楽や保健体育などでも定期的にテストが行われ、成績評価の基準の一つになります。英語だけに力を入れるのは大変と言えば大変です。しかし英語は、高校や大学その他の入学試験では必ず筆記試験で課される教科でもあります。社会人になった後も、就職や仕事で必要になることもあり、その重要度は非常に高いのです。ですから、中学の教科で集中的に力を入れるべきなのは、数学、国語、そして英語です。

 

では、最後に、英語の勉強で、中学一年生の4月にやっておくべきことを挙げておきます。出来る項目・やっている項目は飛ばしてください。出来ない項目・やっていない項目があるなら、それを目標に、毎日の学習に取り組んでください。

 

 1.アルファベットをABC順に、大文字と小文字どちらも書けること。
 2.ローマ字が書けること。最低でも自分の名前が書けること。
 3.5や10などの数字を英語で書き、発音できること。
 4.英語の単語を毎日発音しながら書いて練習すること。

 

結構たいへんですが、みな同じスタートラインにいるのです。がんばってみませんか?

健闘を祈っております。
 
小川教室 坂元

2018年

3月

28日

桜 満開です。

お休みの日に六本木の美術館に美術展を見に行きました。
美術館のある六本木ミッドタウンのビルの前には素敵な桜並木があり、桜が満開に咲いていてとてもキレイでした。
写真はミッドタウンのビルと桜です。

夜にはライトアップもあるそう。


満開に咲いていて、思わず見入ってしまいました。お花や自然を見ると、とても気分がリフレッシュ出来ますよね。

 

私は、桜を見ると「さあ、新学期だ。気合いを入れて頑張ろう!」と気分も一新、頑張ろうという気持ちになります。
皆さんはどうですか?


「春休みは学校からの宿題も少ないから、やること無いな」

なんて思っていませんか?宿題が出ていないならば、自分から積極的に前学年までの復習をしたり、新しい学年の予習をするという手もあります。

 

ベストの春期講習を活用し苦手を克服するのも良いですね。
教室の自習室を使う、という手だってあります。今のうちからコツコツと勉強をスタートさせましょう。

 

新学期からも勉強頑張ろう。目標実現のために、ベストのスタッフ一同、全力で皆さんを応援します。

 

清瀬教室  徳山

2018年

3月

22日

効率的な勉強は、整理された環境から

「さて,勉強しようかな・・・」と机に向かっても、教科書・筆記用具をゴソゴソ…

「宿題のプリントが無い!」と机やカバンを慌てて探す…

勉強を始めるまでに5分も10分もかかってしまう。

 

「提出のワークが見つからない」なんて、

1時間以上探したことがある人もいるのではないでしょうか。

 

整理された環境の中では10分で終わる勉強も、

劣悪な環境の中では1時間以上かかってしまうことさえあります。

 

みなさん、勉強をする机の上は整理整頓されていますか?

散らからない環境を作ることが大切です。

 

整理整頓の大原則
「定位置を決め、そこに戻す。」

を日々継続しましょう。

 

きっと勉強もはかどりますよ。

 

教室だより平成30年3月号

ちょっと便利帳より

2018年

3月

14日

都立高校 一般入試

2/23に都立高校の一般入試(筆記試験)が行われました。
今回の入試は全体的には昨年よりも易し目という声が目立ちます。
私も全教科目を通してみたのですが、確かにその評判どおりかなという印象でした。
恐らく、昨年よりも平均点が下がるのは国語くらいなものかという感じです。
(まあ、昨年の国語の平均点が70点近いので、、、)

 

苦しんだ方が多かったのではないかと思われるのは社会ですね。
何といっても完答問題(複数の解答を全て正しく答えて初めて点数がもらえる問題)が7問というのはキツかったですね。
都立の社会は問題数が20問と少ないです。
完答問題の他にも文章記述問題が2問出てますから、平易な選択問題はたったの11問です(理科、英語は20問以上あります)。
選択問題は鉛筆を転がす派の方などで、ほとんど点が取れなかった方もいたのではないでしょうか。
鉛筆転がしですと正解する確率は1問ごとに4分の1ですから、全部外してしまう確率は(4分の3)の11乗ということで、約4%。
けっこう高いですね  (--;)

 

また、普通に難しい問題も出ていました。
オーラスの問題は難問でした。
国連の取り組みについての問題で、「国連ミレニアムサミット」が開催された時期を選ぶ問題です。
私からすると「ミレニアム」だから2000年付近では、、、と予想できますが、受験生からすると「何それ?」となるわけです。
今の中3生の生年は2002年~2003年なんですね、、、。

 

長野五輪(1998)の原田、船木の話を熱く語っても「何それ?」と冷ややかな目線を浴びせられるわけだ、、、

 

 

立川教室 小林

2018年

3月

07日

知的感動

梶谷隆章さんが「ニュートリノ振動の発見」でニュートリノに質量があることを実証した功績で2015年のノ-ベル物理学賞を受賞したことは、みなさんもよくご存じかと思います。


「ニュートリノって何」でしょうが。これは物質を形成する素粒子の一種で、理論上、質量を持たないものと仮定されていた物質です。物理の素人(しろうと)には「そもそも質量がないのに物質として存在すること」が理解に苦しみますが、とにかくそういう素粒子で、当然、他の物質とほとんど反応しませんから地球なども簡単に貫通していく。私たちの人体も1秒間に1兆個ほどのニュ-トリノが通過していくらしい。そうすると1日に8京6000兆個以上のニュートリノが身体を貫いていることになります。何だかよく分からないが凄い。


ここでは、梶谷教授の先生の小柴昌俊教授のお話を少し。実は小柴先生も同じノーベル物理学賞を自然由来のニュートリノの発見で2002年に受賞しています。


1987年2月23日、午前7時35分35秒。日本のカミオカンデ(岐阜県神岡鉱山地下1キロにある巨大な観測装置)で11個のニュ-トリノが観測されました。同日、地球から16万光年ほどの距離にある大マゼラン星雲にある恒星が超新星爆発を起こし、急に激しく光り出したことが、同日10時半ころから光学望遠鏡の観測で分かり、その後のデータ解析で判明しました。(このあたりの詳細を知りたい人は「国立科学博物館」にHPなどで確認しておいてください。)


超新星爆発(質量が大きい恒星が恒星進化の最終段階で起こす大爆発)が光や電波などでなく観測そのものが凄く難しいニュ-トリノによって観測されたことに世界中が驚愕しました。


本来、カミオカンデは宇宙全体に安定して存在しているであろう陽子の崩壊を観測するために作製した巨大実験装置でしたが、偶然、超新星爆発という天体観測をしたのみならず、重力崩壊を起こした超新星深部の観測を行ったからです。


ただ、念のために言っておきますと。16万光年というのは「距離」の単位です。光が16万年かかって進む距離ですよ。だからこの実際の超新星爆発は、1987年2月23日の16万年前に起こっています。その光が地球に到達したのが16万年後の1987年ということです。


いずれにせよ、ここからニュートリノ天文学がスタートしました。世界中がこの発見に驚き、感動し、喜びました。これが日本の研究者によって成し遂げられたことは日本人としてとても誇らしいですね。そして、知的感動を覚えませんか。


小柴先生は「東大物理学科をビリで卒業した」と自称しており、東大時代の成績も公表しています。そこには16教科中、「優」(大学の成績は優、良、可)が2個しかなく、可が4つあり、そのうちのひとつは原子物理学であったらしいです。なにか勇気づけられるというか面白いですね。ノーベル物理学賞を原子物理の分野で受賞した人物が原子物理が可ですから。

ベストの広場3月号

塾長エッセイより

2018年

2月

28日

試験ラッシュ!と試験後の過ごし方

先週の金曜(2月23日)に都立高校一般入試がありました。結果発表は3月1日(木)です。中3受験生のみなさんの合格を心よりお祈り申し上げます。


この時期は、都立入試はもちろん、大学入試、中学生の学年末試験、高校生の学年末試験とはとにかく試験・試験・試験の連日。皆さん勉強ははかどっていますでしょうか。


学年末試験をひかえた生徒さんたちは皆、黙々と自習したり友達と問題を出し合ったりと目標を決めて頑張っているようです。


ここで大切なのはもちろん試験本番ですが“試験後”これもかなり大切ですね。

 

ここのブログでも事あるごとに話題にもなっていると思いますが、改めて書いておきます。試験が終わってホッと一息。点数が返ってきて一喜一憂。確かにやりたくなりますよね。でも肝心なのはその“後(あと)”なのです!

 

できなかった問題や間違えてしまった問題をどうしてますか?『これは難しかったから』とか『これは単なる計算ミス』しまいには『ケアレスミスだった』で片づけていませんか?難しい問題なら他の人と差がつけられる問題と考えてみてください。習っていないものが出題されることは少ないはずです。わからないなら質問してでも自分の力にしましょう。

 

また単なる計算ミス、ケアレスミスってなんでしょう。実際に解き直しをしたり、教科書・ノートを見返したりして確認しましたか?やはりそこまでしてもわからなかったら質問して自分の力にしなければ、次にはつながりません。

 

「次はちゃんとやる(頑張る)」なんて言いながら同じことを繰り返している人がたまにいますが、入試に“次”はありませんし、その定期試験もすでに入試の一部みたいなものです。

 

少し厳しい内容にはなりましたが、いつか来る受験で後悔はしてほしくありません。言い訳ならいくらでも作れますし、やる気があるときなら誰でもできます。やる気がないときでもやるのが本当の努力だと思います。

 

特に中2、高2の生徒さんは受験まであと1年を切りました。自覚と目標を持って頑張ってください。

 

府中本町教室より

2018年

2月

14日

受験生のみなさんへ

入試をすでに終えている方もいると思いますが、これからの生徒さんが多いことでしょう。

ますます寒くなってくる季節です。体調に気をつけてください。

特に受験直前になると、夜更かしをして頑張る人が少なくないようですが、風邪をひいては元も子もないです。

多少の「無理」は仕方ありませんが「ムチャ」は禁物です。

 

過去問を活用し、時間配分、問題を解く順番などしっかり予行演習してください。
ベストで渡した入試対策の教材も活用してください。一度解いてやり直しもしたからもういいや、ではなく、間違えてしまったところは何度も解いてみましょう。

 

ラストスパートだ!頑張れ受験生。

 

ベストの広場2月号教室だより

2018年

2月

07日

都立推薦入試

2月1日に、都立高校推薦入試の結果が出ました。

 

倍率2.78倍、合格率36.0%(昨年33.4%)という激戦の中、

 

『ベスト個別指導塾 / ベスト自修館 』  では、

 

立川 国分寺 武蔵野北 南平 清瀬 小平 調布南 神代 石神井 小平南 翔陽

 

武蔵丘 保谷 日野 鷺宮 田無 東久留米総合 千早 久留米西 小平西 光丘 

 

東村山西 府中工業 第四商業 田無工業 練馬 羽村 五日市 東村山 練馬工業
 

に合格しました。おめでとうございます!!

 

都立推薦入試では、内申点、集団討論、作文・小論文、面接が実施されます。
ベストでは、都立推薦入試に向けて、集団討論対策や作文・小論文、面接対策など
対策をしてきました。少しはお役に立てたかなと思います。

 

ただ、倍率が高いこともあり、悔しくも、今回は合格できなかった生徒さんもいます。
次は、2月23日の都立一般入試で合格を勝ち取ろう!
そのために、一日一日を大切に取り組んでいきましょう。我々も、全力でサポートします!

 

東村山教室  黒川

2018年

1月

31日

ゆとり教育の轍

 昨年11月14日の朝日新聞に、「『大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が暗記中心になっているのは問題』だとして、高校と大学の教員らで作る『高大連携歴史教育研究会』が用語の精選案を発表。知識を入試で問う用語を現在の3500語程度から約半分にすべきだとしているという」記事が出ていました。さらに「グローバル化」「共同体」などの現代的課題につながる語句は加える方針らしい。相変わらず非現実的な見解と方針だなと呆れてしまいました。


 というのも、「思考力を鍛える学習に重きを置き」「時間と内容を減らした」ゆとり教育の失敗から何も学んでいないと思われるからです。「高大連携歴史教育研究会」なる団体の会員をみると、全国の名のある大学・高校の教員の方々のようですが、教育や学習の本質を間違えて捉えているようにしか思えません。主要な教育現場である高校・大学の教員から提言されている点にも驚かされます。


 そもそも、中学生や高校生、一般教養を学ぶ大学生の多くがいわゆるティーンエイジャーである訳ですが、この年代ほど、知識・情報の吸収力を大きく持つ年代はなく、ここで学んだことはその後に大きく影響する時期であることは疑いのないところです。この人生でも稀で貴重な時期に、知識を身に付けないでどうするのでしょうか?もちろんそれらの知識を、将来すべてどこかで直接使うわけではありません。しかし、学問は進歩するものであり、現代社会と現代科学を理解するにはある程度の知識量はどうしても必要です。ところが、先述の記事ではさも「暗記中心が悪者」である書かれ方をしています。断言しますが、「暗記」は決して悪者ではありません。


 要は、「知識の実践力」というべき暗記した知識をどう生かすのかという点がないがしろにされ、そのための環境ができていないということが本質的な一番の問題です。現場の先生方は、もっともっと指導技術を磨き、「暗記だけさせる」現場を改善させることが、火急の対策なのです。それが、分かっていない。


 10年ほど続いた「ゆとり教育」は、結果的に学力の低下をもたらし国際的にも日本の教育的地位を落としました。「グローバル化」「共同体」など流行の美辞麗句だけを掲げ、あたかも時代にもっとも即したように見える今回の提言ですが、上手くいかなかったゆとり教育の行く末と同じ轍(わだち)を踏んでいるようにしか思えません。実は、高校での学習は、内容も豊富で突き詰めれば難しいものであり、生半可なことでは習得できないものです。綺麗ごとを言うのではなく、もっと泥臭く取り組むべきだと思うのですが。

小平教室 

高橋

2018年

1月

17日

カタカナ語はいろんな意味でヤバい

スーパームーンという言葉が流行っているようですが、観測地点から最も大きく見える満月のことをそのように呼ぶようですね。

 

私はこの言葉をTVで目にしたとき、塾講師という仕事柄、「この用語、大丈夫かな?スーパーって、こういう使い方していいのかな?」と思ってしまいました。
ロングマン英英辞典で調べてみたところ、接頭辞superには

 

more, larger, greater, or more powerful

 

という定義がなされていました。なるほど。疑問に思った自分を反省。満月がいちばん大きいときの印象を分かりやすく伝えてくれる、いい名前ですね。(ただ、あとで調べて分かったのですが、これは天文学の用語ではないようですね。)

 

さて、上記の「スーパームーン」のような単語はいいのですが、一般にカタカナ語といわれている単語には、なるべく注意した方がよいでしょう。なぜなら、そのまま英語にしても英語としておかしいものが非常に多いからです。これが、日本語を母語とする人にとって英語の学習の妨げになっているのです。

 

例えば、Tシャツ。これは完全に複数形になっていますが、英語では単数形T-shirtを使う場合が多いので、会話で発音を間違えてしまいます。I’m wearing a T-shirt.と言うべきところで、I’m wearing T-shirts.と発音してしまうのです。(冠詞aを忘れていることも重大ですが)Tシャツを何枚も着ているみたいに聞こえますね。そうかと思えば、同じ衣服であるパンツはちゃんとpantsで正しい。カタカナ語は一貫性が無いですね。
また、レストランでよく間違うのがジュース。juiceは、果汁のことを表します。したがって、清涼飲料水などのいわゆる「ジュース」はsoft drinksと表現します。
あとはクーラー。a coolerは保冷剤のことです。日本語のクーラーを英語にするとan air conditionerですね。

 

挙げればキリがないのですが、それだけカタカナ語が英語からかけ離れているということですね。そこで、今、英語を学習していて、イマイチ英作文や会話の力が伸びないという人にオススメしたい学習方法があります。それは、以上のようなカタカナ語をひとつひとつ和英辞典で調べて正しい英語に置き換え、ついでに、辞典に載っている例文と一緒にノートに書きためていくのです。

 

例えば、マンション(の一室)というカタカナ語なら、
『マンション(の一室) → an apartment
 例)I decided to buy an apartment near the station.
(駅の近くにマンションを買うことにした。)

 

 のようにノートに書きましょう。

 

カタカナ語は日常のどこでも使われる使用頻度の高いものが多いですから、使える単語が増えるだけでなく、例文を写すことで使える表現も増えていきます。ぜひ身のまわりのあちらこちらにあるカタカナ語を英語に直して、英作文や会話の勉強に役立ててみてください。


小川教室 坂元

2018年

1月

10日

2018年1月

新しい一年がスタートしました。
今年の目標や、やりたいことはもう決まっていますか?

 

受験生ならもちろん「〇〇校合格!」といった目標があるでしょう。
それ以外にも「部活でレギュラーになる!」「テストで100点取る!」

といったそれぞれの目標があるかと思います。

 

目標を決めた時、家族や友人など周囲の人にそれを伝えて行動することを「有言実行」といいますね。この四字熟語はかなり頻繁に使われますが、比較的新しい言葉です。これに対して古くから「不言実行」という四字熟語があります。この言葉をもとに「有言実行」が生まれました。「有言」に対して「不言」ですから、人に言わないということですね。そうすると、自分のやろうとしていることを心に秘めたまま行動することのように思われがちですが、少し違います。言い訳をしたり理屈を言ったりせずに物事を行う姿勢を表す言葉です。

 

昔は、このような姿勢を持った人の方が高く評価されたのでしょう。今では「有言」に押されてあまり耳にすることがなくなりました。スポーツ選手でも「優勝します!」と宣言してその通りになるとカッコイイと思いますね。時代の流れとともにこちらのタイプの方が評価されるようになったようです。しかし、古いというだけで、ダメと言ってしまうのは安易でしょう。古いものにも新しいものにもそれぞれ長短はあるでしょうから、どちらもありだと思います。

 

さて、あなたはどっち派でしょう。今年の目標が決まったら、どちらか試してみてください。

 

東大和教室 松本

2017年

12月

27日

集団討論対策の模擬授業

みなさん、こんにちは。寒い日が続きますが、体調など崩していませんか?
しっかりと暖かくして、手洗いうがいなどをして、体調管理にも注意しましょう。
清瀬教室では1階と2階の教室合計で4台の加湿器を使い、環境を整えて毎日みんな勉強頑張ってます!

 

ベスト個別指導塾では、都立推薦入試対策指導の一貫として、12月17日に、東京私塾協同組合と合同の

「集団討論対策-模擬授業」を実施しました。
集団討論というのは、都立高校の推薦入試にて各高校にて行われる試験の一つです。

 

★   初めての人と先生の前で、本番そっくりの実施内容と雰囲気。
★ 都立高校の先生もびっくり!本番そっくりの出題内容・評価シート。
★ 評価シートは、一人ひとりにアドバイスも入って返却。
★ 受験校・出題内容別のグループ分けによる実施され、まるで本番の試験。
★ 体験するだけでなく、他のグループも観覧可能。
★   ほかの人の話している姿や内容を見学することで、自分の所作や話し方の参考に。


…と、参加した生徒さんはとても充実の内容だったようです。
評価シートが教室に届き、その評価を基に一人ずつ反省会をしました。
上手にできた人、上手くいかなかった人、ほかの生徒さんの迫力に圧倒されてしまった人、司会にチャレンジしたけど、司会の難しさを実感した人、など参加したみんなはたくさんの新しい発見と本番の推薦入試に向けて大きな手ごたえを感じたようです。

参加して良かったですね。入試に向けてさらに練習をしていきましょう。

 

2017年ももうすぐ終わります。みなさんにとって、どのような一年でしたか?
来年もみなさまにとって素敵な一年になりますように。
そして受験生のみんな、ラストスパートで頑張っていきましょう!合格を勝ち取るぞ。

 

清瀬教室 徳山

2017年

12月

20日

入試に向けて過去問活用!

冬期講習がスタートし、入試の過去問に取り組んでいる受験生も多くいることと思います。

 

過去問を解くことで入試問題の傾向を知り、また実際の入試での時間配分解く順番なども、目標点を意識して戦略を立てていくようにします。もちろん解けなかった問題は再度解くように。やり直し・解き直しが重要です。

 

困ったときには、先生に相談してどのような解法が一番良いかアドバイスをもらうのも良いでしょう。とにかく頑張って合格しよう!という気持ちが大切です、入試まで残り少ないですが、ベストの先生と一緒に頑張っていきましょう!

 

ファイトだ!頑張れ!受験生。

 

ベストの広場1月号より

2017年

12月

13日

国連憲章と日本国憲法

 日本国は現在、国連に加盟している。その国連は世界平和を「集団安全保障」という制度で守ろうとしている。これは要するに、侵略を行った国家を国連加盟の国々が協同の「鎮圧のための有効な集団的措置」(国連憲章第1条)を取ることにより鎮圧すると。これを安全保障理事会の決議に基づいて実行するという段取りです。国連憲章42条で軍事的措置に関して規定がありますから、侵略国に対してはあくまでも平和的手段で圧迫をかけますが、場合によっては軍事的に粉砕しますとなっています。


 こうした軍事的措置を含む「集団安全保障」を加盟国は「誠実に履行する」「義務」を負っているとされている。(国連憲章第2条)


 しかし、こうした「集団安全保障」が「必要な措置を取るまでの間」、加盟国は「個別的」「集団的」自衛権という加盟する国家が固有に持つ権利を害しないともある。(国連憲章第51条)

 

 ここで頭脳明晰な高校生なら「アレッ?」と思いますね。日本には憲法9条があるから国連憲章が前提にしている「安全保障」に貢献することが出来ないのではないかな、という疑問ですね。そうなんです。実は国連加盟論議が起こったころから国連憲章と憲法9条の矛盾は感じていた人もいたわけです。原理的に矛盾してないか?という疑問ですね。憲法調査会の改憲議論でもこの視角から改憲論を展開する意見もあったようです。

 

 ただ、これは別の解釈もある。「国際紛争を解決手段として」個別の国家が武力を発動する事態と違い、国連からの要請で加盟国としての「義務」を遂行するわけであるから、平和維持という神聖な義務達成のための必要な軍事的支援は、当然、国際法上も合法的であるという見解です。

 

 そもそも国連憲章と憲法9条が論理的に背馳するならば、国連に加盟したことが間違いであったことになるわけですから、後者の解釈の方が合理的なような気がしますが。戦前も国家、社会よりも天皇制護持が大事であるというような倒錯した観念を持っていた人たちがいましたが、逆に現代では、現実の世界や日本の現状よりも憲法護持が大切であると考えている人もいる。もっと事実と現実を冷静に認識しなければならないと思います。

 

 まず確認しなければならないのは、上に述べたように「集団安全保障」と「集団的自衛権」はまったく違うものだという事です。そして、今問題になっている「集団的自衛権」。国家の固有の「権利」として国連憲章も認めている権利です。また、この権利を否定している国家はほとんどないのではないでしょうか。

 

 過去、日本国政府は「集団的自衛権を権利としては持っているが憲法上放棄している」という解釈でしたが、最近さすがに変わりました。今、日本を核攻撃する可能性があることを広言する隣国があります。つまり核脅迫を受けているわけですが、集団的自衛権を否定することにより本当に日本が防衛できるのか疑問に思う人が出てくるのはやむを得ないでしょう。

 

 それよりも何よりも、国連憲章には「敵国条項」(国連憲章54条)という恐ろしい条文があります。戦後72年たちましたが、国際連合は旧連合国の組織なんだと再確認させてくれます。まずはネットで「国連憲章」に目を通してみませんか。

 

ベストの広場1月号

塾長エッセイより

2017年

12月

06日

明日は晴れるかな?

「さよならー、気をつけて帰るんだよー!」
今日の最後の生徒さんが帰った。さて、トイレに行こう。

 

生徒が皆帰るとトイレに向かうという変な習慣がついている。
そこはささやかなねぎらいの場である。

 

いつもどおり、トイレに入り便座に腰をかけると、便座が暖かい。
便座温度のツマミが暖かいほうになっている。
私は冷たい便座が好きなので、ツマミを冷たいほうへまわす。

 

しかし、冷たいほうへ回したからといって、すぐに冷たくなるわけではない。
と言うより人肌以下になることはない。
重要なのは座る瞬間であって、今ツマミを回しても何の意味もないのである。

 


冷たい派の私がツマミを冷たいほうへ回す。
次に入った暖かい派の人が座り際に不快を感じる。
意味もなく暖かいほうに回す。
また私が入り、不快を感じる。
意味もなく冷たいほうへ回す。
‥‥‥

 

何という悪循環。非生産的な循環だ。

 

すかさず、ツマミを元の位置に戻す。
じわじわと温まってくるのを感じるが、自分を戒める意味でも、その不快感に耐える。
毎日の癒しの時間が苦痛に変わる。
これではもう、ここはねぎらいの場ぢゃないぢゃないか。
なぜか少年時代に高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」を読んだときの忌まわしき記憶までもが甦り、

不快感は最高潮に。

 

そこで気づく。
個室を出る前に戻せばいいじゃないか、と。

 

一件落着、あれこれ考えさせられたが、すっきり解決。
教室に戻り、残務を済まし帰路へ。道もすいていてスムーズに自宅の駐車場へ到着、

サイドブレーキを引いた、その刹那。

 

ツマミを戻すのを忘れた!

 

立川教室 小林

2017年

11月

29日

定期テストを終えて・・・

中3受験生は内申決定に関わる最後の定期考査を終えて、後はドキドキしながら仮内申の発表を待つばかりですね。
だけどテストが終わって燃え尽きてしまったそこのあなた。まだここがゴールではありませんよ。都立高校を第一志望で受験する生徒さんは、まだこの後に本番の都立入試が控えています。
もう知っている人がほとんどかと思いますが、都立入試の内申点と当日点の比率は3:7です。つまり、内申点の二倍以上も当日点の比重が大きいのです。もちろん、内申点を疎かにしていいわけではありませんが、それはもう終わった話。大切なのは、テストの出来がどうだったにせよ、しっかり切り替えて都立入試に向けての勉強を始めることです。
また、私立高校を第一志望で受験する生徒さんも仮内申が出て、単願受験が可能か分かるまでは気を抜いてはいけませんよ。

 

「とりあえず仮内申が発表されるまで~」とか、仮内申発表後に
「今ひとつだったな~。とりあえずゆっくり志望校を考え直そう。」とか。
確かに、志望校について考えるのも大切ですが、「あーでもない、こーでもない。」とグダグダするくらいなら、さっさと受験に向けて勉強するほうがよっぽど有意義ですよ!

 

ちょうど本日、府中本町教室では中3受験生を対象に「入試直前ガイダンス」を行いました。
そこでの学習計画の部分でも触れましたが、入試までの一科目にかけられる時間は皆さんが思っている以上に少ないのです。ここでの中だるみがどんなに無駄か分かりますね。
繰り返しになりますが、切り替えをしっかり行い入試対策の勉強をスタートしましょう。

 

さて、ベスト個別指導塾では受験生は12/11から冬期講習がスタートします。
さらに今年度も
12/30に各教室で長時間の勉強イベント「年末特訓」や
1/2・3にベスト自修館で「正月特訓」を実施します。
毎年これに参加した生徒さんからは「役に立った!」「出来るようになった!」と大変好評なイベントです。
申込がまだだという生徒さんは早めに申込をしてくださいね!

 

寒さが本格的になり外に出るのが億劫になるのも分かりますが、そんな今だからこそどんどん教室の自習スペースを活用しに来てください!適度に暖かくして皆さんをお待ちしてます!

 

府中本町教室 永峯

2017年

11月

22日

したたかな寄生

 「したたかな寄生」(成田聡子)という本を読んだ。改めて他の生物に上手に寄生する生物のしたたかさに舌を巻くとともに、特に昆虫のそのおぞましい寄生の実態に言葉を失います。


 エメラルドゴキブリバチというゴキブリ(主として体の大きいワモンゴキブリ)を奴隷化する昆虫がいるらしい。このハチがどのようにゴキブリを奴隷化するかというと。

①逃げまどうゴキブリに覆い被さり、あごで噛みつきゴキブリの神経に毒を注入し前肢を麻痺させる。

②脳を毒で汚染されたゴキブリは、元気に生きてはいるが、この後はハチに自由に操作されるようになる。結局、地中のハチの巣穴に誘導されて、腹部にエメラルドゴキブリバチの卵を産み付けられる。

③母親のハチは巣穴を砂で塞ぎ、幼虫のエサとなるゴキブリが食われてしまわないようにする。そしてそこを立ち去る。

④ハチの卵が孵るまでの3日間、ゴキブリは逃亡することもなくボンヤリと過ごす。

⑤卵から孵った幼虫たちは腹部を食い破りゴキブリの体内に侵入する。

⑥幼虫たちは、生きたゴキブリの内臓を食べ続ける。8日間ほどで幼虫は体内でサナギになる。しかも、その時ゴキブリは生きています。サナギになった後、被害にあったゴキブリはひっそりと息を引き取る。

⑦エメラルドゴキブリバチのサナギはそれから4週間後、エサとなったゴキブリの身体を突き破り、美しいエメラルド色の成虫として飛び出す。


 すごいですね。あの生物としては人間よりも大先輩である、したたかな生命力を持つゴキブリがいとも簡単にねじ伏せられちゃってる。驚くべきはエメラルドゴキブリバチはゴキブリの存在が発生と世代交代の前提になっているということです。いわば一蓮托生ですが、ゴキブリは3億年間の歴史を持つ、「生きた化石」ともいわれる生物種としては安定していて、適応能力抜群の無敵生物ですから、こいつに寄生するってのはすごく安心、安全な将来があるともいえますね。


 みなさん、このパターンって、ハリウッド映画の「エイリアン」そっくりでないですか。というより「エイリアン」がこうした昆虫の生態を下敷きにしている訳だけど。エメラルドゴキブリバチは南アジア、アフリカ、南太平洋地域に分布しており、日本にはいませんが、同じようにゴキブリを奴隷化するセナガアナバチ属2種が生息しているらしい。愛知県以南から西表島あたりまで分布。


 昆虫には、このように他の昆虫に卵を産み付けて育てる種が多数います。とくにハチに多い。コマユバチ属の5000の種はすべて他の昆虫に寄生するらしい。ある種のコマユバチはイモムシに数十個の卵を産み付けます。子供たちがイモムシの内蔵を喰い成長するのは他の寄生バチと同じですが、イモムシは身体を食い破って出てきた幼虫がサナギになっても、(その時点でイモムシは生きている)、瀕死のイモムシはハチのサナギを守るために必死の力を振り絞って、無力なサナギを狙う他の昆虫を追い払おうとするらしい。凄い、これは凄すぎる。

 

ベストの広場12月号

代表エッセイより

 

2017年

11月

15日

意外と知られていない眠気対策

眠気が解消されないときは、こんな方法を試してみてください。


「窓(ドア)を開けて深呼吸」

 

脳へ酸素が十分に行き届かないと眠くなります。十分に酸素補給をしよう。

 

「音読する」

 

あごの振動と音が大脳を刺激し、目が覚めます。

 

「耳を引っ張る」

 

両手で左右の耳たぶを持ち、下にゆっくり3秒引っ張ったら、手を離す。これを5回繰り返し、最後に耳をもんでみましょう。

 

もちろん、「勉強中に眠くなることはないから、こんな方法は必要ない」というのが一番です。

日頃より夜更かしを控え、規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

ベストの広場12月号

ちょっと便利帳2017より

2017年

11月

08日

定期試験対策

だんだんと肌寒くなってきましたが、体調は大丈夫でしょうか?
風邪が流行っているので、マスクを着用してしっかりと予防しましょう。
もちろん風邪を引いている人は他の人にうつさないようにマスクをつけてくださいね!
定期テストが近いです。特に中3生は入試で使われる成績に関わる最後のテストとなります。

万全の体勢で試験に臨めるようにしてください。

 

さて、テスト前である今回は定期試験の各科目のポイントについてざっくり書きたいと思います。

当たり前のことも書いていますが参考にしてください。


【英語】
文法、教科書和訳、単語・重要表現
→この3つの要素があることをつかんでおくことがまず大切です。
 テスト前にはこの3つをしっかりとできるように演習します。
 文法は文の型を意識するようにしてください。英文とその和訳を並べて書いてみて

    どこに何がきているかを調べてみる習慣をつけると良いです。
 教科書和訳は試験範囲の文章はすべて和訳できるようにしておきましょう。
 単語・重要表現は日本語にしたときの意味をまず覚え、その後意味から英語を書けるようにするとよいです。

                        教科書本文の内容と合わせると覚えやすいですよ。


【数学】
計算、関数、証明、重要語句
計算は途中式をしっかり書いて、早く正確に解く特訓をしてください。
 関数はy=~の式を立て、それを使って問題を解くことを意識して下さい。
    式とグラフの関係もつかんでおきましょう。
 証明は型を覚えると良いです。教科書やワークでどのように表現しているかつかみ
    真似をするようにしましょう。
 重要語句は教科書の太文字になっているものを説明できるようにしましょう。


【国語】
読解問題、文法問題、文学史
読解問題は授業のノートでどこがポイントとなっているか先生が示してくれています。
      まずはその復習をしてください。そして合わせてワークを解くようにすると良いです。

     (解答を写していては力がつきませんよ!)
 文法問題は学校の問題集をくり返し解いて下さい。
 文学史は作者を見て作品名を言えるように、そして作品名を見て作者を言えるようにしましょう。

     あとは時代を見て作品名・作者も言えるようにできれば大丈夫です。


【理科】
重要語句、実験・観察
重要語句は一つ一つ説明できるようにしましょう。ただ言葉を暗記しても問題は解けません。
 実験・観察は実験・観察の目的を理解し、実験器具の名前や実験・観察するときの注意点をチェックしておきま

       しょう。化学ではその実験からできた物質の性質や調べ方も覚えておく必要がありますよ。
 仕上げに単元末の問題を解いておくと良いです。


【社会】
地理、歴史、公民
地理はその地域の地形や産業・工業の特色等をしっかりとつかんでおきましょう。

 歴史はいつ誰が何をしたのか説明できるようにすると良いです。またその目的も考えるようにしてください。

    文化のところはその時代の特徴を教科書からつかんでおくと覚えやすいです。

 公民は専門用語がたくさん出てきますのでその意味を理解しておきましょう。

 

どの科目でもそうですがインプット(頭に入れようとする)だけではダメです。
アウトプット(外に出す)とセットが大切です。問題演習をしっかりとやって下さい。
そしてできなかった問題には印をつけて繰り返し解くようにしましょう。

解説を読んでもわからない問題は放置せず、塾で質問してくださいね!

毎週土曜日の質問自習教室を活用してください。

 

東村山教室では定期テスト対策の勉強会として

英語和訳暗写勉強会、定期テスト予想問題を解こう!、定期テスト対策勉強会など

を予定しています。詳しい時間等はこちらをご確認ください。

まだ申し込んでいない生徒さんは、ぜひ申し込んで参加してくださいね。

 

東村山教室

江藤

2017年

11月

02日

用紙サイズのひみつ

塾や学校で行われるテストや配付されるプリント、日頃よく目にする雑誌や本、新聞など、私たちに身近で欠かせない存在である「紙」。今回は、普段なんとなく使っていますが、実はその大きさ(サイズ)に少し面白い数字が隠されていることを紹介しましょう。

 

まず私たちが日常生活で使用する紙のサイズには、「A判」と「B判」あります。一般の家庭では、ファックスなどの用紙がA判の「A4」、学校のワークなどはB判の「B5」(ページを広げればB4)のものが多いでしょうか。まずこれらは、どちらも、どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形です(これを『ルート長方形』という)。A判は、19世紀ドイツの物理学者オズワルトによって提唱された規格で、面積が1㎡のルート長方形を「A0」としました。図1を見てください。「Aいくつ」という数字には、このような関係があります。そして図2。どこまで半分にしても相似なので、その長辺と短辺の長さの比率は意外と簡単に出せますね(長辺:短辺=√2:1)。ちなみにこの比率は「白銀比【はくぎんひ】」と呼ばれ、日本では古来、美しい比の形として好まれてきました。

続きを読む

2017年

10月

25日

江戸時代の人の食事

江戸時代の人は何を食べていたのだろうと思うことがある。時代劇にはそういう場面も出てくるけれどあんまりよく分かりませんね。そもそも江戸時代は世界的に小氷期といわれる時期に重なっており、1850年代まで基本的に寒冷な気候が続いたことが知られています。そういえば、オランダのブリュ-ゲルの「雪中の狩人」なんて絵がありますが、寒そうですね。ロンドンを流れるテムズ川も凍ったようです。隅田川も何回か凍結した記録があるそうです。だから飢饉も多かった。天明の飢饉が有名ですが、それ以外にもたくさんの飢饉に見舞われています。太陽活動が不活発な寒冷期だった訳です。


さて、今回は江戸の武士や町人の食事がどうだったのかについて若干ふれます。手元に雑誌「東京人」のかなり古い号に渡辺善次郎という人が平均的江戸市民の食事例をあげています。以下、引用をすると。


  【下級武士-春】
 朝- 炊きたての飯、豆腐のみそ汁、たくあん、梅干し
 昼-茶めし、里芋・人参・こんにゃく・あぶらげの煮しめ、アサリとわかめの芥子あえ
 夕- なんばんめし、ウドの汁
これは筆者も少しゼイタクな食事と思ってほしいと書いてますから、こんな日もあったかも知れないが、実際は朝はみそ汁にご飯くらいの日もあっただろうし、昼はタクアンだけという日もあった訳でしょう。「なんばんめし」とはネギを混ぜためしらしい。全体的には現在でも通用する食事という印象です。ただ、当時の下級武士や長屋の住民は月に3,4回の魚が食べられればいい方だったようだ。

 

  【商家-冬】
 朝- 炊きたての飯、小松菜のみそ汁、たくあん、
 昼-冷やめし、八杯豆腐(豆腐を調味料と葛で煮付けた料理)
 夕- 冷やめし、コハダと大根の煮付け
これは当時の商家の実際から見るとかなり豪華な食事でしょう。『幕末百話』には、朝はみそ汁のみ昼にたまに魚が安いときに魚がつき、夕飯は漬け物のみという記録がある。そちらの方が実態に近いでしょう。もちろん上級武士や大店の主人一家はもう少し上等なものを食べていたのでしょうが、武士階級は本来、質素倹約が美徳ですから将軍さまでもさほどぜいたくな食事をしていなったようです。

 

石という容積の単位がある。1合×10=1升、1升×10=1斗、1斗×10=1石です。つまり一石は1000合にあたります。今でも電気釜で2合3合という単位で米を炊きますね。


この一石が江戸時代ひとりの米の平均消費量(幼児から老人まで)の1年分という説もあります。ただ、激しい労働をする人たちは一日5合くらいは食べたという史料もあるそうな。いずれにせよ江戸の庶民は米をたくさん食べていたことは間違いなさそうです。たくさんのご飯を塩辛い漬け物やお茶を飲みながら食べていたイメージです。


一日三食、食べるようになったのは元禄時代頃からみたいで、それまでは2食だったようです。

ベストの広場

代表エッセイより

2017年

10月

18日

毎日を有効に使うために

やることがたくさんあると、あれも、これもと次々考えが浮かぶけれど、集中力が散漫になり、

全く物事が進まないということがよくあります。

イヤになってゲームに逃避してみたり。

提出用の問題集に取りかかり始めないとダメなのに部屋の掃除を急に始めたり。

そして、1日が終わるたびに、 「今日は無駄な時間が多かったな… 」 と後悔ばかり。


 そんな方は、次の方法をお試しください。

 ①今日やるべきことを4つ書きだす
 ②1~4までの優先順位をつける
 ③1から順番に消化する

 

あまりにシンプルですが、 「1」 から取り組むと、 残りの 「2~4」 があるのに、

「1」 の最も重要な行動に集中できます。

そして、「1」 が終わると、 「2、3…」 とやっていきます。
「4」 まで終わらなくとも、最も重要な順にやるべきことを終わらせたので、

1日の終わりに 「今日も一日頑張った!」 という充実感がありますよ。

 

ベストの広場11月号

ちょっと便利帳より

2017年

10月

11日

「○○の秋」

10月に入り、肌寒い日も多くなってきました。
秋の訪れをしみじみと感じております。

 

さて、みなさんは秋といえば何を思い浮かべますか?

 

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…
と色々ありますね。

 

ちなみに、私が思い浮かべる秋は「紅葉の秋」です♪
バイクに乗ってふらっと出かけて美しい自然に触れる…
まさに至福のときです。

 

紅葉の代表各といえばイチョウですね。
せっかくなのでイチョウに関する雑学を2つほど。

 

①「イチョウは生きた化石である」
生きた化石といえばシーラカンスやカブトガニが有名ですが、イチョウも約2億年前から姿を変えていません。
そうそう、みなさんの大嫌いなゴキブリも生きた化石です。
こちらも約3億年前に姿を現してから、絶滅することなく生き伸びてきたと言われています。(脅威の生命力!?)

 

②「東京都のシンボルマークはイチョウではない」
驚いた人も多いのではないでしょうか。あのマーク、実はイチョウとは関係なく、Tokyoの「T」をイメージしたマークだそうです。
(いやいやどう見てもイチョウにしか見えな・・・)

 

さて、秋について色々と書いてきましたが、やはり塾の先生としてはこれを言わなきゃかなぁと思います。
「秋」といえば、「勉強の秋」
「勉強の秋」といえば「神無月特訓」!
ということで、中3受験生対象に、10月22日に「神無月特訓」を行います。
会場テストの得点UPの秘訣を伝授しますので、ぜひぜひご参加ください!

 

東大和教室  竹中

2017年

10月

04日

大学入試改革を眺めて

 大学入学共通テストのプレテストが、今年の11月、つまり来月に実施される予定です。大学入試の改革がどんどん進んでいる実感が湧いてきましたね。

 

 大学入試がようやく学生を多面的に評価するものに近づいてきたことが嬉しい反面、学校での指導がそれに追いついていけるのかどうか心配です。
 いつ本格的に実施されるのかは不明ですが、将来、大学入学共通テストの成績、高校での成績、面接、小論文などをバランス良く評価されるようになり、大学が用意した入試問題は、無くなっていくのでしょう。これまでの入試制度では大学が用意した筆記試験での点数が合否を左右していました。しかし今後は、そのような一発勝負ではなく、学校での活動の質や表現力、人間性など、様々な能力も問われることになるでしょう。


           ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 

 大学入学共通テストでは、数学?・Aや国語総合で記述形式を導入する予定で、サンプル問題も大学入試センターのホームページに掲載されています。都立中入試の適性検査や都立高校入試の国語第5問に似ています。都立中や都立高校の入試は先進的な部分があり、大学入試に先んじているといえます。サンプル問題の中身の方は、数学については良くできている印象でしたが、国語総合については、解釈が分かれるような設問があったり、採点基準が部分点を出しにくいものだったりで、今後改善が必要な印象でした。そもそも、何十万人もの記述形式の答案を、1つの基準で採点するのに無理がありますよね。採点は、問題作成者や専門家、大学入試センターの雇ったアルバイトがやるほかに、民間の業者にも委託するようですので、混乱するのではないでしょうか。
 そもそも記述力は小論文などで大学が個別に検査すればいいことですが、アメリカのACTやSATでもエッセーは採点しているようですので、大量答案の採点は不可能ではないのでしょう

 

           ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 

 大学入試において、英語は、「読む」「話す」「聞く」「書く」の4技能を評価できることを目標としていて、試験も大学入試センター作成ではなく外部の検定試験などを利用する方向のようです。
 ところで、4技能重視の英語教育については根強い反対意見が多いようです。文法や読解を重視するべきだという方も多いと思います。ただ、英語を使えるようになるには、学校で教わる「文法」の学習だけでは難しいです。リスニングやスピーキングの練習を大量にこなさないと使えるようにはなりえません。むしろ、「文法」の知識が邪魔して、正確な英語を話せない、または書けない事態が生じるからです。たとえば、I want to be a doctor. を、 I want to become a doctor. と書く生徒が非常に多いのですが、これはもう完全に、文法・読解偏重の弊害です。中学生や高校生に、将来の夢は?と漠然と質問して、I want to become a doctor. なんて絶対不自然です。I want to become a doctor. は、医学部の学生に聞く質問としては正しいと思います。そのような違いを勉強するには、やはりリスニングやスピーキングの練習が欠かせないと思います。
 ただ、4技能の習得には時間がかかるし、6年間では間に合わないという考え方もありますが、小学生から英語はやれますし、12年間でカリキュラムを組めば問題ないと思いますが、日本の教員の制度を考えると少し厳しい気もします。しかし入試の制度改革は否応なしに学校の制度改革を迫るものです。学校が変わっていくことを願っています。

小川教室 坂元

2017年

9月

28日

10/7に保護者会があります

10月7日土曜日に東村山にあるサンパルネにて、「中3保護者会」が実施されます。


この保護者会では
「高校入試制度の確認」
「最新入試情勢と学校情報のご報告」
「併願校決定のポイント・注意点」
「ベスト個別指導塾の入試までの学習指導のあらまし」
についてご説明いたします。


多摩エリアの高校入試情報にもっとも精通している、新教育研究会の穴澤嘉彦氏を迎えて、

最新の入試情勢のお話もさせていただく予定です。

 

保護者会で今回話者としてみなさまの前で「高校入試制度の確認」の所を担当します。
いかにわかりやすく、話をするか、資料にミスは無いのか、など現在リハーサルを繰り返しています。

是非、ご参加下さい。


ベストに通っていない生徒さんの保護者様もご参加頂けます。

是非お近くの教室までご連絡下さい。

お待ちしています。

 

清瀬教室 徳山

2017年

9月

20日

二酸化炭素は悪者だったのか?

 温暖化に関しての論議があまり聞かれなくなりました。こうした課題は流行で議論する性格の問題ではないのですが。問題が解決した訳でもなさそうです。今から9年ほど前「ベストの広場」に以下のエッセイを書きました。今読んでも興味深い論点があります。興味のある人は是非目を通してください。


「地球温暖化」による環境の変化について、人類の排出する二酸化炭素の温室効果が問題とされ、今や二酸化炭素は「温暖化」の根元であり何かすごい悪者になっています。


 はじめに確認しておきますと、地球を温暖化させる根本的な原因は太陽活動です。つまり、太陽の核融合エネルギーの放射熱が地球を暖めています。二酸化炭素は水蒸気、メタンなどと同じく温室効果をもたらす副次的従属的な外的要素にしか過ぎません。それどころか、温室効果の75パーセントは水蒸気によるものであり、二酸化炭素はその残りの温暖化ガスの中の一つです。


 ちなみに、こうした水蒸気を大親分とする温暖化ガスが存在しないと地表の温度は氷点下になってしまうことが知られています。過去に「全球凍結(今から7億5000万年前~5億8000年前に起こったらしい地球全体の凍結)」から地球を救ったのもこうした温暖化ガスらしいです。


 この「二酸化炭素主犯説」が実はかなり怪しい学説であるのはいくつか理由があります。第一は、二酸化炭素は19世紀以降一貫して増大中にもかかわらず、地球の平均気温は一貫して上昇しているわけではないのは何故か合理的な説明が出来ていません。


 第二は、太陽活動の変化などによる気温上昇が二酸化炭素増加(海中から空気中への)をもたらしている観測データもあり、氷河期ー間氷期の繰り返しの際も気温上昇による結果としての二酸化炭素濃度の上昇がある。


 第三は、地球の熱放射の95パーセント近くが、すでに捕捉されており、そのうち9割近くが水蒸気であるという事実。とすれば、二酸化炭素増加を今後くいとめてもほとんど気温上昇に影響がないことになります。


 第四には三番目の論点と関連しますが、二酸化炭素の放射熱吸収スペクトルはほとんど飽和点に達しているという点について論争があります。もし、そうなら「温暖化」について二酸化炭素を減らすことはほとんど意味がなくなります。


 今は「二酸化炭素主犯説」が世論になっていて、こうした重大な論点がマスコミにはほとんど出てきません。不思議ですが、どうしてそうなるのでしょうか。


 おそらく「排出権」などという国際的な利権が出来たので、日本のようなお人好しの金持ちの国から金をむしり取るには都合がいいとか、国内にもそれに乗じて利権をあさる人たちがいるとか、「二酸化炭素」を悪者にしておくと国内外に儲かる人たちがいるとか、「主犯説」の線で研究すると予算が付くとか、なにか利害関係があるのでしょう。つまり、すでに「二酸化炭素」が大きなビジネスになっているように感じます。


 また、人類にとって「温暖化」が悪いことなのかという論点もあります。環境攪乱要因として考えれば、そもそも人類が食料生産革命(農業)を開始して以降、地球環境を攪乱し続けてきました。21世紀、ようやく地球環境のひとつの天井が見えてきました。しかし、人類史的にみれば、今緊急なのは、食料生産と淡水供給でしょうか。ちなみに温暖化と二酸化炭素濃度上昇は農業生産には有利な条件ですが・・・

 

ベストの広場より

代表エッセイ

2017年

9月

13日

単語カードを使ってみよう

暗記といえば赤シートを使っている方が多いのではないでしょうか。

赤シートは、効率よく暗記できる優れものだと思います。

ただ、「答えの順番を覚えてしまうから、本当に理解してるかわからない。」という不安もついてきます。

 

そんな不安がある人には単語カードもオススメです。

単語カードにはシャッフルできる(順番を並び替えられる)という利点があります。

 

作るのに手間が掛かるので、特に覚えにくそうなものだけを絞って作り、

完全に覚えたと思えるものはどんどん削除していくという要領で進めてください。

 

手間が掛かるだけに、「作って満足しちゃった。」なんてことだけはないように気を付けてくださいね。

 

ベストの広場9月号より

2017年

8月

29日

日本列島ものしりコンテスト!!

8月26日、毎年夏の小学生イベント、「日本列島ものしりコンテスト」を実施しました。

 

みかんと言えば→和歌山県
リンゴと言えば→青森県
といった具合に問題は進んでいき、後半は、
石見銀山は→島根県
鯛の漁獲高は→愛媛県
など、かなりマニアックな展開に、、、

 

今回は参加者こそ少なかったですが、こんな問題に全員が合格点を取るという素晴らしい結果でした。
中には100点を取った人や、2年生で合格点を取った人も、、、!!

 

みんな、しっかり勉強してきました!!

 

そんな精鋭たちをぜひご覧ください。

 

日本列島ものしりコンテスト 

↑クリックすると動画をご覧頂けます。

 

 

立川教室 小林

2017年

8月

23日

神社とは何か

 手元に『神社の由来がわかる小辞典』という本がある。國學院大學の三橋健教授が執筆しており、辞典というより読み物という印象の書物です。神社の定義、歴史、祭神、祭祀参拝、建築などなど系統的、理論的に説明されている。


 神社に関して勉強するのに便利な参考書です。なるほどそうだったのかという箇所もたくさんありますが、驚いたのが、神社の門のような「鳥居」という言葉の意味が分かってないらしいのです。言葉は難しい。


 参拝の作法も現在では「二拝・二拍手・一拝」が一般的ですが、歴史的に見ると「両段再拝」という作法がもっとも普通に行われてきたとのこと。これは神前で二度拝礼した後、心静かに祈念し、さらに二度拝礼する作法で別名を四度拝というとある。


 伊勢神宮では八度拝(起拝を四度行い、ついでに八拍手をし、軽く一拍手し、最後に一拝。これを二度繰り返す)などとある。伊勢神宮を参拝したときそんな参拝していた人がいたかなあと思いますが、正しくはそうらしい。出雲大社は「二拝・四拍手・一拝」とのこと。参拝もなかなか難しいのです。


 さて、この本を読んでいた晩に驚いたことがあります。それは次のような表現です。


「本殿をもたない神社は、背後にある『神体山』『神地』『神木』などを崇拝していたことから、神社は自然崇拝という宗教観念をずっともちつづけてきたといわれる。しかし、これは表面的な理解である。神道の道は、山や滝などの自然物に憑依(ひょうい)したり化現したりするが、自然物が神になることはありえないからである。」


 一般に、日本の古い宗教観念は、原始的な宗教形態の一つであるアミニズム(生物、無機物をとわずその中に霊が宿っているとする信仰)の一種だろうという観念があるように思っていましたが、三橋教授は「そうじゃない」と言っています。


 古神道とアミニズムの関連は如何というような難しい議論はさておいて、この本では自然物はそのものとして神になるはずがないと言っています。神や霊は自然物とは違う(例えば精神世界のようなところ)世界におわして、それが自然物を依代(よりしろ)として憑依する限りにおいて自然物が神々しい存在になるという理解かと思う。 筆者は春日大社を例に取り自説を展開しています。これはこれでなかなか説得力があるのですが、おそらく反論もあるのでしょう。もし、そうだとしたら日本の古い信仰は、素朴なアミニズムとは違いもっと精神性の高いものなのかもしれません。


 そういえば、日本の古い信仰には、九十九神という発想もあります。道具類でも九十九年経た後に霊が宿ると。しかし、これは百鬼夜行などの話もあって、妖怪にも繋がってくる。なかなか面白い。

 

代表エッセイ

2017年

8月

16日

国語の教科書を読もう

読解力を養うのに読書は欠かせません。

しかし、「難しい漢字が出てくる本は読む気がしない」という理由で

読書が手に付かない人が多いようです。


そんな人におすすめなのが、
「学校で使ってない出版社の教科書」です。


国語の教科書は、「光村図書」「三省堂」「東京書籍」「教育出版」など、

多くの出版社から発行されています。

その中で、学校で使ってない、自分と同じ学年の教科書を読みましょう。

読めない漢字がなく、内容も簡単すぎないので、楽しく読めるはずです。


興味のある方は、ぜひベストの先生に相談してみてくださいね。

 

ベストの広場8月号より

2017年

8月

09日

自由研究で思いっきり調べものをしてみよう!

みなさん、こんにちは。府中本町教室の永峯です。

 

まだ8月の頭ですが、夏休みももう始まって約二週間。うかうかしているとすぐに休みも終わってしまいますから、学校の宿題や今までの復習はしっかり計画を立てて行っていってくださいね!
そして非常に蒸し暑かったり、かと思えばゲリラ豪雨になったりと過ごしにくい季節でもありますから体調など崩さないように注意しましょう。(私もこの前のゲリラ豪雨+雹(ひょう)+雷の時はしばらく駅に缶詰で大変でした・・・)

 

さて、府中では東京競馬場の花火大会や、大國魂神社の「すもも祭り」など夏の風物詩がいくつも行われ、いよいよ夏本番だなあと感じさせられます。
しかし、「ん?すもも祭りのすももってなんだ?」と長年、府中本町教室で授業をしておきながら初めて疑問に思った私は、すぐにスマートフォンで調べてみました。すると、3分もしないうちに大よその欲しかった情報が集まってしまいました。これって実はとんでもないことですよね。私が子供時代に例えば小学校で壁新聞を作るなど何かを発表するときは学校や町の図書館に行って調べるのがメインでしたが、今はそれが自分の部屋や出先でもできる。しかし、いつでも調べられるせいか、最近の人たちは世の中のことや身の回りのこと、自分の周りのことにさえ興味が薄いように感じます・・・。
かつて私が学生時代に、ある先生の印象に残っていた言葉があるのでここで紹介したいと思います。「君たちはπ(パイ)型の人間にならなくてはならない。かつてはI型、そして少し前まではT型でよかったが、これから先の社会で仕事をして生きていくためにはπ(パイ)型以上である必要があるのだ。」

この意味、分かりますか?


“I・T・π(パイ)”この三つの文字を書いたときに横棒の長さが「知識の数」縦棒の長さが「知識の深さ」を表します。すなわちI型は一つについてのみ深い知識を持った人、T型はいくつかの知識と一つの深い知識を持った人、そしてπ(パイ)型はいくつかの知識と二つの深い知識を持った人ということです。つまりこの先生が伝えたかったのは、一つのだけを極めるのではなく、二つ以上を極め、またそれ以外のこともまんべんなく知っている人になりなさい。という意味でしょう。たしかにこれは大切なことかもしれません。
アメリカの大学教授の論文の中に、「20年後、現在の人間が行っている仕事の半分は機械に取って代わられて無くなるだろう」というものがあります。確かに、先ほどのスマートフォンの話もそうでしたが、科学技術は年々進歩しており、今まで人間が行っていた仕事で無人化になったものもたくさんありますね。もしかしたら塾の授業も、生徒と先生はそれぞれ自分の家に居たまま、今流行りのVRゴーグルをかけてネットの中の教室でこんにちは。なんて未来も近いうちにあるかもしれません。
少し話がそれましたが、つまり、これから先の時代をみなさんが生きていくにあたって、興味のあるもの、得意なものが一つだけでは難しいかもしれないということです。今、興味のあるものや得意なものがある人、それが勉強に関することでなくても大いに結構ですが、それを理由に他のことを拒絶せず、様々なことに興味を持ち色々な知識を吸収していってください。(「俺はYouTuberになるから勉強なんてしなくてもいいんだ!」←でも色々な知識がなければ面白い動画を作れませんよね・・・。)

 

さて、長くなりましたが、一番言いたいことは
「小中学生は自由研究という何かを調べる最高の機会がありますね。やっつけ仕事をせず、まずはここから興味をもった何かについて徹底的に調べたり、研究したりしよう。」
ということです。

 

貴重な夏休みが有意義なものになるよう、精一杯過ごしてくださいね。

2017年

7月

26日

夏期講習がスタートしています!

ベスト個別指導塾では、小学生、中学生、高校生の夏期講習がスタートしています。


暑い日が続いていますが、みなさんは”暑いよ”と言いながらも休まず塾に来て一生懸命授業を受けています。

 

また、自習室も大変混み合い、特に受験生は目の色を変えて勉強しています。

 

ベスト個別指導塾で、これから夏期講習を受けてみたい生徒さんはお早めにご連絡をください。満席の時間帯も多くでています。

 

高校生対象の映像授業も大好評です。多くの講座が選択でき、
体験授業も受講できます。ぜひ、お問い合わせ下さい。

 

夏期講習に向けて、スタッフ一同、スケジュールや教材、授業内容をしっかり準備してきました。


ひとりひとりの目標にあわせ、充実した夏期講習になるように
これから毎日努めたいと思います。


東村山教室  黒川


2017年

7月

21日

山片蟠桃(やまがたばんとう)の『夢の代』

 江戸時代の山片蟠桃という人物は高校の日本史の教科書には必ず出てきます。19世紀前半の大阪の両替商升屋の番頭として主家の再興に力を尽くし、業界の中でも活躍して名を馳せた人物です。今でいえば、地方銀行の頭取みたいな仕事ですね。蟠桃という名前、これは号ですか。この名前も「番頭」のもじりでしょうね。しかし、彼はその業績故に歴史の教科書に名を残した訳ではありません。
 升屋の当主の理解もあり、懐徳堂に学び 中井竹山の弟子になり、麻田剛立に天文学を学びました。
 山片蟠桃が歴史に名を留めたのは、彼の思想、とりわけ彼の晩年の著作『夢の代』(1820年)が江戸時代において画期的な唯物論的な立場を明らかにしたものとして評価されているからです。仏教、儒学、神道などの解く非科学的な世界観を鋭く批判し、徹底した合理主義的世界観を開陳しました。そこには霊魂は死後存在しないこと自然現象と人間の運命を関係づける迷信も排撃されています。
 『夢の代』は天文、地理から経済、社会に至るまでの百科全書的内容ですが、その巻頭に天文学に関する知見が展開されています。志筑忠雄『歴象新書』などを引用しながら、独自の宇宙論を論じています。
 ここで、蟠桃は太陽のような恒星は宇宙の中で例外ではなく、宇宙の三元的広がりの中で無数に存在すること。その中には地球のような惑星系が必ずあるはずであり、当然、その中に地球のような生物が存在しているはずでありと述べています。
当然、その中には人間のような知的生命が存在しているはずであるという事を含意しています。
 要するに、事実上人間以外の知的生命体はいるということを言っている訳です。蟠桃は西洋天文学の影響を受けながらこうした認識に到達した訳です。江戸時代にもこうした科学的で楽しい宇宙観をもった人物はいたわけです。
 ただ、残念ながら『夢の代』は公刊された訳ではありません。だからその学問的業績を知る人は周囲のごく僅かな人々でした。私達はこうした史実を精確に知らねばなりません。そういえば、あのフリードリッヒ・エンゲルスも『自然の弁証法』のなかで人間以外に宇宙には知的生命体は存在するはずであるという意味のことを言っていますね。
 17世紀末、太陽系は特別な存在ではなく、こうした恒星系は宇宙のそこかしこにあるはずだと現代的な宇宙観からみたら当然の宇宙観を堂々と論じたドミニコ修道会のジョルダーノ・ブルーノは異端審問の末に火刑に処せられました。ブルーノが処刑される直前「私に死を宣告したあなたたちの方がふるえているではないか。本当はどちらが正しいか分かってるのではないか」と言ったことが伝えられています。

 

ベストの広場

塾長コラムより

 

2017年

7月

06日

夏期講習で気を付けたい3つのこと

ベスト個別指導塾では、7月10日より夏期講習がスタートします(非受験生は17日スタート)。
各教室では、現在講習に向け面談・教材・その準備に当たっています。
現在、外部の生徒さんにも受講を受付中です。夏休みが近くなると、いろいろ混雑が予想されますので、なるべく早期のお申し込みをよろしくお願い致します。

 

さて長い長い夏休み。今回は夏期講習を受ける上で気を付けたい3つの事項を改めて確認し、より充実したものにしてもらうよう「注意喚起」しておきたいと思います。

 

その1 何はともあれ体調管理
その2 ダラダラせざるべし 切り替えが大事
その3 忘却こそ最大の敵

 

その1。
これは言うまでもないですね。今年も猛暑が予想されています。
こまめな水分補給を忘れずに。暴飲暴食を避け、飲食物に気を付けよう。
その2。
勉強するときは集中する。1時間ごとに休憩したり、短時間で他教科に切り替えたりする。
また、時には余暇も必要。できれば読書をしてみよう。おすすめの本ご紹介しますよ。
その3。
まずは出された宿題は絶対に忘れないこと。また、特に苦手な教科・単元は必ず解き直ししてください。間違えた問題にチェックを入れていますか?それと語句の暗記も反復しないと身に付きませんね。繰り返しますが、夏休みは長いですから。
そして実はこれが何より大事かも。夏期講習終了後の10~11月の頃です。この時期は、ちょうど中間テストと期末テストの間で、それに加え合唱コンクールなどで学校行事が忙しいこともあり、とかく勉強がおろそかになりがちです。この時期に何もしないと、せっかく夏期講習でがんばったことが、きれいさっぱり頭の中から吹っ飛んでしまいますよ。
だからこの時期にこそ、夏期講習で取り組んだ問題は必ず解き直ししてください。

 

さて、準備はいいですか。
位置について、用意、ドン!です。
実りある夏休み・夏期講習にしよう!

小平教室 高橋

2017年

6月

28日

夏が来るまで

梅雨入りしてしばらく経ちますが、それらしい雨の日はあまり多くなく、空梅雨になりそうな気配を感じます。予報では、降水量は平年並みとのことですので、これから梅雨本番ということでしょうか。


さて、多くの中学生、高校生は定期テスト本番の時期を迎えていると思います。

よい結果を出せるようしっかり対策してください。


昨年5月に元塾生のK君から連絡がありました。高校に進学して最初の中間テストで、なんとクラス最下位になってしまったというのです。慌ててまた塾に通うことになりました。それからは、少しずつ成績も良くなり、自信を取り戻しつつありました。そして、まる1年が経った今年5月の中間テスト。K君が持ってきたテストの成績表には、クラス3位と書いてあり、思わず2度見してしまいました。よかった。よかった。テストが終わってからは、今まで名前も出なかった大学の名前を口にするようになり、将来の可能性がどんどん広がっていることが、こちらからも実感できます。


今度の期末も、結果がとても楽しみです。そしてたくさんの生徒さんが、同じように良い結果を持ってきてくれることを期待しています。このテストを乗り切って、清々しい気持ちで夏を迎えましょう!

 

東大和教室

松本

2017年

6月

22日

実は夏期講習がいちばん大事

【夏休みは40日間、学校授業がありません】

 夏休みがが近づいてきました。当たり前ですが、夏休みは40日間学校の授業がありません。40日間というと1年365日の1/9です。1/9というと1割以上です。この期間をどう過ごすかは、学年を問わず、秋以降の勉強に決定的な影響があります。


 目標・計画がはっきりしないままボンヤリ過ごすのか、具体的な獲得目標と方針を持って地道に頑張るで秋以降とても大きな差が出てきます。一日3時間の勉強時間の差は40日で120時間の差となります。この差を2学期で取り返すことは実際上かなり難しいわけです。このこととを冷静に考える必要があります。

 

【だから、夏休みは大きなチャンス】

 だから、夏休みは大きなチャンスです。苦手科目があってふだん苦労している生徒。成績が今ひとつ振るわなかった生徒。夏に一気に学力を伸ばしたい生徒。大きな目標のある受験生。こうした生徒さんにとって、夏休みは大きなチャンスです。このことを自覚して一人ひとりの生徒さんが夏休みと夏期講習の目標を決めましょう。


 夏休みは日曜日が40日連続しているようなものですから、そこを頑張る人と頑張らない人で大差がつくのはやもうえません。そうした意味で夏期講習は年度でいちばん大事な勉強の大チャンスです。

 

【夏期講習の目標は何ですか】

 受験生にとって、夏期講習は決定的な意味があります。ここでの頑張りが入試の合否に大きく影響するからです。毎年、秋が深まる頃、「夏期講習のときもっと頑張っておけばよかった」という声を聞きます。厳しい言い方をすれば、夏期講習は合否が決まるほど重要な意味があります。


 その他の学年のみなさんにとっても、夏の勉強は最初に述べたことも含め、大きな意義があります。各教科の「要点総復習」や苦手単元の「弱点克服」、入試レベルの発展問題にチャレンジする「実力養成」など、学力向上の絶好の機会です。


 また、2期制の学校の生徒さんは、定期テストに向けての対策についても夏休みの間に取り組むことが必要です。ベスト自修館/ベスト個別指導塾の夏期講習は、スケジュール面でも、ひとりひとりのご要望にキメ細かく対応します。ベストの夏期講習を上手に活用して、目標実現をはかってください。

 

ベストの広場7月号より

2017年

6月

14日

テスト対策しっかり!

6月後半~7月頭にかけて、多くの学校で定期テストが実施されます。


高校入試を控えている中3生にとっては、入試で使用する内申に関わる重要なテストです。

推薦入試を考えている高3生にとっても、推薦に関わる実質最後の重要なテストです。

早い段階から、各教科バランス良くテスト勉強を進め、納得のいく結果を出しましょう。


テスト対策勉強会質問自習教室テスト前追加授業などを大いに活用してください。

 

ベストの広場6月号より

2017年

6月

07日

テスト1週間前って大事。そして何よりも……。

新しい学年にそろそろ慣れた頃だと思います。
テスト勉強に必死に取り組んでいる生徒さんを見ると、自分の学生時代を思い出します。自分も必死でした。

 

皆さん一度は先生に言われたことがあるのではないでしょうか?

 

「テストのまとめは1日では終わらない。」

 

そりゃそうだ。
いくら真面目にノートをとっていても、これだけやれば充分という量のワーク・ドリルがあったとしても、1日で目を通しきるなんて無理です。
では、自分が学生だった時の家庭での勉強法を振り返りたいと思います。
(※この勉強法が万人に合うとは思っていませんので、参考程度に見ていただければ幸いです)


まずはじめに、「テスト範囲の暗記・復習は少なくとも1週間前から始める」こと。
これだけ時間をかけないと、高得点は無理だと思っています。もちろん、日頃からノートをとったり、提出物を忘れなかったりするのが前提ですが。
自分はこの間に、学校でとったノートや貰ったプリントを別のノートに書き写しながら暗記していました。問題については一通り解き直しをしました。

 

そしてその1週間は「勉強以外ほぼ何もしない」こと。
友達と遊んだりはしませんでした(友達がいなかった訳じゃないぞ?)。家の手伝いなども勉強を口実にほぼやりませんでした。部活に関しては、テスト1週間前になると学校側から強制的に活動休止にさせられるので、気兼ねなくテストに集中できました。学校や部活によっては、テスト前でも活動せざるを得ないと思いますが、その場合は「勉強と部活以外何もしない」ことを決めた方がいいと思います。

 

あとは「無理をしない」こと。
特に睡眠です。寝る時間を割いてまで勉強することはありません。
「今日は早めに切り上げて、明日の朝早くに頑張ろう。」そうすれば、頭が冴えた状態で勉強できますし、寝ぼけ眼で学校に行くこともありません。テスト前日ならば尚更です。
そのために1週間の余裕を持たせているところもあるわけです。


いろいろと書き連ねてきましたが、こういう状況で勉強できるのは、周りの支えがあってこそだと思っています。

 

教え合うことができる友達、相談できる学校や塾の先生、応援してくれる家族。彼らがいないだけで、勉強に対するモチベーションが大きく変わっていたと思います。もちろん悪い方向で。
自分の場合、家族の協力がなかったら、この勉強法は続かなかったと思います。継続できた末に、オール4以上を取れた訳ですから。


「『勉強しろ』って言うけどさ、だったら勉強できるように協力してくれよ!!」

この夏の脅し文句にどうぞ。


小川教室 小山

2017年

5月

31日

休日

休日に吉祥寺にある井の頭公園に出かけました。
その日はただ、買い物のために吉祥寺をブラブラしていたのですが、ふと思い立って「井の頭公園へ行こう」となり、急遽行きました。
閉園時間も近い夕方から入園したのですが、それでもしっかりと楽しむことが出来ました。
リス園ではリスが自由に走り回っていて、そこに人間がおじゃまする、という展示の方法でおもしろかったです。
リスをじっくりと見たことが無かったので、とても興味深かったです。動きが早すぎです。
早速リスについて調べてみました。
今までリスについて考えたこともなかったので、知らないことだらけ。
リスは栗鼠と書いて「りす」と読みます。ねずみ目リス科という種類。
鼠はねずみ、と読むのでそのままですね。
漢語の「栗鼠」をりっす、りっそと読み、そこから転じてりす、となったそう。
また世界には285種類のリスがいる。
草食だが、樹上性リスは草食性の強い雑食とのことで、昆虫なども食べるそう。

 

久しぶりに動物園に行きましたが、とても楽しかったです。
そういえば先日のベストの小学生遠足は上野動物園でした。そちらも天候に恵まれ、とても楽しかったよう。
毎日の生活や勉強、部活など忙しいけれど、是非リフレッシュも兼ねて、動物・自然とふれあってみましょう。きっとスッキリしますよ。


清瀬教室  徳山

2017年

5月

24日

漱石俳句集

岩波文庫から『漱石俳句集』というのが出ている。1990年が初版で24刷しているから世の中には随分出回っているのでしょう。漱石全集には作成した俳句が全部載っているからそちらを読んでいる人も多いと思う。


これが思ったよりも面白い。面白い理由は必ずしも「うまい」からではない。むしろ友人の子規と違い漱石は俳句は好きだったかも知れないが、言ってみれば素人だ。


まあ、漱石ほどの大文学者をつかまえて素人とは失礼だが、子規と比較すれば断然素人だろう。この俳句はいかがなものかというのも入っている。そこが楽しい。
 
  吹井戸やぼこりぼこりと真桑瓜

 

真桑瓜は、今でいえば西瓜かメロンかな。テレビのコマーシャルでも谷川の水で西瓜を冷やす、井戸水で夏野菜を冷やす場面は定番だ。しかし、漱石の時代には必ずしも定番だったわけではないかもしれない。情景が鮮やかに浮かぶ写生の名句かと思うが、平板と感じる人もいるだろう。

 

  菜の花の中に小川のうねりかな唐黍を干すや谷間の一軒屋

 

この句なども情景は大変よく分かる。絵を画けと言われれば、多くの人がそれらしい絵を画くだろう。特に後者は、漱石先生、もう少し工夫が出来ないものかな・・・
   
  白菊にしばしためらふ鋏かなつくばいに散る山茶花の氷けり


その心理はよく分かりますが、前者は俳句としては何か説明調かなと感じる。子規なら、剪定を逡巡せざるをえない白菊の美しさをどう詠むのか、この句にどう手を入れるにかなと思ってしまうのです。後の句は茶会の路地だろうか、確かに写生だし、情景は確かにそうなんだろうし、これも絵はよく分かるが物足りない。

 

  いかめしき門を入れば蕎麦の花誰が家ぞ白菊ばかりみだるるは

 

これらの句は少し似ています。工夫がないと言えばないけれど素直で好きな句です。とくに前者は、何の用事で訪問したのか不明ですが、「いかめしき」の中に軽い緊張感を感じますが、蕎麦の白い花がそれを和ませている様子がよく伝わってきます。


  瑠璃色の空を控えて岡の梅                               

                
この句も、岡の梅に焦点をもっとあてて

 

  丘の梅瑠璃色の空を控えおり


とした方がパンチが利くかなとも思う。
漱石は文学の名作でもつまらないと感じたらそれはしかたがないという旨の事をどこかで発言してらしい。私も俳句はド素人だけど勝手な評論をさせていただいた。的外れが多いと思うが、的外れに楽しむのも、また良しです。おそらくこの俳句集の中には素晴らしい原石があるに違いない。また、いつか読み直すと再発見が相次ぐのだろう。

塾長コラムより

2017年

5月

17日

ポカミス撃退法

「厳重な見直し」「何度も見直し」をしているのに、計算ミスやうっかりミス(通称「ポカミス」)をしてしまうという人がとても多いです。


 そんな人は、「ポカミス撃退法」をお試しください。手順は簡単です。以下のことを実行するだけです。

 

字をていねいに書く

 

ポカミスの多い生徒の大半は、字が乱雑です。
あせらず、落ち着いて、キレイでなくてよいから、
ていねいに字を書くことを実行してください。


 それだけで「ポカミス」の大半が撃退できるはずです。

「何だ、そんなことか」と思った人も、

すぐにやってみてください。すぐに結果が出ますよ!

 

教室だより5月号より

 

 

2017年

5月

10日

数学記号

2017年

4月

26日

2017-中3高校入試ガイダンス!!

こんにちは。府中本町教室の永峯です。
つい先日までは肌寒い日が続きましたがここ数日で急に暑くなり、街では半袖の人を見かけるまでになりました。皆さんも学年がひとつ上がり環境の変化もあるでしょうから、体調を崩さないように注意してくださいね。
そして、新中学3年生の皆さん!受験学年になって早くも1ヶ月が過ぎようとしています。しかし、まだ受験に向けてのスイッチが入っていない人が多いのではないでしょうか?そんな皆さんのために、4月22日に東村山のサンパルネにて高校入試ガイダンスが開催されました。今回はその様子を少しお話しようと思います。

 

私からは当日、「勉強のしかた」についてお話させていただきました。
大きく分けて3つのテーマでしたね。ガイダンスに参加した人も是非もう一度ここで確認してくださいね。

 

①教科書を使った復習のポイント
復習をしようとしたときに、いきなり問題集を解こうとしていませんか?基本がある程度出来ているならともかく、あまり理解できていないのに問題をいきなり解いても効果はありません。その点、教科書は問題集とは異なり分からない(知らない)状態からはじめられるように作成されています。基本事項や基礎知識、例題やお手本的な文章が満載ですから、苦手科目ほどこれを使わない手はないですね!

 

②夏期講習までの学習スケジュール
受験生ですから、3年の内容だけ勉強すれば良いという訳ではありません。当然、内申点のために定期テストに向けた勉強も大切ですが、平行して1,2年生の復習も行いましょう。①であげた教科書を使っての復習のほか、各教室で行われている理社対策コースの受講や国理社テストへの参加、合同イベントへの参加などがありますね。ぜひこれらを有効活用し夏期講習までに一通り1,2年生の復習を終えられるようしましょう。

 

③学習上の注意点
やみくもに勉強しても時間が経つばかりで、高い効果を上げられません。勉強とは分からなかったことを分かるようにすること、覚えていなかったものを覚えることです。そのためにも復習ノートを作成しましょう。間違えた問題をまとめた復習ノートを作れば、受験前に自分専用の問題集となりますね。また暗記もだらだらと眺めているだけではなく、「5回書く間に覚える」といったように集中して覚えましょう。そして自己管理がしっかり出来るようになりましょう。いまだに塾の日や習い事、宿題などをおうちの人に管理してもらっていませんか?「今日○○の日でしょ?」とか「塾の宿題やったの?」などと言われているようではダメですよ!スケジュール帳などを活用して自分で予定を管理し、忘れ物や遅刻もしないようにしましょう!

 

少し長くなってしまいましたが、しっかり確認できたでしょうか?
まだ受験に向けてどうしたらよいか良く分からない人は、まずここに書いたことからはじめてみて下さいね!

2017年

4月

13日

紹介キャンペーン

 ベスト個別指導塾では、お友だちやお知り合いを紹介してくれた方と、ご紹介を受けてご入会していただいた方それぞれに図書カードなどの景品を進呈させていただいております。

 

ただいま紹介キャンペーン期間中につき、景品をグレードアップしております!


 「ベストに入会してみたい」とお考えのお友だち・お知り合いの方がいらっしゃいましたら、

ぜひこの機会にご紹介をお願い致します。もちろん、ご兄弟姉妹の方も大歓迎です。

 

詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

ベスト個別指導塾

2017年

4月

06日

高校入試ガイダンス告知

昨年の中3入試ガイダンスの様子
昨年の中3入試ガイダンスの様子

進級おめでとうございます。
春休みももうすぐ終わり、新しい生活のスタートですね。

今年度もみなさまの学力向上、志望校合格にむけスタッフ一同しっかりとサポートさせて頂きます。

よろしくお願い致します。

 

さて、毎年ベストでは4月に中3受験生を対象に高校入試ガイダンスを行っています。
このガイダンスでは、入試の基礎知識をわかりやすく説明し、

志望校の決定方法、受験で合格するための勉強方法等、これから受験生のみなさんがどう過ごしてゆけばよいかをお伝えしています。

受験生にとって大変重要な内容となっておりますので、中3の塾生の方は必ずご参加ください。

 

どの高校を選びどんな道を進んで行くのか、自分の将来について真剣に考える良い機会にしましょう。

 


東村山教室
江藤

2017年

3月

28日

新陳代謝

春は出会いとお別れの季節です。
小平教室では、今春も多くの生徒さんが新たな進学先に巣立ち、また新しい生徒さんたちが各自の目標に向けて学び始めています。
それは、教室スタッフも同様です。

 

写真は、小平教室で長らく中心的スタッフとして教務にあたった横山先生です。約4年間、「教室の顔」として活躍していただきました。
通常の個別指導はもちろん、土曜日の高校受験ゼミや歴史公民ゼミ、入試直前の+30点ゼミ、そして夏の勉強合宿と年末特訓などなど、横山先生には粉骨砕身(ふんこつさいしん)がんばっていただきました。
そんな彼女も、この春無事大学卒業。ご実家のある宮崎に帰られることになり、それと同時に小平教室も卒業です。
この4年、横山先生とは何かと一緒にやってきました。今は労いと感謝の気持ちでいっぱいなのですが、とてもとても一言では言い表せません。いろいろ本当にありがとうございました。

 

ところで。
先日、近隣にある小平第六中学校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。
さすが全国大会レベルの強豪校です。心に染み渡るように聴かせ、高揚感を醸し盛り上げるその演奏には今回も舌を巻く思いで帰ってきました。
とくに卒業生のみなさん、3年間の部活動本当におつかれさまでした。今後のさらなるご活躍を期待しております。また新2,3年のみなさんも、伝統ある六中吹奏楽部を引き続き盛り上げていってください。

 

さて実は、今回一緒に聴きに行ったのが、教室スタッフの山嶋先生と口羽先生。
山嶋先生は、その小平第六中吹奏楽部のOGで、小平教室の元生徒さんです。この3月から新規スタッフとして勤務を始めました。期待の新人です。みなさんどうぞよろしくお願いします。そういえば、山嶋先生の代の六中吹奏楽部はすごかったです。
一方の口羽先生は、知る人ぞ知る元スタッフ。小平教室きっての名物講師でした。諸事情ありこの2年間は教務から遠ざかっていましたが、晴れて今年度から復帰していただくことになりました。以前のようなレギュラー授業の勤務ではなく、主に講習時期中心の勤務になりそうです。以前同様よろしくお願いします。

 

というわけで、新旧スタッフが入れ替わり、いわば新陳代謝した新生小平教室です。
何かと毎日が新鮮で、目新しい日々が始まりつつあります。
新年度も元気いっぱいにスタートできそうです。

小平教室 高橋

2017年

3月

15日

入試インフォメーション2017年4月号

【中学部】現中学2年生から大学入試が変わる!〈その2〉
【高等学校基礎学力テスト】
 客観的に高校生の基礎学力の定着度合いを把握し、PDCA※サイクルの構築を目的としたテストです(※PDCA→Plan/Do/Check/Actionの略。Plan:教育目標や指導計画の設定、Do:多様な教育活動の展開、Check:多面的な学習評価の充実と成果の把握、Action:評価を基に生徒指導の改善や教材研究への反映)。


 国は「高等学校は、中学校卒業後のほぼ全ての者が、社会で生きていくために必要となる力を共通して身に付けることのできる最後の教育機関である」としています。


 つまり、“高校生の段階で身につけるべき基礎学力を確実に育成し定着させよう!”という高校教育改革の一端を担うテストとなります。実施時期や回数は、各高校で判断できるように検討されています。科目は「英語」「数学」「国語』の3教科で実施、出題範囲は共通必履修科目である「コミュニケーション英語Ⅰ」「数学Ⅰ」「国語総合」が予定されています。プレ導入後、科目を増やしていくようです。


 この「高等学校基礎学力テスト」は大学入学者選抜や就職においても、大学側や雇用側が基礎学力の把握のために利用することが想定されていましたが、2022年度までは「高等学校基礎学力テスト」を大学入学者選抜や就職に利用しないこととされました。それ以降についても、取り巻く環境や状況を考慮しながら検討していくとしています。


 この「高大接続システム改革(最終報告)」全75ページには“各種民間の資格・検定試験を活用”という言葉がよく出てきます。高等学校においては各種民間の資格・検定試験利活用および促進、大学入試においては、民間の英語の資格・検定試験を「大学入学希望者学力評価テスト」の英語の代替としての活用も有効と、それぞれ検討しているようで、各種検定の受験・資格取得がさらに注目を集めそうです。

続きを読む

2017年

3月

08日

漫画から学ぶ人生

3月に入り、入試もひと段落しました。

 

見事志望校に合格されたみなさん、本当におめでとうございます!
ここで立ち止まらず、大きく飛躍していってください!

 

そして…
力及ばず残念な結果となったみなさんには、少年ジャンプを代表する2つのスポーツ漫画より、送りたい言葉があります。


~スラムダンクより~
『這い上がろう。「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる。』

 

~ハイキューより~
『今悔しいのは当然だからな。どんな勝負したって負けたら悔しいに決まってる。
極端に言ったら、大して練習マジメにやってない奴だって試合に負けたら悔しいんだよ。でもその悔しさ、3日で忘れる奴は弱いままだからな!』


1つ目は、優勝してあたりまえ、絶対王者と呼ばれた山王工業が、全国初出場の湘北高校にまさかの初戦敗退をし、そのとき監督の堂本が選手たちにかけた一言。

 

2つ目は、強豪でもなくいわゆる普通のチームの扇南高校が主人公たちにボロ負けし、試合後、観戦に来ていたOBの元キャプテンが悔しがる選手たちにかけた言葉。

 

スポーツ漫画のセリフですが、入試に対しても同じことがいえるのではないでしょうか。

 

志望校に合格できなかったからといってそこで人生が終わるわけではありません。
むしろこの悔しさを“忘れずに”胸に刻んでおけば、今回の“負け”は次の戦いにおいておおきな“財産”へとなるはずです。
みなさんはまだまだ若いです。いくらでもやり直しがききます。
ここで腐らずに頑張ってほしいと思います。

 

 

東大和教室  竹中

 

2017年

3月

01日

棚からぼた餅

 都立高校入試も終わり、教室では学年末テストに向けて、生徒たちが静かに勉強に集中しています。

 

 今年の都立高校入試は、いくつかの設問で新しい傾向のものが見られ、受験生は苦戦を強いられたのではないかと思います。

 

 英語から一つピックアップしますと、自由英作文で傾向の変化がありました。
 これまでは、あるテーマについて3つの英文を作る設問だったのですが、今回は、あるEメールに対する返事のメールに空所があり、前後のつながりが自然になるように3つの英文を作って埋めるというものに変わりました。
 この設問は、対策していなかった生徒にとっては非常に難しく感じられたでしょう。これまでの出題なら、どんな3つの英文であっても、与えられたテーマに沿ってかかれてあり、文法的にミスがなければ満点がとれたと思います。しかし、今回の出題では、送られてきたEメールに返事をする内容に沿っていても、メール本文の空所前後と論理的つながりのある英文を書かなければなりません。
 文と文、段落と段落の関係については、高校では英語でも詳しく学習し、その観点で英語を読み、書く訓練をおこないますが、中学では、このような論理的な読解や作文は手薄であると思います。
 しかし、中学の頃から、基礎的な練習でよいので、そういった観点で読解なり作文なりを、ふれていた方がよいのはいうまでもないことであると私は考えます。そのほうが英文のよりよい理解につながり、読むスピードは格段に速くなります。作文についても表現の幅が広がっていきます。

 

 余談ですが、天下の東京大学の入試も、英語で自由英作文が出題されます。毎年ユニークな出題でおもしろいので、興味のある方はぜひごらんになって下さい。
 ちなみに、今年の自由英作文では、見知らぬ祖父だと名乗る男からきた、「私の寿命はあと数週間で、私の莫大な遺産の上手い使い方を説明して私をうならせたら、その遺産を君にあげよう」という内容の手紙に対する返事を、60~80語で書く設問が出題されました。


あなたなら、どう返事をしますか?


                                                                                                                          小川教室 坂元

 

2017年

2月

22日

新年度ごあいさつ

 今、受験生は入試直前の特訓で合格を目指し頑張っています。わたしたち講師一同、詰めの指導に全力で奮闘中です。受験生のみなさん、自分を信じて一日一日を大切にし、悔いの残らない努力をしてください。

 

【高大接続システム始動と小学英語の本格化】

 「高大接続」というと何か解りにくい印象をあたえますが、要するに、日本の教育を世界が求め、日本の実社会が求めている内容に近づけるように、高校・大学の教育を再編成しようとする政府の新しい方針です。
 具体的には平成35年度からの新しい大学入試制度実施のための一連の動きが新年度から始動します。平成31年度から試行予定の「高等学校基礎学力テスト」では「知識・技能」平成32年度から実施する「大学入試希望者評価テスト」ではそれに加え「思考力・判断力・表現力」を重視するようです。中学、高校の教育現場も「アクティブラーニング」や「4技能」の強調だけでなく、さまざまな影響を受けそうです。また、平成32年度から全面施行される新指導要領の先行実施が来年度から実施され、小6で過去形など小学英語が本格化する動きが確定しています。
 生徒さんの「学力向上・志望校合格」、保護者様への「進学情報提供・学習状況報告」が学習塾の仕事の基本ですから、ベスト個別指導塾は新しい年度もこうした動きを正確にお伝えするとともに、それらの対策指導に真剣に取り組みます。

 

【指導内容のいっそうの改善】
 アクティブラーニングは都立推薦入試で「集団討論」を課すにいたっています。これは小・中段階でも自分の意見を論理的に表明できる訓練が必要なことを意味します。こうした学力のためには国語的な語彙力、表現力、作文力が大事です。この点から、小中とも国語、英語については「音読」「作文」指導を強化していきます。
 英語については、4技能(聞く・話す・読む・書く)強の重視を受けて、英語長文読解教材の更新はじめ、このための教材を新たに準備して臨んでいます。また、ライティング重視の傾向にあわせて「基本例文」の暗記も通年的に追求していく課題です。

 

【今年も意欲喚起重視】
 新しい年度では、改めて学習基本動作の指導を厳密に実施していきます。「授業に真剣に取り組む」「宿題をきちんとする」「確認テストの準備をする」が学校でも学習塾でも学力向上の土台である「学習基本動作」です。こうした「学習基本動作」を厳格に実施することが学習習慣の強化と意欲喚起の前提です。さらに、生徒面談の頻度を増やすなど、生徒さんひとりひとりへの働きかけを強めます。とくに、生活管理やスケジュール管理が上手に出来ない生徒さんの増加傾向を受け、生活習慣、勉強スタイルについて適宜指導していきます。また、生徒さんそれぞれに対し、肯定的なストロークを増やし、コーチングによる意欲喚起の機会も増やしていきます。
 新しい年度も「ひとりひとりの『なるほど』『わかった』『できた』を大切に」という基本理念に立ち返り、成績向上、目標実現に向かって元気よくスタートします。

ベスト個別指導塾

塾長 黛

2017年

2月

16日

入試インフォメーション2017年3月号

【中学部】現中学2年生から大学入試が変わる!

 

 1990年に、それまでの共通一次試験にかわる国公立大学の一次試験として始まった大学入試センター試験は、現在の中学3年生の代で最後となります。そして現在の中学2年生の代からは高校で「高等学校基礎学力テスト」が実施されます
 教育の2020年問題ともされている『高大接続システム改革』。その中の“大学希望者学力評価テスト”や“高等学校基礎学力テスト”とは一体どんなものなのか、ご紹介したいと思います。今回は前者、「大学入学希望者学力評価テスト」についてです。

 

【大学入学希望者学力評価テスト】
 センター試験に代わるテストとして大学入学希望者を対象に実施されるテストです。先述の通りセンター試験は2019年度(2020年1月)の実施が最後です。翌年の大学入学者選抜からはこの「大学入学希望者学力評価テスト」に切り替わる予定です。
 このテストは、「知識・技能」だけでなく、大学入学時に必要な「思考力・判断力・表現力」を中心に評価するとされており、各科目の出題内容について議論が進められています。またその「思考力・判断力・表現力」を生かした科目(数理探究』や『歴史総合』といった新しいもの)も検討されているようです。
さらに出題・解答方法についても、従来のセンター試験ではなかった記述式の問題の導入連問式※と呼ばれる方式や連動型複数選択問題※の導入が検討されています。英語に関しても多技能(話す、書く、聞く、読む)を評価のポイントとするようです。
 実施回数については、年複数回実施することが検討されていますが、現状ではまだまだ課題が多くあることから、今後も要検討とされています。
 つまり簡単に言えば、記述式問題が増えるためセンター試験よりも難易度は上昇するであろうこと。そして上辺だけではない、より理解度の深い知識・学力が要求されるようになること。この2点が特に注目すべき特徴です。

 

※連問式:PCやタブレットを使用しての受験が前提で、一度解答し次に進んだ場合は前に戻れない方式のこと
※連動型複数選択問題:出題する議題に対し、選択した解答の組み合わせに応じて複数の解答が成立する方式のこと

【小学部】中学受験へ-合格力をつけるために-

 今回は中学受験を目指す生徒さんと保護者さまへ向け、受験までの1年間の流れを確認しておきたいと思います。
まず志望校の選択には、当然ながら学力が大きく影響します。希望の学校に合わせた学習プランを立てることが必要です。年間スケジュールのモデルとして以下の要点を参照してください。

 

〈小学6年生の例〉
【1学期】 
中学受験の意思の確認    大まかな志望校の選定
生徒さん →中学受験に向かって、目的意識を持った勉強をする。
保護者さま→なぜ中学受験をするのか、よく確認し話し合う。受験情報の入手、調査。
      学校に対する客観的な評価をチェック。校風に対するわが子の適性をみる。

 

【夏休み】
  夏期講習を上手に活用   模擬テストに参加する   基礎力がためと弱点克服
生徒さん →夏期講習や模擬テストに参加し、学力を付ける。午前中から集中し勉強する。
保護者さま→学校の成績や模擬試験の結果から苦手科目を把握し、夏の間に集中して弱点克服が

      できるように協力する。

 

【2学期】
 入試問題(過去問題)にチャレンジ   応用力の養成   受験校(第一志望)の決定
生徒さん →過去の入試問題にチャレンジ。最初は時間を気にせず、出題傾向に慣れる。
保護者さま→学校情報や入試情報に敏感に!学校説明会はこの時期にピーク。
      第一志望校以外の併願校候補の学校にも積極的に参加する。学校説明会以外の文化祭や

      体育祭などの学校行事も見学すると、その学校の先生と生徒達の日常どのような雰囲気で

      話しているのかなどもチェックできます。
      塾での相談をより綿密に。小学校へ調査書作成の依頼を。

 

【3学期】
    併願校(第二・第三志望)の決定    入試問題の徹底演習
生徒さん →時間を区切って入試問題を解く。夜型の生活から早めに朝型の生活に。健康管理。

      入試直前には難問は避ける。
保護者さま→入学願書の作成(写真・調査書など必要な書類の手配)。健康管理をしっかりと。

      入試要項の確認。合格発表、入学金等の支払いや書類の期限再チェック。
               ↓
       そして入試、合格へ


                                         参考文献 声の教育社「中学受験案内」より

 

【高校部】「ハイスクールタイムズ」に、ためになる記事が多数掲載されております。

     今月はそちらをどうぞご一読ください。

2017年

2月

08日

「書くこと」の効用

私は自分の手帳がとても好きです。ここ5年くらいは、文具メーカーの使いやすい手帳を

愛用している。もっと細かく言うと、手帳に書くこと、が好きなのです。
仕事や教室の予定を書いて、仕事の段取り、チェックをするために使ったり…と本来の使い方がメイン。


しかし、私は手帳に旅行記やお友達と会ったときのお店・美味しかった食事の記録、

見学した展覧会や博物館の感想、お出かけの記録、嬉しいこと・悲しいことなど、

気が付いたら書き留めていることが多いです。書くことで気持ちが整理出来たり、

考えがまとまったりするから。読み返すと新たな発見があることも。
書くことが苦痛で無い人には、是非お勧めしたいです。

 

なぜ今回このような話を書いたかというと、勉強にも「書くこと」が有益だと言えるから。
実際に手を動かして書くと記憶に残りやすいと言われています。

英単語も漢字も理科社会の用語暗記もまずは書こう!書いて声に出して覚えよう!

暗記パンは無いです。

勉強した内容は、その日のうちに書きながら復習!何度も何度も書いて覚えるしかない!

 

覚えることが苦手な生徒さん、「えーイヤだな」なんて言わないで、そんな暇があったら書き始めよう。

最初は辛くても、きっとたくさん覚えることができるはずですよ。頑張って!

 

清瀬教室  徳山

2017年

2月

01日

久しぶりの健康診断

先日、健康診断を受けた。
本格的な健康診断は以前いつ受けたのか思い出せないほど久しぶりだ。
前回同様、教室のすぐ近くにある健診専門の病院へ。


スタッフが多く、進路などを丁寧に教えてくれる。
診断の手際も良い。
受診に来ている人もかなりたくさんいたが、20項目ほどある診断がすいすいと進んでいく。
時間としては15分足らず、受診項目の半分も終えたころ、身長・体重の番になった。

最近の身長測定器はすごい。
受診者が測定器に乗ると同時に上から薄っぺらいプラスチックパネルがス~と下りてきて、頭の先端をチョンと撫でてまた上に戻っていくというものだ。
その時には体重までが測り終わっているようだ。

目測時代の身長・体重測定と比べるとずいぶん進化したものだな~、などと思うのも束の間、「はい次の方どうぞ」「はい次の方どうぞ」「はい次の方どうぞ」という間で私の番に。


ス~と、測定器が私の頭をやさしく撫でる。

無事終了と思いきや、スタッフの顔が曇る。
おそらく測定された私の数値に何か問題があったようだ。
特にこちらに何を言うわけでもなく、その場を離れ、ベテランと思われるスタッフに報告している。
スムーズな流れが途絶えて、順番待ちギャラリーが、4人、5人と増えていく。

ベテランそうなスタッフが私のところに向かってきた。
検査の結果何か良くないものでも見つかったかのような神妙な面持ちだ。
しかしこれは身長・体重測定、、、何があるというのだろう。
固唾を呑むギャラリー。

スタッフ「身長が前回より2センチ以上縮んでいるのですが・・・。」
私「はあ」
何が言いたかったのか?
「あなたは本当にあなたですか?」という質問のように思えたが、これほどの不穏な空気を作らなくてはならないことだったのだろうか。
真相はわからないが、とにかくもう1回測ることに。
ギャラリーはちょっとした群衆と化す。

身長が低くなった理由はわかっていた。
前回はちょっとでも高い数値を出そうと身体をグーっと伸ばして測ったが、今回は普通に測ったからだ。

ただ、また何か言われるのは面倒だったので、群衆の中、身体をグーっと伸ばして測り、前回よりマイナス0.8センチという結果をもって身長・体重測定を終えた。


健康診断の話は以上である。
ところで、身長というのは40歳をこえた頃から縮み始めるというデータがあるようだが、私のように40歳をこえて、見栄を張らず普通に測る人が増えるというのも、そのようなデータに影響しているのではないかと考えさせられた。
あれ以来、娘の頭を手でやさしくポンとしてあげるとき、ス~と下りてくる測定器がフラッシュバックされてしまう。


立川教室 小林

2017年

1月

18日

受験までのカウントダウンの落とし穴

さて受験生のみなさん、勉強は頑張っていますか?
受験まであと“○日!”と日々プレッシャーと闘っていることと思います…が、

実はカウントダウンには落とし穴があります。

 

例)受験まであと30日!
これだとまだあと1ヶ月、時間があるように聞こえますね。まぁ実際にあるのですが。
ただ、勉強時間という意味では全く別です。よぉく考えてみてください!

 

皆さんは1日に平均何時間勉強していますか? 6時間? 7時間?
仮に1日平均7時間だとしましょう。
30日×7時間=210時間です。
都立高校を受験するなら5教科勉強しなくてはなりません。
210時間÷5教科=42時間。。。もうおわかりですか?

 

受験まであと30日あっても、この場合1教科にかけられる時間は42時間しかありません。だからといって、

決して「食事は10分にしなさい」とか「睡眠時間を究極まで削りなさい」とか言いたいのではありません。

 

「時間を有効活用してください」ということです。
スキマ時間の使い方については過去のブログに書かせていただいているので、そちらを参考にしてみてください。

 

この時期、生徒さんにいつも言っている言葉があります。
『文句は後で(受験後に)いくらでも聞きます。だから塾と自分を信じて、今やれることをやって欲しい』と。
今からでも力は十分伸びます! だから全力で頑張ってみてください!

 

ここまでプレッシャーになることを書いておきながらこんなことを言うのも変ですが、体調を崩すほどの無理はしないようにしてください。インフルエンザやノロウィルス、風邪なども流行る時期です。“手洗いうがい・規則正しい生活”を心がけながら頑張ってください。

 

先生も全力で応援します!

府中本町教室

重村

2017年

1月

12日

入試インフォメーション2月号

【高校部】必見!ベストの先生オススメの教材を紹介!〈理系編〉
今回も、ベストの先生にお聞きしたおすすめの教材をご紹介します。先月号では文系科目の特集を行いました。さて、今回は理系編です。以下すべて税別です。

 

数学】
「チャート式」シリーズ(数研出版) 各単元によって値段は変化
 ◎レベル別になっている
 ◎例題や解説が多く参考書としても問題集としても使える
 △厚い
「スバラシク面白い初めから始める」シリーズ(マセマ出版社) 各単元によって値段は変化
 ◎非常に基本から解説がある
 △解説が多い分、量も多く根気よく読む(考える)必要がある

J先生から一言(活用法)
「基本はチャート式をくり返し解きました。有名どころですので説明はいらないのではないでしょうか。チャート式で納得できない部分については、マセマ出版の方は(実況中継シリーズに近いので)一緒に手を動かしながら考えるようにしていきました」

 

【物理】
「実戦 物理重要問題集 物理基礎・物理」(数研出版) 定価¥760
 ◎各大学過去問からの難問、良問が多い、解説が充実
 △難しい
「必修アクセス物理」(浜島書店) 定価¥743
 ◎基礎的な問題が多い
 ◎解説もそこそこ充実している

G先生から一言(活用法)
「基本的に学校で配られたものを使っていました。教科書を読んだあとはこの重要問題集に取り組みました。わからない場合は、例題をみたり解説を読んだりして、とにかく解くことを重視しました。重要問題集でどうしてもつまずいてしまった場合は、必修アクセスの方が簡単なので、アクセスを使いまずはパターンを確認、演習していきましたね」

 

【化学】
「大宮理の化学 □□編が面白いほど分かる本」シリーズ(中経出版) 定価¥1,600
 ※○○には有機化学、無機化学、理論化学の全3冊
 ◎現課程には未対応だが体系的に学べる
 △1冊1冊が非常に厚い
「センター試験 化学基礎の点数が面白いほどとれる本」(中経出版) 定価¥1,500
 ◎センター試験に特化している
⇒中経出版の本はイラストや図、ゴロ合わせが多く読みやすい
「My Best よく分かる化学基礎+化学」(学研) 定価¥2,300
 ◎カラーでよくまとまっていて厚い
「実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学」(数研出版) 定価¥900
 ◎各大学過去問からの難問、良問が多い、解説が充実
 △難しい
「リード Light ノート 化学基礎・化学」(数研出版) ¥650
 ◎穴埋めの基本理解部分と基本~標準レベル問題が多い

N先生から一言(活用法)
「いろいろ挙げましたが、メインは中経出版シリーズで知識を増やし、重要問題集で演習しました。解説も充実しているのでじっくり読み、再度解き直しをしてパターンに慣れるようにしていきました」

 

【生物】
「田部の生物基礎をはじめからていねいに」(東進) ¥1,200
O先生「とにかく、解説がわかりやすく、見やすい。図や絵も大きく、使いやすい。コツコツ進めたい人にオススメ。センター試験にも対応できますよ」
 生物(生物基礎・生物)基礎問題精講(旺文社) ¥1,100
O先生「入試問題も多く、問題演習がたくさんできる。「田部の生物~」を一通り終わらせてから、このテキストで演習すると完璧です。センター高得点間違いなし」

 

【小学部】2016年時事問題+××年前には何が起こった?
まずは、先月号の2016年時事問題・重大ニュース、12月分の追加分から。
12月  無人補給機「こうのとり」を乗せたH2Bロケット6号機が鹿児島の種子島宇宙センターから
     打ち上げ成功(9日)
     ※「こうのとり」は国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機。
     沖縄県名護市の海岸で米軍機MV22オスプレイが不時着水(13日)
     新潟県糸魚川市で大火災発生。4万㎡が焼け約150棟が消失(22日)

 

次に、2017年に節目を迎える過去の出来事をまとめてみました。頭の片隅に置いておき、起きた時代をイメージできるようにしておきましょう。
【2017年の××年前には何が…】
10年前の2007年には、新潟県中越沖地震が起こる。
20年前の1997年には、香港中国に返還される(返還前はイギリス領)。
50年前の1967年には、ECが発足する(後にEUに発展)。
70年前の1947年には、インドとパキスタンが分離独立。
80年前の1937年には、日中戦争が起こる。
90年前の1927年には、金融恐慌が起こる。
100年前の1917年には、レーニンが指導しロシア革命が起こる。
150年前の1867年には、大政奉還が行われる。
180年前の1837年には、大塩平八郎の乱が起こる。
230年前の1787年には、松平定信寛政の改革が始める。
380年前の1637年には、島原・天草一揆が起こる。
550年前の1467年には、応仁の乱が起こる。
850年前の1167年には、平清盛太政大臣になる。
(参考文献:学研「時事問題に強くなる本」)


時事問題といっても、今年・去年に起こったことだけではなくて、「今からちょうど100年前には~~」のように、出題されることもあるということです。
普段から、ニュースや年表などを注意深く見ていると良いですね。

2016年

12月

30日

年末特訓

今年最後の教室イベントである受験生対象の年末特訓を本日行いました。10時から18時半という長時間の勉強でしたが、みなさんとても集中して取り組んでいました。

 

終盤眠くなりつつ、弱音も少しでていましたが、逃げずにやり抜く姿勢をみることができとても感動しました。年末最後のすてきなプレゼントをありがとうございました。

 

さて、生徒さんによっては受験まで1ヶ月を切りましたね。焦りや不安が出てくるでしょうが、今の努力は受験に限らず、将来様々なところで活きてきます。絶対に無駄にはなりません。合格に向けて、そして将来社会で活躍できる人材になるため最後まで頑張りましょう。

 

 

東村山教室

江藤

 

2016年

12月

21日

「日本刀、刀装具に関連するものから生まれた言葉」

 先日、栃木の学習塾を見学した際に、宇都宮市の二荒山神社で刀剣保存協会栃木県支部主催の展示会がたまたま開催されており、顔を出してみました。そこで「日本刀、刀装具に関連するものから生まれた言葉」というパンフを配付していたので、何気なしに読んでみて、改めて刀剣関連の語句、慣用句が多いのに驚きました。


 「太刀打ちできない」「一刀両断」「伝家の宝刀」「真剣に」「反りが合わぬ」「しのぎを削る」「差し違える」「寸分たがわず」「元の鞘に納まる」「焼きを入れる」などなど80近い言葉がここにはあげられれています。

「太刀打ちできない」「真剣に」の意味はさすがに分かるでしょうが、「伝家の宝刀」は分かりますか?

「いざというとき以外はみだりに使用しないとっておきのもの」というほどの意味です。

「切り札」「最終兵器」というニュアンスかな。


 いろいろな言葉がありますが、なかには「そうなのか」これは刀剣、刀装具に由来する言葉なのかと改めて思う

語句もあります。たとえば「束の間」「とんちんかん」「切羽詰まる」「札付き」「地金が出る」「折り紙付き」

「相槌を打つ」「やりくり上手」「付け焼き刃」「焼きを入れる」「やりっぱなし」などなど。


  「とんちんかん」は、《刀剣づくりの師匠と弟子が打つ「トンテンカン」と聞こえる槌の音が調子が外れた時に「トンチンカン」と聞こえたところから起こった言葉で、物事が行き違い、前後すること。》とあります。そもそも「頓珍漢」は当て字のようです。間の抜けた言動をトンチンカンといいますね。


 「地金が出る」は普段は見えない本来の性質が表面に出るというような意味合いですね。いい意味でなく悪い面が出てくるという使用法ですね。《刀は柔らかい心鉄を硬い鉄でつつんで造ります。皮がねが研ぎ減って心がねが出た状態を地金が出るといい、表面を繕っていたものが剥げて元の醜いものが出てきたときに使います》とある。


 「やりっぱなし」は今では「遣りっ放し」などと書きますが、本来は「槍っ放し」からきているらしい。

《槍は突くよりもむしろ引く方に重きを置きます。ついたままの状態を槍っ放しといい、後始末をせずに中途半端な状態のこと。》
 
 生徒のみなさんも準備不足で「抜き差しならない」状況におちいってしまい、「急場凌ぎ」の勉強では試験問題に「太刀打ち出来ない」。その結果、問題に「一刀両断」されてしまった、なんてことにならないようにね。こういうのを「身から出た錆」といいます。「筋の良い人」は「付け焼き刃」の勉強でなく地道な努力をするから、試験問題も「兜を脱ぎます」。

【塾長コラム】

2016年

12月

15日

入試インフォメーション2017年1月号

【中学部】受験生必見!面接対策のポイント
少し前までは“面接 = 推薦だけ行う”というイメージもありましたが、近年の傾向としては一般試験でも実施する高校が増えています。また都立高校入試の推薦では、作文または小論文+集団討論・個別面接が行われ評価の割合も大きくなっています。そこで今回はその面接対策のポイントをお伝えしたいと思います。

 

【Ⅰ】身だしなみ
第一印象を決めるのはやはり身だしなみです。袖のボタンやYシャツの第一ボタンはしまっているか、

制服自体汚れていないか、セーターの袖で手が隠れていないか、髪型はきちんとしているか…など様々ですが、

一貫して「正しい着用」と「清潔感」と「中学生らしさがポイントになります。

 

【Ⅱ】言葉づかい・表情・話し方
面接は尋問ではありません。コミュニケーション力や成績では推し量れない受験生の内面を見るものですので、

目上の人に対しての正しい言葉遣い明るい表情がポイントになります。


また話し方の注意点としては、
①早口にならない(慌てない)こと    ②語尾をはっきりさせること(尻すぼみにならないこと)
③もごもごしないこと       ④「えーと」を言わないこと(言いそうになったら『はい』と一間置く)
⑤聞かれたことに的確に答えること    ⑥視線は試験官に向けること(見過ぎはNG)


など様々ですが、一貫して「落ち着いて話すこと」と「自信を持って受け答えすること」がポイントになります。
※「本番ではちゃんとするorできる」という人が結構いますが、慣れや癖というものは簡単には直せません

上記の点、今から気を付けて生活をしてみましょう。

 

【Ⅲ】その他
①“よく聞かれる質問BEST10とその答え方”などはネットや本などでよく見かけますので、ここでは省略します。

  ただ、1つ注意しておきます。自分や受験校のことも良く知らずに答え方を真似ても…面接官には必ずバレます!


② 最近“自己PR”を課す学校が増えています。この自己PRは自己紹介とは違いますので注意しましょう。

   作り方のヒントとしては『自分の長所・強み』⇒『それを活かした過去の成功体験談』⇒『その強みを入学後この

   学校ではどう活かせるか』といった流れで考えてみてください。堂々と自分をアピールすることが大事です。


③「学級委員」「部長」「委員長」「生徒会役員」等の経験など、確かに調査書に書いて有利になりそうな事項は

   あります。しかし、それだけでは駄目なのです。要はその役職を務めた上で、「何を学んだか」「今後どう活かし

   たいのか」という点を明確にしておき面接の場でアピールできないと、何の評価にも繋がりません(これは集団討

   論のときも同じです)。よく考えてまとめておきましょう。

 

10~15分の短い時間ですが、『自分のことだから大丈夫』と高【たか】を括【くく】っていると本番で必ず失敗します。自分のことを自分で知る良い機会であると同時に、3年間通う学校を改めて見つめる良い機会でもあります。今からよく調べてよく考えておきましょう。特に都立高校の推薦を受ける人は各高校で発表している「本校の期待する生徒の姿」を基に、出願時に提出する「自己PRカード」もよく推敲【すいこう】しておきましょう。


【小学部】2016年時事問題・重大ニュース

今回は、今年の入試で出題されるかもしれない時事問題・重大ニュースのまとめです。

 

   1月 マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の運用が本格的に開始(1日)
   2月 世界保健機構(WHO)が感染症「ジカ熱に関する緊急事態を宣言(1日)
      環太平洋経済連携協定(TPP)に参加12カ国が署名(4日)
   3月 ベルギーの首都ブリュッセルで同時テロ発生(22日)
            東日本大震災発生から5年(11日)
      北海道新幹線の新青森-新函館北斗間が開業(26日)
      アメリカのワシントンで核安全保障サミットが開催(31日)
   4月 熊本県を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生(14日)
      ほぼ同地域でマグニチュード7.3の地震が発生(16日)
   5月 三重県の志摩市賢島【かしこじま】で伊勢志摩サミットが開催(26日)
      アメリカ合衆国のオバマ大統領が現職大統領として初めて広島を訪問(27日)
   6月 安倍晋三首相が消費税率の引き上げの再延期(2019年10月)を発表。(1日)
          日本が発見した113番目の新元素「ニホニウム」が正式に決定(8日)
      東京都の舛添要一知事が辞職(21日)
      イギリスでEU離脱を問う国民投票が行われ、EU離脱が決定(23日)
   7月 バングラデシュの首都ダッカでテロ発生(1日)
      参議院議員選挙で、自由民主党と公明党の連立与党が過半数を確保(10日)
      上野にある「国立西洋美術館」が世界文化遺産へ登録される(17日)
      東京都知事選挙で、小池百合子氏が初当選(31日)
   8月 ブラジルのリオデジャネイロで夏季オリンピックが開催 (5日~21日)
            天皇陛下がビデオメッセージで「象徴としてのお務め」についてお気持ちを表明(8日)
      1週間で3個の台風が北海道に上陸(17日~23日)
      台風10号が観測史上初めて東北地方の太平洋側から上陸し、大災害に(30日)
   9月 中国の杭州【こうしゅう】でG20サミットが開催される(4日)
      ブラジルのリオデジャネイロで夏季パラリンピックが開催(7日~18日)
10月 東京工業大学の大隅良典【おおすみよしのり】栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞 (3日)
    熊本県にある阿蘇山が36年ぶりに爆発的噴火(8日)
            歌手のボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞(13日)
    来年からの国連事務総長にアントニオ・グテレス氏が任命(13日) 
11月  アメリカ大統領選挙が実施され、共和党のドナルド=トランプ氏が民主党のヒラリー=クリントン氏を
           制し、勝利。大統領選挙人と呼ばれる人々を多く獲得した候補が勝つ仕組み。日本の議院内閣制に対し
           アメリカは大統領制(8日)
 ※12月分は、次号2月号に掲載します。

 

 

【高校部】必見!ベストの先生オススメの教材を紹介!〈文系編〉
高校生のみなさん、勉強ははかどっていますか?高校での勉強は、量・質ともに重く深い内容で理解と定着に何かと時間と手間が掛かるもの。そこで今回は、ベストの先生方におすすめの教材を教えていただきましたので、みなさんにご紹介したいと思います。ぜひ参考にして日頃の勉強に役立ててください。
今回は文系編、以下すべて税別です。

 

【英語】
長文「やっておきたい英語長文300」(河合出版) 定価 ¥914
H先生「300・500・700・1000とレベル別に分かれており、ステップアップしていけるのが良い。
300でもセンターレベルには対応できますよ」
文法「全解説頻出英文法・語法問題1000」(桐原書店) 定価 ¥1,490 
J先生「解説がとてもていねいで、問題も基本的なものからかなり発展的なものまで幅広く載っています。学校
授業の内容補足から上位大学(上智大学)の入試にも対応できました」
文法「今井の英文法」(東進) 定価 ¥1,200
K先生「講義形式のくだけた口調で取り組みやすい。堅苦しくなく取り組めました。基本の基本ではなく、
そこそこ英語ができる人の方が進みやすいですよ」
解釈「基礎英文解釈の技術100」(桐原書店) 定価 ¥1,350
O先生「CDが付いていて、復習しやすかったですね。センター試験で8割以上を目指す人向けです」
英単語「システム英単語」(駿台) 定価 ¥1,000
I先生「英単語力をとにかく付けたい人におすすめ。短い例文が多く、ペース良く進められます。出やすい順になっているので、英語が苦手な人も基礎から力を付けられる」

 

【世界史】
「段階式 世界史論述のトレーニング」Z会出版 定価 ¥1,200
Y先生「10~400字まで対応できる論述対策本。何を書くべきか、ポイントがきちんと整理されています」
「世界史問題集完全版」東進ブックス 定価 ¥1,300
Y先生「通史だけでなく文化・実学史も入っています。出やすい部分がよくまとめられた問題集です」


【政治・経済】
「ベストセレクション センター試験 政治・経済重要問題集」政治・経済問題研究会 定価 ¥750
A先生「センター対策はこれ1冊で十分。良問揃いの問題集です。これを極めれば90点は手堅い」

 

【現代文】
「私大編 現代文のトレーニング」Z会出版 定価 ¥1,000
「必修編 現代文のトレーニング」Z会出版 定価 ¥1,000
S先生「Z会の問題集は良問が多く、細かい解説が1問1問についていて、解法を論理的に追うことができます。
    志望校によってどちらかでいいと思います」

2016年

12月

08日

不合格の法則

12月に入り寒さも増していく今日この頃、いよいよ受験へ向けてラストスパートを掛ける時期となりました。
受験生のみなさん、これからが心身共に一番苦しい時期です。周りに流されず確固とした強い意志を持ち、

自信を持って受験に臨めるよう共にがんばっていきましょう。

 

ところで、最近よく考えることがあります。
それは、受験に不合格になってしまう生徒さんの多くには、いくつか共通する点があるのではないか

ということです。
今回はそれらを少しまとめてみました。

 

題して、「不合格の法則」です。

 

① 遅刻が多い
② 忘れ物が多い
③ 時間の管理ができない
④ 何かしらごまかす

 

①と②は、勉強時間の不足や勉強する環境に物理的に影響するのはもちろん、そういう生徒は、受験に対して気持ちが向かっていないことを示している証拠です。よって勉強の質が一向に高まらず、学力も身に付きにくい状態と言って良いでしょう。
③も大事。これができないということは、いわゆる「5W1H」(いつ・どこで・何を・誰が・なぜ・どのように)が管理されていないということ。勉強していてもムラができてしまい、するべき勉強をせず伸ばすべきところが伸びずという状況に陥りますからね。
④については改めてここで述べる必要はですよね。各自おのおの胸に手を当てて、自分・両親・先生に対してごまかしていることがないか、よーく振り返ってみてください。
まずは「これをやりなさい」と言われたことは、素直に、ごまかさず、真面目にやってみてください。もちろん、それが疑問に思うことなら質問してください。納得できないと素直になれませんからね。

 

実は昨年、遅刻と忘れ物の多かった中3生で、心入れ替えこの2つをなくすようにしたところ、それまでより模試の結果がグンと良くなった子がいましたよ。
受験生のみなさん、まだ間に合います。
上記の①~④に当てはまっているものがあるのなら、今すぐそれを改善してみてください。

 

小平教室 高橋

2016年

11月

30日

入試直前ガイダンス

今日は、中3受験生の「入試直前ガイダンス」当日でした。


期末テストが終わり、あとは合格へ一直線というこの時期、毎年恒例となった教室イベントです。


開始前は、緊張感が高まります。もちろん、大勢の生徒の前で話をするから、ではありません。受験生にとって、これから入試までに残された時間があまりにも重要だからです。ここで受験生のやる気を高めて、何をやるのかを明確にさせることがこのガイダンスの目的です。「上手く伝わるように」と思うと思わず緊張してしまうのです。


例年、1時間以上行うところを、今年は40分に縮小しました。盛りだくさんの話をするよりも、伝えたいことを端的に伝えるためです。


そして、本番。こうやって改めてひとり一人の顔を見ていると、それぞれの心の状態も何となく見えてくるように感じます。「あの子は、もうちょっと働きかけが必要かな」と思う生徒も中にはいますが、「よし。がんばろう!」という受験生の気持ちが、たくさん伝わってきました。


さて、今年度もいよいよ、この時がきました。受験生の不安な思いも共有しながら、それをともに乗り越えていく気持ちで応援します。


まずは、年内にどこまでできるかが重要。合格へとまっすぐ突き進もう!

 


東大和教室 松本

2016年

11月

16日

入試インフォメーション2016年12月号

【中学部】中2・中1生 秋から冬にかけてやっておきたいこと


中学2年生
【2学期・後期】-目標決定の時期-
 高校入試に向けて目安となる目標を大まかに決める時期です。まず都立高校第一志望なら理科・社会の勉強も定期テスト勉強だけにとどまっていてはいけないわけです。そして私立の難関校を目指す人は、この時期から英語・数学の厚みのある実力養成が必要です。そういう意味で大まかな高校受験の目標が決まると、勉強にも芯棒が入り計画を立てる基準となります。中2の2学期に大まかな目標ができそれをこなす生徒さんは、まず受験勉強を失敗しません。毎年受験生を指導していてよく感じることですが、中2の2学期から受験生としての自覚を持って勉強を始めた生徒さんと中3になってから始めた生徒さんの学力と意欲の差の大きさです。この意欲は、その日の気分(機嫌)や周りの環境に左右されることなく学習に取り組める原動力になります。憧れでも良いですから、高校や大学に対して何か目標を見つけられると良いと思います。

 

【冬休み】-苦手科目対策が重要課題-
 私立高校入試は3科目受験ですので、一つでも苦手教科があるとかなり不利になります。都立入試は5科目ですから1科目あたりの比重は下がりますが、苦手教科はないに超したことはありません。さらに中3の12月に出される内申までは、学校成績が重要になりますので、まんべんなく学習する必要がありますね。中2の冬休みは、中3を前に苦手科目対策に格好の時期です。ここでしっかり復習し自信をつけて苦手意識を払拭することは受験勉強の本格スタートにとってかなり重要です。冬期講習でしっかり復習をすることが大事です。

 

中学1年生
【2学期】-中学生式勉強スタイルの確立-
 中1の2学期の一番大きな課題は中学生としての勉強スタイルの確立です。つまり中学校にも慣れてくるこの時期は、各自自分なりの勉強スタイルを創り上げることがとても大事です。ここで身につけた勉強の仕方は中学3年間(それ以降も)の学習習慣や学習姿勢や成果に影響します。定期テスト準備で“一夜漬けしかしない人”と“2~3週間前から準備する人”の違いはこの時期から始まります。注意点を3つ挙げましょう。一つ目は、部活との両立をどうはかるか。二つ目は、定期テスト準備をどのように行うか。三つ目は、苦手単元の復習をいつ行うかです。
 この時期の復習は、実は中学3年間の勉強を左右するほどの意味があります。ここでいい加減な学習習慣を身につけるとなかなか成績はあがりません。そして同時に中1の2学期は科目ごとの勉強法も身につける時期です(勉強法については教室まで直接ご相談ください)。

 

【冬休み~3学期】-2学期の復習は凄く大事-
 中1の2学期は高校入試という観点から考えてみるとすごく重要です。例えば、数学では「文字式」「方程式」を学習します。文字式の計算は、中2の式の計算・中3の乗法公式や因数分解につながっています。方程式は、中2の連立方程式・中3の2次方程式の土台となる内容です。これだけでもかなり重要であることが分かりますよね。
 そのため、冬休みに英語・数学を中心に、1~2学期の学習内容で理解と定着が不十分なところをていねいに復習することは決定的に重要なのです。ベストの冬期講習を活用して先の学年につながる内容を中心にしっかり固めましょう。

 

【小学部】【高校部】

※機関誌「バーガー」「ハイスクールタイムズ」に、ためになる記事が
多数掲載されております。今月はそちらをどうぞご一読ください。

 

2016年

11月

09日

時事問題は意外と大事

すっかり寒くなりましたね。体調を崩される方も多いので、皆様もお気をつけください。

続きを読む

2016年

11月

03日

リフレッシュ

10月末にお休みを利用して、近畿地方へ歴史を感じる旅行をしてきました。旅行が好きで、計画をたて、宿泊施設はどうしようかな~という所にも楽しみを見いだしています。旅行での失敗談とかもたくさんあるのですが、それはまたいつかの機会に。

 

奈良国立博物館での「正倉院【しょうそういん】展」の見学。
正倉院展は毎年10月末に奈良の国立博物館で行われていて、毎年タイミングを合わせて見学に訪れています。
正倉院展は聖武【しょうむ】天皇ゆかりの屏風や水差しなど、華やかな宮廷生活を想像させる宝物がたくさんあり、とても楽しいです。当時の宝物が現代までそのまま残っているなんて、とても素敵だなと思います。


〈ここで豆知識〉
聖武天皇…奈良時代の天皇。聖武天皇が天皇の位についた時、「伝染病」が大流行、そして天候不順による飢饉【ききん】(食糧不足のこと)などがあり、国内はとても悪い状況でした。
そのため仏教によって社会の不安をしずめようとして、全国に国分寺・国分尼寺【こくぶんにじ】を建てました。奈良の東大寺に大きな大仏もつくりました。更に社会で勉強する墾田永年私財法【こんでんえいねんしざいほう】も作ったんですよ。

 

大阪では祖父母の墓参りをして、親戚達と食事会をし、更に転勤で大阪に行った友達に会ったり、と懐かしい人たちにたくさん会うことが出来ました。リフレッシュ出来たので、11月からも元気いっぱい、パワフルに頑張ります。 

 

清瀬教室 徳山

2016年

10月

27日

至福のとき

毎日教室にいると、生徒からいろいろな質問がある。

 

「せんせー、ここ教えてー」
というスタンダードなものや、

 

「先生って子どもいるの?」
という軽く受け流したい質問、

 

「両親が喧嘩してるけどどうすれば‥」
うーん、何とかしてあげたいけど出る幕ではない質問もある。

 

なかには
「ここも、ここも、ここも、ここも、全部わかんなーい!」
という、対応に時間を要する、汗がタラ~っとくるような手強い質問もある。

 

この手の時間のかかる質問の対応は、業務を圧迫するのは事実だが、
こちらにとってやりがいのある仕事である。

 

以前、大学入試の提出用の論文をどう書けばよいか、という質問から、
一緒に作成を始め、丸一日費やしたことがあったが、それはこっちにとっても充実した時間であり、

よい想い出である。

 

汗がタラ~とくるとき、焦ってはいるが内心はちょっと嬉しいようだ。

 


「せんせー!!」
生徒からの質問だ。
以前、「なぜ道の終点は行き止まりというのか」という質問をしてきた強者だ。
今回はどんな質問だろう。

 

私「どしたー?」
生徒「勉強全部わからな過ぎて何を質問したらいいかわからなーい!」

 

・・・・・タラ~(苦笑い&汗)

「よーし!じゃあまず何が分からないか、一緒に考えよう!」

 

立川教室 小林

2016年

10月

22日

整数は面白いⅡ

 先月に引き続き、整数について。

「ゴールドバッハの予想」という、未だ証明されていない有名な問題があります。


2より大きな偶数は、すべて2つの素数の和として表すことができる

 

 4=2+2、6=3+3、8=3+5、10=3+7=5+5、12=5+7、・・
16=3+13=5+11、・・・20=3+17=7+13、・・・


 確かに2素数の和になっている。面白いですね。これはコンピュータなどで凄く大きな偶数まで確かめられています。また、周辺の定理はかなり証明されていますが、数学的なきちんとした証明はなされていません。


 中学生は奇数+奇数=偶数を知っています。2を除き素数はすべて奇数だから、こういうことはあるかもしれないねとも思うし、1億桁1兆桁という途轍もなく大きな偶数が実際こういう具合に綺麗に2素数の和に分解できるなんてもの凄く不思議ではあります。


 この予想がゴールドバッハの予想と呼ばれているのは、18世紀ドイツの数学者ゴールドバッハが、形は少し違うのですが数学的には同値の予想をオイラーへの書簡の中でふれたことによっています。大変シンプルで分かりやすい予想にもかかわらず、現在にいたっても数学的には証明されていません。証明というのはこの予想は間違いであるという証明でもいいわけです。この予想は間違っているという事を示す反証例がひとつあげられてもいいと。
 
 整数の問題は他にもいろいろあります。例えば、正の整数の分割という問題。   
 
 ある整数をいくつかの整数の和で表します。
 たとえば、3ならば、
 1+1+1=3、1+2=3、2+1=3の3通りがあります。
 また、4ならば、
 1+1+1+1=4
 1+1+2=4、1+2+1=4、2+1+1=4、
  1+3=4、3+1=4、
  2+2=4
 の7通りがあります。
 
 では同じような方法で、8をいくつかの整数の和で表すとき、全部で何通りの表し方があるでしょうか。

これは自分で考えてみてください。

【塾長コラム】

 

2016年

10月

13日

入試インフォメーション2016年11月号

【中学部】平成29年度都立高校推薦入試に向けて
 今回は約3ヶ月後に迫った都立高校推薦入試に向けて少しお話したいと思います。平成29年度の都立推薦日は「2017年1月26日~27日」です。毎年1月の出願間近になって慌てる生徒さんがいますが、準備不足だとボロが出るのは明らかで、もちろん受験する高校側にもそれは伝わってしまいます。推薦入試を受ける可能性のある生徒さんは早めの準備を心がけましょう
さて、ご存じのように推薦入試では「集団討論」「個人面接」「小論文or 作文」が課せられます。以下に今春実際に出題された問題をいくつか挙げてみたいと思います。

 

【作文テーマ例】
〇調布南高校
「バランスの取れた学力」に関する新聞コラム記事を読み、自分の考えを書きなさい。
〇松が谷高校
今後の社会に貢献する人間として必要と思われることは何かを考え、本校での生活の目標をたてなさい。それを実現するため学習面とその他の面と二つの方向から具体的に述べなさい。


【集団討論例】
〇調布北高校
オリンピック・パラリンピックがあなた方にもたらす影響について。
〇府中高校
日本国内における1960年以降の食糧自給率(カロリーベース)の推移を表したグラフを踏まえ、将来の
私たちの生活はどのようになるか、話し合ってください。

 

 中3受験生のみなさん、どうですか?
 もちろん学校でも集団討論や個人面接の練習はしてくれると思います。ただそれだけで安心はできません。秋~冬に開催される塾の集団討論授業実地演習に必ず参加してもらいたいと思います。小論文or 作文も、小論文合格講座や毎月添削してくれる作文講座を活用しましょう。
 また意外と見落としがちなのが「自己PRカード」(志望理由、中学校生活の中で得たこと、高校卒業後の進路について)の記入です。簡単に思えるかもしれませんが、各高校が発表する『本校の期待する生徒の姿』に沿う形で書き、受検校の特色をよく理解しておく必要があります。詳しくは東京都教育委員会が出している『平成29年度東京都立高等学校に入学を希望する皆さんへ』を参考にしてみてください。


 最後に注意を1つ。
 推薦入試のために準備は必要です。ただ、あくまで予想される内申をしっかり取ってこそ、の準備です。定期試験対策をおろそかにしないようにしてください。また、平均倍率が3倍を超える厳しい入試のため、どんなに内申点がよい受験生でも合格確実ということはありません。来たる一般入試に備え日頃の受験勉強を怠らないことがもっとも重要です。


 中1~2生のみなさんも「まだあと1年(2年)先だし…」と思わず、しっかり内申を取ること。また普段からニュースや高校に興味を持っておくことが大切です。

 

                                 ※参考資料 東京都教育委員会のHPより

 

【小学部】近年の私立中学入試の動向
【入試回数の増加】
 1校が何回も実施しているので、全体の入試回数も増加。1回の入試で終了している学校も多数ありますが、午後入試を含めると7回・8回の入試を行う学校もあり


【午後入試の増加】
 中学校側は午後入試を実施することで、それまでその学校の受験を考えていなかった層に来てもらい、受験者増加に繋げることができる。受験生側は、できるだけ早く、そして多く合格を確保して安心したい。そのため1日に2校受験するという高校受験や大学受験にはない状況が生まれている


【入試日程の前倒し】
 埼玉は1月10日からスタート。東京では2月1日・2日に入試が集中。1日・2日の午後入試を受ける受験生が増加。また長期の試験を受け続ける気力・体力がなくなることが理由で、後半戦(2/3以降)の受験者数が減っている


【特待入試の増加】
 成績優秀者に「入学金・施設費の免除」「授業料を全額免除」などという制度を設けている私立学校が年々増えている。


a.全回の入試で成績優秀者を特待生とする
b.特定回の入試の成績優秀者を特待生とする
c.一般とは別に「特待入試」を実施する     など


入試の成績によって免除の段階をつけているケースも多く見られ、また進級時には1年間の成績による見直しも行われている。                              

                                    Catch 中高情報サイトより抜粋

 

【高校部】ここで差がつく!面接試験
【面接のタイプを知ろう】
 推薦入試は、公募制推薦入試AO入試指定校推薦入試の3つに分けられ、前者2つは倍率が出る(不合格者が出る)入試となり、面接はかなり重視されます。後者は、面接時に大きな失態を犯さない限りほぼ合格できる入試になります。


【面接官は見抜きます】
 「たかだか数十分の面接の間で、自分の何が分かるか」と思う方もいるかも知れませんが、面接官はプロフェッショナルであることを忘れないでください。礼儀や姿勢はもちろん、目の動きやヘアスタイル、歩き方から座り方まで、面接官はじっと観察眼を凝らし判断を下します人間は身なりや動作に内面がにじみ出るものです。

 

【面接を乗り切る2つの重要ポイント】
プレゼンテーション能力の向上
 ○なぜその大学なのか   ○なぜその学部・学科なのか  ○取り組みたい研究テーマとそれを選んだ理由
 ○自分の選んだテーマはどのゼミに該当するのか      ○その学科や研究テーマの現状
 ○その専門領域の未来像    ○自分の未来像      ○斬新な研究・取り組みなどの紹介や意見
 などをよくまとめておき、自分の意見をきちんと述べられるようにしておきましょう。


学びの観点からの意見を持つ
 どのような「結果」を得たいかよりも、どのような「過程」を送りたいかが重要です。そのためにはその大学、学部・学科、研究テーマを強い目的意識を持って選んだことのアピールが必要です。また積極的に学ぼうとする観点からの意見を述べられるようにしておきましょう。「将来の志望がはっきり決まっていない」のはもちろん、「就職のため選んだ」のは結果しか求めていないイメージを持たれるためNGです。


特に①②では、自分の立場や位置しているところを的確に捉え、将来の指針を明確にした上で、自分の個性や長所を思い起こしてみれば、自ずと内面的な充実を図れるようになると思います。その段階になるまでいろいろ考えるのはなかなか大変な作業ですが、「大成功の面接試験」にするためには必要な作業であると言えます。


※参考資料 東進ブックス「大学受験 一目でわかる面接ハンドブック」/ ライオン社「面接試験と模範回答」

2016年

10月

05日

生活習慣とスキマ時間と生徒諸君

 ある調査結果から生活習慣がきちんとしている生徒は成績が伸びやすいというデータがあります。

もちろん全員に当てはまるわけではないと思いますし、逆に生活習慣だけ意識していても成績が伸びるとは思っていません。ただ、興味深いデータではありますし、少しでもみなさんのお役に立てる情報になればと思い書きました。

 

 まずここでの生活習慣とは…
 ①起床や就寝時間、学習開始時間が決まっていたかどうか。
 ②遅刻や忘れ物がなかったかどうか。
 ③計画を立てて決めたことをきちんと成し遂げたかどうか。
 ④挨拶や身だしなみがきちんとできているかどうか。
 ⑤食生活がきちんとしていたかどうか。
 …などごく当たり前のことです。


 ここでのポイントは結局のところ「日頃からコツコツ努力しているかどうか」だと思います。少しずれますが、こういった習慣を学生時代に身につけたかどうかによって、土壇場での頑張りも変わってくるでしょうし、ひいては社会人になってからの成長も変わってくると思います。


 さてお話の続きです。こういった生活習慣がきちんとしている人は、時間にも余裕ができスキマ時間をうまく使えるようになると思います。どういった繋がりがあると思いますか?まず②や④であれば、学校でも家でも注意を受けたり残されたりすることが減ります。自分の時間が増えるわけです。①や③であればやるべき時にやるべきことを迷わずできますよね。またまた時間が増えるわけです。⑤は健康管理と考えて良いと思います。まとめると、時間があれば焦らす余裕を持って色々なことに取り組めるわけですね。

 

 他の調査では、早朝や夕飯前の1~1.5時間を学習に当てている人は成績が伸びやすいというデータもありました。これまた鵜呑みにはできませんし時間帯的に実践が難しい人もいるかと思います。


 ここから言えることはスキマ時間をうまく活用しているということです。もちろんスキマ時間だけでなく学習時間をしっかり確保してのスキマ時間だと思います。ただ、やはり上の③番がしっかりしていれば、空いた短時間に何ができるか明確になっていますのでダラダラ過ごさなくてすみますね。

 

 時間はみな平等です。特に受験生は追い込みの時期に入っていきます。ただ焦るのではなく今のうちに一度自分自身を見直してもいいかもしれませんね。

 

なぁんて偉そうなことを書いていますが…実は自分への戒めだったりします(ボソっ…笑)

 

府中本町教室 重村

2016年

9月

28日

高校の実態

今月は、ベストに通ってくれている高校生に対して「高校調査アンケート」を実施しています。
アンケートの内容は、自分の通っている高校の様子や雰囲気、盛んな部活、進路指導など
実際に通ってみないとわからない情報になっています。


集めたアンケートを実際に読んでみると、設備や、進路指導の充実、

在校生の雰囲気の違いまでがよく伝わってきます。

都立高校と私立高校の違いも感じ取れます。

 

ベストの全教室からこのアンケートを集めるとかなりの情報が集まります。

これらを冊子にすることで、教室で自由に閲覧できるようになります。

 

毎年、中3生が、志望校を悩むときにこの「高校調査アンケート」を参考にして

『都立高校に行きたい』、『私立高校が好き』、『あの高校で部活をやりたい』

などと考えているのでとても貴重にしています。

 

ベストのみなさん、10月には、今年度版「高校調査アンケート」が完成するので楽しみにしてください!

 


東村山教室
黒川 

2016年

9月

21日

整数は結構面白い

 整数の問題は中学入試の算数ではよく出題されます。高校入試では私立高校で時々難しい整数問題が出ることがありますが、公立高校では最大公約数、最小公倍数の比較的常識的な問題が出題されるくらいでしょうか。しかし、実は整数はいろいろな性質もあり、結構面白い問題も多いのです。今月は整数の性質に関する問題をすこしみていきましょう。


 4桁の数字を適当にひとつ作ります。たとえば、7815という数字。これを各桁の数字が大きい順にならべた数字から数字を小さい順に並べた数字を引きます。
 8751-1578=7173。これをくり返す。つぎは、7731-1377=6354。これも同じ操作をすると。6543-3456=3087。再度これを繰り返します。8730-0378=8352。また繰り返します。8532-2358=6174。
 この6174も同じ操作をすると。7641-1467=6174。「アレッ」そうなんです。6174はこの操作をすると6174になってしまいます。したがって、計算結果が、「6174」になったらここがゴールです。


 「へーそうですか」ですが、実は4桁のすべての数字は、この操作を繰り返して計算するとこの「6174」にゴールすることが分かっています。「ホントかいな」と思う人はやってみるといいですね。


 たとえば、3256。6532-2356=4176、並べ替えると6174。なんと1回でなってしまった。

他に、7000なら、7000-0007=6993。9963-3699=6264。6642-2466=4176。6174になりましたね。


 もちろん7777とか2222のように4桁全部が同じ数はダメですよ。差が0になってしまいますからね。


 しかし、不思議ですね。4桁の数字がすべて同じ数にゴールするというのは、整数は美しいです。この性質は20世紀インドの数学者D.R.カプレカーが発見しました。そのため、カプレカー数ともいいます。もちろん、6174にゴールする証明もされています。


 そうすると、他の桁ではどうなのかなと誰もが思います。数学ではこういう発想を一般化といいますが、興味が出てきますね。


 他に次のような問題。2桁の数字があります。たとえば、43。これを1の位と10の位の数字を逆にして34をつくります。そして2数の和を取る。43+34=77。左右対称になっていますね。例えば、67。67+76=143。143+341=484。これも左右対称になっています。他に59でやってみる。59+95=154。154+451=605。605+506=1111。やっぱり左右対称になってる。


 2桁の数はこの操作をして計算すると最後は必ず左右対象になるのかな。高校生ならパソコンのリテラシイーが少しあればプログラムを組んで試してみられそうですね。


 整数はこの他に素数の問題を含めすごく面白い性質がいろいろあります。ゲーム感覚で考えると結構楽しいです。

 

【塾長コラム】 

2016年

9月

14日

入試インフォメーション2016年10月号

【中学部】会場テスト(Wもぎ・Vもぎ)を使いこなそう!

 

【会場テストの利用価値パート1】
①東京都内で行われ偏差値の出る試験のため、受験生自身の学力状況・推定順位を正確に把握できる。
②「Wもぎ・Vもぎ」とも「都立入試そっくり」を中心に、名前通り「都立一般入試」の問題形式・出題傾向・

 難易度に類似し、「都立一般入試」の疑似体験ができる(ただし試験スケジュールは異なる)
③中学校内の「確認テスト」や塾内での「実力判定テスト」とは異なり、他校の受験生と机を並べ、

 入試本番の雰囲気を体験できる。
④会場が近隣の私立高校中心に設営されるため、高校内の様子をある程度うかがい知ることができる。
⑤その結果(偏差値)は私立高校との推薦や優遇を獲得する上で入試相談に使える場合もあり、

 入試結果に大きく影響する。


といった価値があります。これらを知っておいた上で受験をするだけでもずいぶんお得です。
しかし利用価値はそれだけではありません。ポイントを絞って簡単にお話したいと思います。

 

【会場テストの利用価値パート2】
①判定だけではない、どこが定着していないかを洗い出してくれるもの
テストの帳票が返却されると、たいていの人は判定だけを見て一喜一憂します。確かにしたくなります。しかし結果はくつがえせませんので、ここでは「今回は良かった」or「悪かった」などより、どの科目のどの単元ができていなかったのかを確認しましょう。


②「できた!」と「合ってた!」とは全くの別もの。
文字通りで「できた」=『いつ出題されても大丈夫』、「合ってた」=『たまたま正解。ラッキー!』です。それを分類するためにも、会場テストを受ける際、自信のなかった問題には△印などを付けておくと復習の時に役に立ちます。


③復習は会場テストの結果が返却される前までに終わらせよう
テストが終わると解答が返却されます。通常帳票が返却されるまでに5~6日かかりますが、復習はその間に済ませてしまうことをおすすめします。「分からないもの」をその意識があるうちに「分かるもの」にすることが重要です。


④復習=解き直し?
ここが一番大変で大切です。もらった解答を見て間違いを見つけたら、まず解説をじっくり読むこと。もしくは教科書や参考書でしっかり調べること。自分の間違いを正面から受け止め、何をどう間違えたのか確認・納得することです(もちろん上の②番で付けた△印の箇所も)。それをせず再度挑戦しても意味がありません。また模範解答はあくまで模範です。納得後、数学なら必ず自分の手で解き直しをすること。それをしなければ数学は伸びません。その他、理科・社会の用語や英語の単語など暗記すべきことはその場で覚えることが大事です。腰を据えて繰り返していきましょう。
 

都立入試まで約5ヶ月!時間を大切にがんばりましょう!


【小学部】【高校部】

※機関誌「バーガー」「ハイスクールタイムズ」に、ためになる記事が
多数掲載されております。今月はそちらをどうぞご一読ください。

2016年

9月

07日

燃えよ!中3夏の勉強合宿

続きを読む

2016年

8月

27日

青色

 8月末の空。気温も湿度もまだまだ高く、夏には違いないのですが、空の青色は何となく少し薄くなってきたと感じる頃です。「秋が来るのか」とホッとするような、寂しいような。

 

 今日は夏期イベントの最終日です。
 イベントの一つ「検定にチャレンジ」では、10月に教室で実施する検定本番に向け、多くの生徒たちが力試しをしました。参加者の一人、小学生のTくん。夏休み前の面談で「この夏は漢検の勉強をやってみよう!」と提案した時、100パーセント悲しそうな顔で渋りました。しかし、お母さんの説得もあって泣く泣く勉強をスタート。そして今日のテストでは、なんと141点。合格!勉強を始める前は、50点そこそこの点数でしたから、すごい成長です。やってよかった!

 

 夏期講習中は、それこそ教室にこもりっきり。日中に外にいることはほとんどありません。だから、たまに外に出ると、分かっているはずなのにその暑さに驚かされます。そして、あの子もこの子も、この暑さの中、毎日通ってくれていたんだなとしみじみ思うのも、決まって毎年この頃。暑さの中、あれだけがんばったのだから、必ずその努力は報われるはずです。検定で、定期テストで、会場テストで、それぞれの努力の成果が現れるのを心待ちにしています。

 

そして、いよいよ夏期講習も終わりです。ホッとするような・・でもやっぱり、寂しいような。


東大和教室  松本

2016年

8月

24日

「信長公記」を読む

 「信長公記」という史料があります。これは織田信長の家来で信長よりも7歳年長であった太田牛一が信長の死後18年くらいたった慶長のころ、要するに関ヶ原の合戦のころ著した信長公の伝記です。ただ長い間に書きためていたメモ的記述を集大成したものと考えられています。当時の書簡類などの史料とも符合する事実も多く、とにかく身近で直接言動を目撃した同時代者の記録ですから信長に関する第一級の史料です。


 信長に関する歴史物語はほとんどがこの「信長公記」の記述が基本資料になっています。今回、通読してみました。桶狭間から石山本願寺との戦いや武田攻め、本能寺の変まで信長の歴史は知っていることが多いので読みやすいわけです。


 長島や越前の一向一揆における殲滅戦や比叡山延暦寺の焼き討ちにみられるように織田信長というと残虐な戦国大名というイメージがありますが、そういう単純なものではないという印象です。一方、信長を政治的革新者としてやたらと持ち上げる傾向もありますが、これも「信長公記」の実像を冷静にみる必要があると思われます。


 信長は、自分に敵対する勢力に激しい敵愾心を持ちます。また、宗教を笠に着て私欲を貪る輩が大嫌いです。ただ、宗教そのものの社会的な意味は理解していたと思われます。合理的で現実的で下々の実情もかなり分かっています。ですから部下の武将には懇切丁寧な指示を出します。自己流ではありますが正義感は強く、行動に陰ひなたのある家来には厳しく対応します。


 こんなエピソードが出ています。近江の国の石馬寺に無辺という旅の僧が逗留しており、不思議な霊験を示すために町の評判になり、昼も夜も相応の謝礼を持参した男女が群れ集まっていた。これを聞き及んだ信長は一度面会がしたいということになり、石馬寺の僧に連れられ安土に出頭して引見を受けた。無辺は信長に客僧の生国はどこかと聞かれると、「無辺(無限の世界)でございます」。唐人か天竺人か問うと「ただの修行者でございます」。信長は人間は地上でしか生まれないから、それ以外で生まれたということは妖怪かもしれないから火で炙ってみようと言い、火の用意をするよう命じた。これを聞いた無辺はさすがに「出羽の羽黒山でございますと」応えた。結局、仏教をだしにして私欲を遂げる不道徳な僧であったわけである。信長は続いて、それでは霊験をみせてほしいと畳みかけたが、一向に現れなかった。信長は、山中に住む下賎のものにも劣る輩と断じて罰を与え追放した。その後、無辺の別の罪業が明らかになったため、先々こうした輩が出てこないためにと領国各地に命令を下し、無辺を捕らえさせ糾明し処刑した。


 他に京に住み和泉の堺で人身売買をしていた女を成敗した話。美濃と近江の境の山中で乞食をしていた者を周辺の村人全員に命じて、信長自身が木綿20反を原資として下賜して力を合わせて給養することを要請した話などもあります。


 合戦や政治交渉の話よりも、こうした歴史の表に出てこないエピソードに信長の人間の本質的な一面を見ることが出来ます。そうした意味で面白い著作です。

【塾長コラム】

2016年

8月

17日

入試インフォメーション2016年9月号

【中学部】平成28年度都立入試平均点から浮かび上がること
 6月下旬に、東京都教育委員会から『平成28年度都立高校入試に関する調査報告』が発表されました。まず、結果としましては前年度入試と比較して5教科総合平均点が-7.4点。これだけ見ると少し難しくなったと言えますが、平成27年度入試が易しく、平均点が高かったことを考えますと従来のパターンに戻りつつある、とも考えられます。しかし平均点が下がった数学・英語・理科のうち、-8.8点であった理科が気になるところです。
 下の得点分布を見てもわかりますように、階級のピークが36点~39点(!)(昨年度は60点~63点)となっています。これ自体は出題に問題点があるとも考えられますが、逆に言えば「理科」は他の受験生と差をつけやすい科目と考えることもできると思います。

続きを読む

2016年

8月

11日

 海に行って、ビーチで最高の時を過ごす……。

 

 万人の夢ですね。

続きを読む

2016年

8月

03日

博物館めぐりの一日

こんにちは。清瀬教室の徳山です。今回は、一日でたくさんの美術に触れることが出来た休日のお話を。


先日上野にある東京国立博物館の平成館で【古代ギリシャ 時空を超えた旅】を見学しました。
ギリシャの彫刻、フレスコ画、金属製品などが多数展示。新石器時代からヘレニズム時代までの各時代、アテネ、マケドニアなど、ギリシャ各地に花開いた美術品が多数展示。かつてない大規模なギリシャ美術展です。高校生の頃はあまり世界史に興味が無かったのですが(すみません…)、紀元前2000年の(今から4000年以上前!)人形や土器などが発掘されていて、その歴史の長さと壮大さにビックリしました。


その後、同じく国立博物館の本館で日本美術の歴史を見学。
ここの本館は本当に広くて、縄文時代から江戸時代までの美術品が多数展示されています。
見学はおそらく1日では足りないでしょう。驚いたのが、外国人観光客の多いこと、多いこと。世界各国から来ているようでした。でもよく考えてみると日本の歴史や工芸品・美術品をきちんと見学でき、また解説も充実しているので、とても良く日本の歴史が分かりますよね。夏でもとても涼しいですし、オススメです。
更にそのあとは国立博物館から徒歩5分ほどの所にある黒田記念館に行きました。
ここは洋画家黒田清輝(1866-1924)の遺言により、その遺産によって建てられました。黒田清輝の画業の初期から晩年までを一覧できるような展示もありオススメです。


上野にある国立西洋美術館は先日世界文化遺産にも決定し、ますます博物館・美術館めぐりをする人も多くなるのではないでしょうか。遊園地やプール、ゲームも楽しいけれど、美術をめぐる一日はいかがでしょうか。

2016年

7月

20日

科学的に考える習慣

 今から17年ほど前に「所沢ダイオキシン騒動」というものがありました。十年一昔といいますから、二昔も前という感じですか。生徒さんの多くは生まれる前ですね。


「ニュースステーション」という報道番組が所沢周辺の葉物野菜のダイオキシン濃度が全国的なデータをかなり上回るという報道を流したため、所沢周辺の野菜の価格が暴落しました。報道では多くの産廃業者が農地近隣でゴミの焼却をしており、それがダイオキシンを発生させている原因ではないかという疑惑が提示されていました。それに対して、JA所沢の376名の組合員がテレビ朝日を相手取り損害賠償の民事訴訟を提訴しました。結果は5年後、東京地裁でテレビ局側の和解金支払いで和解が成立しました。


 この問題には、当初の報道の正確さや科学的根拠、報道規制と報道のあり方、環境問題と多量のゴミを出す市民の生活スタイルの問題などいろいろ大事なテーマが伏在していました。しかし、ここではそれはさておき、ダイオキシン自体について少し考えてみます。


 こうした問題が起こると、客観的な事実を科学的に検証することなく、やたらと騒ぎ立てるのがマスコミで、一部の市民にもそういう人がいます。今回の原発騒動でもいろいろありました。中高生はダイオキシンがどういう物質か調べてみるといいでしょう。


 手元に池田清彦氏の「環境問題のウソ」という本があります。この中にダイオキシンについてふれている箇所があり勉強になります。いろいろな論点がありますが、統計学的な基礎知識と科学的な単位の基礎知識がないとすぐ騙されてしまうこともよくわかります。


 ダイオキシンは猛毒ですが微量ならばまったく問題はないわけです。われわれは1回の呼吸毎に1億個のダイオキシンを吸っているそうだがこれなどはまったく問題外の微量です。これも化学の基礎知識がないと理解しがたいわけですね。「所沢ダイオキシン騒動」でホウレンソウの高濃度と騒いだダイオキシン濃度は0.75ピコg/g。ピコgは1gの1兆分の1です。これほど極小単位を計測する機器があることに驚きますが。


 半致死量という数値があります。動物が体重kgあたりどれくらい摂取したら二匹に一匹が死ぬかの量です。これを人間に当てはめるとダイオキシンに最も弱いモルモットの半致死量に達するには40トンのホウレンソウを食べなければならいとなります。そもそも人体自体のダイオキシン平均濃度が4~6ピコg/gということですから、食べるホウレンソウよりそもそも我々の肉体の方が高い濃度なわけです。


 我々の身体に入ってきているダイオキシンが何に由来するかは、十分な科学的検証を受けていません。しかし、1975年から2000年までの間。ゴミ焼却によるダイオキシン発生量が3倍ほど増加しているのに、日本人のダイオキシン一日当たり摂取量は1/3ほどになっています。(環境省、厚生省調査)つまり半減以上減っている。ゴミ焼却はあまり関係ないわけですね。実は、それは農薬が起源になっていることがほぼ証明されています。規制があまりかかっていない1960年代に日本で大量に撒かれた農薬に含まれていたダイオキシンの総量はベトナム戦争で撒かれた枯れ葉剤のダイオキシン総量の倍はあるそうです。


 放射能もダイオキシンも危険性が大きいわけですが、科学的に冷静に考えて効果的な対応策を考える努力は大切ですね。理科や化学の勉強は現代においては、だから実は、滅茶苦茶大切なのです。

 

【塾長コラム】

2016年

7月

13日

入試インフォメーション2016年8月号

【中学部】必見!夏休みの注意点(学年別)
 もうすぐ夏休み。部活に遊びに…と予定もギッシリな人も多いと思います。よく学びよく遊べという言葉もあるように、部活や遊びだけに偏ってはいけませんね。ある調査では、夏休みに普段通り(学校があるときと同じように)生活をした人とそうでなかった人とでは、普段と異なる過ごし方をした人の方が2学期の成績が伸び悩んでしまったという結果があります。約40日間もありますから、規則正しい生活を心がけ、きちんと計画を立てて過ごすようにしましょう。計画倒れになってしまう人も、塾の講習をうまく活用して生活リズムを保つようにしましょう。また、学校の宿題も早めに終わらせ、ワーク類を繰り返し解いたり塾の講習で演習したりと、問題に触れる回数を増やすよう心がけましょう。

 

【中学3年生】
 入試問題の60%は中学1~2年生の範囲から出題されますので、不安な単元はしっかり克服しておく必要があります。もちろん、中3で習った範囲やこれから習う範囲も入試には出題されますから、中3の単元の復習(できれば少し予習)もしっかりしていきましょう。
 学校の授業が進まないこの夏こそ復習のチャンスですね。夏期講習では苦手分野を中心に取り組むようにしましょう。また塾だけで満足せず、家庭学習の時間もしっかり確保しましょう

 

【中学2年生】
 部活に学校行事にとある意味一番大変な学年かもしれませんね。しかし、それだけに偏るわけにもいきません。2の付く学年・学期はとても大切な時期です。勉強への苦手意識が強い人にとって、それを挽回できる数少ないチャンスです。
 ただ、嫌いではないけどなぜか成績が上がらない、前より勉強しているのに思ったほど上がらない…という人は、中学1年生の内容で不安な単元はなかったでしょうか。実は…を思い当たる人は、必ずこの夏、講習を通して復習をしておきましょう。余裕のある人は2学期以降の予習をして、秋からのスタートダッシュを図りましょう

 

【中学1年生】
 中学に入り4か月ほど経ち、中学校生活にも慣れてきましたでしょうか。小学生の時とは違い授業の進度の速さ量の多さに戸惑ったり苦労したりしている人も少なくないと思います。
 ただ、中学1年生の夏休みは、今後の成績を大きく左右する大切な時期1学期の復習~2学期の予習をしっかり行うことで余裕をもって2学期を臨むことができると思います。
 特に英語と数学は、今後得意・不得意に大きく分かれる単元ですので、必ず復習をしておきましょう(夏休み前の定期テストが悪かった人は絶対に!)。
 もちろん、理科・社会・国語も苦手な部分があっては夏休み明けからの勉強に大きく影響してしまいますので、定期的に復習しておいてください。
                    

【高校部】再確認・大学入試制度(推薦)について
 高校生のみなさん、新しい学年にはもうなじんできましたでしょうか。特に新高1のみなさんは、新しい環境の中、自分の高校生生活のペースをつかみ始めた頃だと思います。進路のことも、やっと落ち着いて考えられるようになった人もいると思いますので、今月は、大学入試制度について改めて確認したいと思います。中でも「推薦入試」について取り上げます。
 推薦入試は国公立大学・私立大学共に実施しています。推薦入試で大学へ入学した人は、国公立大学では15%私立大学では40%となっています。推薦の定義は「出身学長の推薦に基づき、原則として学力検査を免除し、調査書を主な資料として判定する入試」。また、「調査書の評定平均値○以上」といった出願条件も設定されているので誰でも受験できるわけではありません。また、一般入試とは違い専願の入試になります(近年併願も増えてきつつあります)。

 

【国公立大の推薦入試】
 私立大学に比べて募集人員が少なく基準も厳しくなっています。また、センター試験を課す場合・課さない場合の2パターンあるので受験する人は注意しましょう。また、ベスト個別指導塾から合格者も出ましたが、2016年度入試から東京大学で推薦入試が導入されました。一般入試だけでは判断できないような潜在的な能力を持った学生を受け入れることが目的です。このように思考力・判断力・表現力などを問う入試へと年々変わってきています。

 

【私立大学の推薦入試】
 私立大学の出願は国公立大学ほど厳しくありません。中には成績基準を設けない大学もあります。とくに、中部や関西の学校に多い傾向です。学校によって様々な選抜方法があるので受験する学校の選抜方法はよく確認しておきましょう。

 

【一芸入試】
 学力とは関係なく、学問への意識・受験者の特技を合否の判定手段として用いる「一芸入試」を採用している私立大学を数校紹介します。
 亜細亜大学は特殊な技能を持った人の一芸入試を重視する伝統があるので、何か自己PRできるような特技・実績を持っていれば合格する可能性あります。実際、多くの芸能人の方などが入学しています。また、芸能人だけでなく「けん玉日本一」「一輪車日本一」になった受験生を合格させた事例もあります。 
 九州国際大学は亜細亜大学のような一芸ではなく、実用的な資格を持った受験生(英検準2級・簿記検定3級など)および部活動で県大会入賞レベルの実績を持っている人を対象にした入試を行っています。しかし、公的な資格でなくても一度入試広報課に尋ねると認められるケースがあるとのことです。少子化が学生募集に大きく影響し、学生確保に躍起になる私立大学の姿が垣間見えます。
 このように推薦受験は様々な方法があります。適切な選抜方法で大学受験ができるよう、正確な情報を揃えておきたいですね。

 

【小学部】※機関誌「バーガー」に、ためになる記事が多数掲載されております。
      今月は「バーガー」をどうぞご一読ください。

2016年

7月

06日

梅雨まっただ中

夜中3時、雨の中帰宅。お腹がすいた。
米はある。おかずは・・・・・・。
あった。納豆が1パック。

 

しかし最近、納豆を食べた覚えはない。
はたしてこの納豆、いつのものなのか?
恐る恐る賞味期限を見る。
2016年6月17日。今日は7月2日。約2週間の超過。

 

賞味期限からの超過は、その絶対的な日数ではなく、
賞味期間に対する比率が問題だ。
例えるなら「2時間以内にお召し上がりください」
という寿司を2週間後に食べるのは自殺行為だが、
賞味期間2年の缶詰が、2週間超過したところで、
何の問題もないわけだ。

 

だが、残された1パックの納豆には、そこまでの情報はなく、
ただ6月17日という賞味期限が残されているだけだった。

 

賞味期限とは、あくまで味を保証する期限だ。衛生的にはもう少しいけるはず。
と考え、とりあえず、観察してみることに。
 
まず外観。
確実に腐っているが、それは仕方ないか。
にしても、なんだか色が濃い気がする。
次ににおい。
うん、納豆のにおい。それ以上でも以下でもない。
なんだかいけそうな気がする。

 

よく見てみる。やはり色が濃い。
念のため、殺菌効果が強いと言われるショウガを加えてみる。

 

混ぜてみる。なんだかねばり気が強い。
念のため、殺菌効果が強いと言われる梅干しを加えてみる。

 

結果として、なにやらおいしそうな納豆ができあがった。
実際に食べてみると、うん、おいしい。

 

とりあえずお腹こわしたら更新しよう。

 

立川教室 小林

0 コメント

2016年

6月

29日

1学期の反省を活かそう

こんにちは。府中本町教室の重村です。
暦の上ではもうすぐ小暑(7月7日頃)です。漢字の通りで暑さが増してくる時期ですので、みなさん体調管理には十分気を付けてくださいね。
高校生はちょうどテスト期間で頑張っていると思います。
また府中市内の中学校は期末テストも終わり、テストが返却されたところです。

 

さて今回は少し厳しいお話をしたいと思います。
 この返却時になると『友達も言ってたけど、問題が多くて時間が足りなかった』とか『わかっていたのにミスをしてしまった』という声を聞きます。この場合、まず平均点を必ず確認しておくことをおすすめします。
 もし平均点と同じ~平均点以下になってしまった場合、その言い訳は通用しません。周りの友達がどうであろうと“平均点”であることに変わりはありませんから、今回の結果をしっかり受け止め何がいけなかったのか、を必ず確認しておきましょう。
 また『わかっていたのに…』という場合も同じです。わかっていたのに解けなかったのはなぜか。そこをしっかり確認しておくようにしましょう。

 

 原因の多くは演習不足であることがほとんどです。塾の宿題を塾に来る直前にやっていたり忘れていたりしていては、身に付くはずの力も半減してしまいますよ。
 最近話題にもなっている1.01の法則。一日に0.01(ほんの少し)上乗せして頑張ると1年後には37倍に。

 逆に0.99の法則。つまり一日に0.01(ほんの少し)サボると1年後には0.03になってしまうという考えです。ちなみに40日後だと0.6と約半分近くになってしまいます。考え方は少し極端かもしれませんが、【ちりも積もれば山となる】ということに間違いはありませんね。

 

約40日間ある夏休み。よく遊びよく学べ!と言いますが…学習計画の方もきちんと立てて0.6にならないようにしてくださいね。自分一人ではなかなかできないという人は、ぜひ塾を活用して規則正しい生活と勉強を心がけましょう!

0 コメント

2016年

6月

22日

地球は暑くなっているの寒くなっているの?

 「地球温暖化」について最近あまり騒がなくなったと感じるのは気のせいだろうか。それどころか太陽活動が低下してマウンダー極小期(1645~1715年の太陽黒点の大減少期で世界的な寒冷期)のような寒冷期が訪れるという学説も出始めました。


 私は温暖化論がマックスの時も、二酸化炭素悪玉説は必ずしも科学的根拠が明確でないこと。そもそも最大の温暖化ガスは水蒸気であり、これがなくなれば地球は氷点下になってしまいます。基本的に地球の気温は太陽活動によって決まる。また、人類の歴史は寒冷な気候との戦いであったから、急激な温暖化による気候擾乱はリスクであるが、むしろ温暖化は歓迎すべきことであるという少数派の意見でした。

 

 歴史的にみると14世紀から19世紀半ばは世界的に平均気温が低かったことが分かっています。鎌倉時代終わりごろから幕末ごろまでです。そういえば、江戸時代には天候不順から飢饉がおこりました。個別的な原因をみれば、天明の大飢饉の場合はアイスランドのラキ山と浅間山の噴火が大きな原因と解釈されていますが、大状況的には太陽活動が不活発な比較的寒冷な時期であったわけです。それが19世紀後半から気温が徐々に上昇してくる。

 

 これを地質時代という大きな時間スケールでみると、実は地球の気温はかなりの振幅で変動してきていることがわかります。恐竜が活躍していた中生代はかなりの温暖期でした。一方、氷河時代どころか最近では地球全体が凍結していた時期があったのではという学説も出ています。新生代だけでなく、先カンブリア期以前からも氷河期的低温期が存在したことが分かっています。

 

 地球全球凍結論者によれば、世界各地での活発な火山活動による温暖化ガスとしての二酸化炭素の増大が凍結を脱出する温暖化の突破口になったという、二酸化炭素ありがとうというすじ書きです。

 

 南極の氷床コアの分析による数十万年単位の地球気温の研究もかなり進んでいます。また、堆積物コアの分析から数千万年単位の気温変化の推測も可能になっています。そうした研究からここ数万年単位の気温変化をみると1万2千年くらい前から寒冷期を脱して温暖化が進行します。

 

 縄文海進という歴史用語があります。世界的には後氷期海進ともいいますが、縄文時代の海面が現在よりも2,3メートル高かった現象をいいます。平均気温が現代よりも高く高緯度の氷床が大量に溶けた結果であると説明されています。いまから8千年~6千年くらい前にかなりの温暖期があったことが分かります。

 

 確かに地球大気の温度にとって、二酸化炭素濃度も大切な要因ですが、太陽活動や銀河系内を猛烈なスピードで運動している太陽系近傍の宇宙空間の状態も重大な決定要因なのです。

 

 こうして何億年の昔から、地球大気は暑くなったり寒くなったりしています。寒冷化する気候が人類に本格的な農業生産を促す背景にあったのではという推理もありますが、しかし、人類にとっては寒冷化が主要な危険であったことは今も昔も変わりません。

【塾長コラム】

0 コメント

2016年

6月

15日

入試インフォメーション2016年7月号

【中学部】学校説明会・学園祭・文化祭に参加しよう!
 中学3年生は「受験案内」(冊子)を使ってあれやこれや迷いながらも志望校を絞り始めている頃かと思います。またホームページを使っていろいろ調べている人も多いと思います。ただ、3年間通う場所(環境)になりますから 実際に見たり直接話をしたりしてじっくり決めてもらいたいと思います。
 今回はこれから始まってくる『説明会』や『学園祭』などについて簡単にお話ししていきたいと思います。
 説明会の種類は大きく分けて学校説明会合同説明会の2つになります。
 前者は直接その学校に足を運んで話を聞くものです。後者はどこかの会場に複数の学校が集まってブースに分かれて話が聞けるものです。志望校が漠然としている場合は、合同説明会に参加して一気に情報収集してみても良いかもしれません。
 ある程度絞られてきたら、必ずその学校に直接足を運んでおくことが大切です。そのためにも「見学会」や「説明会」、「学園祭」に積極的に参加することをおすすめします。授業や行事の先輩方の雰囲気、自宅からの距離や学校の設備など、パンフレットやホームページ上だけではわからないことがチェックできると思います。
 見学の際は漫然としてしまわないよう、またその後日に比較しやすくなるよう、チェック項目を決めておくことをおすすめします。見学後はその日のうちに得た情報をまとめておくと良いと思います。
 また夏に入ってから予定を立てていたのでは、夏期講習や会場テスト、定期テストや各種検定などでドタバタしがちです。今からいつどの学校の何に参加するのか、予定を立てておくと良いと思います。中学1~2年生の方も「まだ来年(再来年)だし…」と言わず、この機会にぜひいろいろ見学してみてください。多くの学校を知ることで受験に対しての意識も高まりますし、ゆくゆく慌てることも少なくなると思います。
ベストの各教室にも下の表のような学校行事予定表という一覧がありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。まとまった冊子がありますので先生に聞いてみてくださいね!

 

(表)学校行事予定表の一例(抜粋)

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

09日

定期テスト

じめじめとした天気が続いていますね。天気が悪いとそれに比例して元気もなくなりますよね。

そんなときは、お腹から声を出して笑顔で挨拶!自分も元気になるし、周りの人たちもつられて

元気にできる…かもしれないですよ。

 

さて、東村山第二中、第五中は今日と明日、第四中は6/22・23に前期中間テストがあります。

先週からみなさんベストに自習に来て頑張っている姿を見ることができました。

とても喜ばしいことですが、

「プリントを忘れたから見せて!」、「教科書貸して~」と友人にお願いする姿も見られました。

これは学習している生徒さんの足をひっぱる行為なのでやめましょう。
・試験日程を確認する
・勉強する科目の日程や時間を決める
・試験範囲を見る
・勉強に必要な資料を用意する
のように、自己管理をしっかりするようにして下さい。

そうすることで、勉強以外の面でもきっと成長できますよ。

 

6月末から7月は3学期制の学校が期末テストですね。
追加授業やイベントをうまく活用して、中間テストより良い点数がとれるように頑張りましょう。

スタッフ一同皆さんをしっかりとサポートします。

 

イベントの予定はこちらから確認することができます。

東村山教室

江藤

 

 

0 コメント

2016年

6月

01日

目指せ満点!確認トレーニング

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

25日

バイオミメティクス(biomimetics)

 バイオミメティクス(biomimetics)という言葉が広がってかなり時が経ちました。
生物は数十万年、数百万年という長い期間、自然環境に適応して形態を変え機能を変えてきました。つまり無数の試行錯誤をしながら進化してきたわけです。ですから、現在生存している生物の形や働きは自然環境に高度に適応しています。そうした生物の形や機能を工学的に模倣しようというというのがバイオミメティクス(biomimetics)です。つまり、技術開発のヒントとして生物から学ぼうということです。


 これは実は半世紀以上前から活用されている技術ですが、最近、広範囲に自覚的に研究が進んでいます。オナモミのイガイガからマジックテープが考案されたのは1950年代です。


 蓮の葉の表面のミクロ単位の形状から撥水性のヒントを得て、塗料の開発に利用されています。蛾の目は光をあまり反射しません。だから敵から見つかりにくいのですが、その目の構造からパソコンや携帯電話の映り込みを防ぐ機能。表示画面の反射防止フィルムの開発が進みました。また、カタツムリの殻がいつも清潔に保たれている理由を研究したところ、水の薄い膜が油汚れをはじいていることが解りました。これはタイルの製法に活用されています。新幹線のパンタグラフもフクロウの羽根の形状を参考にしています。痛くない注射針も蚊の針をまねて、針の先を波打たせるることにより実現しています。オリンピックの水泳競技の記録タイム単短縮にサメ肌リブレット構造の競泳水着の果たした役割は記憶に新しいところです。


 生物の何億年もの進化の成果はすごいわけです。最近こうした技術が発展してきた背景には、電子顕微鏡の性能向上によるナノテクノロジー発展。それによって生物の微細構造と機能が明らかになってきたことがあります。その結果、生物模倣の素材の開発が進んできたわけです。


 しかし、最近は単に材料の開発というハード面だけでなく、ソフト面のバイオミメティクス(biomimetics)も進んでいます。生物の情報処理や制御のシステムから学ぶことは潜在的に大きいといえます。たとえば、魚群の泳ぎのパターンを模倣したぶつからないロボットカーの開発などです。未来社会において、自動車が自動運転となっていく端緒となる研究ですね。


 バイオミメティクス(biomimetics)は素材、機械、環境、エネルギー、交通システムなど多様な分野で研究が進んでいます。また、医学の分野でも期待が高まっています。まさに生物から学ぶ未来のテクノロジーです。今後、実用面だけでなく生物学的な面でも、生物の驚くべき機能が明らかにされていくと思います。この点でも実に興味深いですね。

【塾長コラム】

0 コメント

2016年

5月

18日

入試インフォメーション2016年6月号

【中学部】高校入試までのスケジュール
 都立高校入試までおよそ9ヶ月です。まだ先のことと思っている生徒さんもいるかと思いますが、この9ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。後で「志望校についてよく調べておけばよかった」「こんな入試制度知らなかった」などとならないようにしっかりと準備しておきましょう。今回は入試までのスケジュールについてまとめました。事前に何をすべきかを把握し、自分にあった学校を受験できるようにしましょう。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

11日

高校入試ガイダンス

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

28日

目には青葉 山ほととぎす 初鰹

つい最近まで桜が満開だったのに、気付けばもうすぐゴールデンウィーク。

山口素堂(1642~1716)の句が似合う季節になってきました。

 

もう新しい学校やクラスには慣れましたか?

 

ところで、みなさんは「クイズ番組」を観たことがありますか?
「芸能人が漢字の書き取りをしているところを観ても、たいして面白くないじゃん」

とか思っている人もいるのではないでしょうか。
たしかに、「お笑い」という部分では、ストレス発散にはもってこいだと思います。

私自身、某クイズ番組で「俗に仙人が食べるとされているものは何でしょう?」という問題に対し、

「ビッグマック」という解答には腹を抱えて笑った記憶があります(ちなみに答えは「霞(かすみ)」)。

 

しかしながら、考えてみてください。
この問題、あなたは正解できますか?

 

ただの「お笑い番組」として観るだけでは、得るものは少ないと思います。自分も一緒になって考える、その答えが合っていても、間違っていても、何かしら得るものはあるのではないでしょうか。私は、クイズ番組はこうでないといけないと思っています。
ちょっとした小テストだと思って、クイズに挑んでみてはいかがでしょうか?


小川教室 小山

 

0 コメント

2016年

4月

14日

入試インフォメーション2016年5月号

【中学部】都立高校一般入試 合格率と不合格者数の推移
 4月号の入試インフォメーションに引き続き、都立高校入試についてです。今回は平成20年から平成28年度の都立高校入試の合格率と不合格者数についてまとめました。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

06日

新高1ガイダンス&おつかれさま会

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

28日

実験工作教室 大成功!!

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

16日

入試インフォメーション2016年4月号

【中学部】平成28年度 都立高校一般入試結果

 

3月2日に都立高校一般入試の合格発表が行われました。全日制の受験者数45,413人に対し、

合格者数32,026人で実質倍率は1.42倍、合格率は70.5%という大変厳しい競争率と合格率でした。
学科ごとの合格率を見ると、普通科男子68.7%、女子67.7%、専門学科81.6%、総合学科75.7%と、昨年に続き普通科の志望者には特に厳しい入試でした。表1は学科ごとの実質倍率の一覧です。

(カッコ内は平成27年度入試)


表1 平成28年度都立高校一般入試 実質倍率                                  

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

05日

新年度が始まりますね!

 3月2日に都立入試の結果発表が行われましたが、その裏で現中学1、2年生は学年末テストや後期期末テストがあったかと思います。結果はどうだったでしょうか?
一年間の締めくくりということもあり、ほかの時期の定期テスト以上に範囲が広かったり、○○点分はまとめ問題から出題されるなどして大変な思いをした人もいるかもしれません。

 

 府中本町教室でも先月行われた定期テスト対策勉強会や質問自習教室にたくさんの府中 三中 四中の生徒さんたちがきて真剣に勉強していました。
もしかすると、今年の高校や大学受験をする先輩たちの姿を見て感化される部分もあったのかもしれませんね。

 

 さて、新中3、高3生の皆さんはいよいよ受験の年になりますね。入試の問題は定期テストとは異なり、今まで学習してきた問題すべてが範囲となります。そして中3や高3で新しく学習する範囲もあるので、この一年は今までの復習と新しく学習する内容を平行して行わなくてはなりません。大変ですね。

 

 そんな受験生の皆さんを応援するべく、ベストでは各季節講習や入試突破単元別追加授業、各種イベント等でみなさんの受験勉強を強力バックアップします。
ぜひこの大切な一年間をベストの先生や仲間たちと一緒に頑張りましょう!

 

府中本町 永峯

0 コメント

2016年

2月

23日

最後まで全力で!!

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

17日

入試インフォメーション2016年3月号

【中学部】2016年4月、教科書が改訂されます
 2016年4月から中学生が使用する教科書が改訂されます。今回はどのように教科書が改訂されるのかについて簡単にまとめてみました。ちなみに今回は指導要領の改訂はされないため、「小改訂」とも呼ばれています。
 今回の改訂で特に注目する点は、全教科で「アクティブ・ラーニング」が強化されることです。「アクティブ・ラーニング」とは、例えば数学の解法をレポートし発表させたり、問題を生徒間で議論したり、「学び合い」を重視したものです。これはより総体的な学力を身につけることを目的としており、来る2020年からの大学入試希望者学力テスト開始に繋がる内容となるものと言えます。主だった変更点は以下の通りです。
【英語】
・4技能「読む」「書く」「聞く」「話す」がさらに重要視され、特に「読む」ことはウェイト増となり

 「音読」の必要性が増している内容となっています。
・ほとんどに自己評価をさせるページが付きます。これはEUで行われているCEFR(言語評価)の方法を、

 文部科学省が注目しているためと言われています。
【数学】
・先述のレポート提出や「ノートの取り方」や発展的学習に身近な問題が多く記載、

 ここでも「みんなで勉強しよう」というページが増量しています。
【理科/数学】
・過去に習った単元を、より系統的に紹介しています。例)「中1で習った方程式を使い・・・」
・さらに、将来習うことも載せています。例)「高校ではsin・cos・tanというものが出てきて・・・」
【社会】
・教科書がB版からAB版になります。ページ紙面が広くなるので、その分情報量が増加します。
「気候」と「需要・供給」がより詳しくなり、必修化傾向が増しました。
「防災」(前回の改訂時では東日本震災の内容は間に合わなかったそうです)「昭和の文化」

 そして昨今の社会情勢からか「領土」の項目が増えました。
【国語】
古典学習のページが充実化します。
・より身近な企画を「アクティブ・ラーニング」で扱っています。

 例)地域の食材を用い、コンビニで売ることができる弁当を企画させる
【その他】
・教科間の連結度が増し、他教科の学習内容を紹介しています。

 例)「理科で使う数学」「地形図から読みとる理科」など
 

【高校部】速報・大学入試センター試験
大学入試センター試験の中間集計発表
 1月20日に、大学入試センターから今年度のセンター試験の平均点が公表されました。以下の表に1月22日に発表されたセンター試験の中間報告による専門教科の主要14科
目の平均点についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

続きを読む 0 コメント

2018年

5月

16日

究極の読書・・「辞書読書」

昔から「究極の書物」と呼ばれている辞書を読むことは、「究極の読書」と言えよう。なぜなら、学問の大部分は「言葉」で成っているからである。最近は電子辞書でパパッと簡単に調べることが出来るが、ぜひ皆様にも辞書読書をお勧めしたい。


以下に効果的な辞書読書のポイントをあげる。

 

①自分より下の学年向けの辞書を読もう。
いきなり「広辞苑」などに手を出してはいけない。中学生なら、「小学生用辞書」が最適である。小学校のとき買った辞書が家にあるなら、それで十分である。

 

②知らない言葉に出会ったら声に出して3回読もう。
声に出すことにより、記憶に残りやすくなり、さらに日常の会話で自然に出やすくなるのである。

 

上記のポイントに従い読み終えた者は、全教科かなりの成績向上が期待できる。
「言葉を制するものは学問を制す」である。

 

ベストの広場5月号

ちょっと便利帳より

2018年

5月

02日

ホーキング博士逝く-宇宙の歴史

 先日宇宙論とブラックホール理論で世界をリードしてきたホーキング博士が亡くなりました。人類は大変惜しい頭脳を失いました。ALSという難病で長い間苦労してきましたが、その中でも数々の世界的業績をあげて物理学の発展に寄与しました。


 今回は、ホーキング博士にちなみ宇宙の歴史に関して少しふれたいと思います。宇宙開闢のビッグバンが起こって少したって、ようやく水素やヘリウムが電子を捕まえ原子として産まれてきます。この水素やヘリウムが分布密度のゆらぎのため重力によって集まり星雲が出来、その中で初期の恒星が発生します。恒星の内核では水素と水素が核融合反応を起こします。これが太陽を含む恒星のエネルギーの大元です。中心核の温度が上昇すると水素のつぎはヘリウムが融合を起こし炭素が出来、つぎには酸素という具合に反応が進みます。太陽よりかなり重い恒星の中では、この後も長い年月の内に反応が進み最終的に中心核に鉄が落下してきて反応が一段落します。鉄は凄く安定した原子なのです。


 そしてこの後、超新星爆発を起こし、それにより金や鉛などの鉄より重い元素がつくられます。原始太陽系の時代の地球には、すでに酸素、炭素は当然として鉄も金も鉛もウランもあったでしょうから、原始太陽系が出来る以前に宇宙では数え切れないほどの超新星爆発を経験しており、我々生物の肉体を含む、現在我々が地球上で活用している物質の原料は出そろっていたわけです。


 例えば、人間の血液中の赤血球にはヘモグロビンという鉄元素を含む物質があります。これがなくては人間は生きられませんが、これも太陽系が生まれる遙か昔にどこかの恒星の中で出来たものです。だから、われわれは星々の子供、スターチャイルドなんです。


 宇宙の長い歴史の中で核融合や超新星爆発によってつくられた元素を材料にして日々生きています。超新星爆発というのは、例えば半径5光年以内で起これば、周辺の生物は完璧に絶滅すると言われています。それほどすさまじいガンマー線バーストが周辺に降り注ぎます。


 原子力発電は不安定な元素、ウラン235が中性子を吸収して核分裂し大きなエネルギーを出し、その際自らも中性子を出すことを利用しています。普通、自然界にはウラン238がほとんどです。ウラン235は現在の地球ではウランの中の0.7%ほどしかありません。だから核燃料をつくるときにはこのウラン235を濃縮します。


 ところで、地球の内部が6千度というすごく高温であることはご存じでしたか。それはおもに、ウランやトリウムなどの放射性元素の崩壊熱が長い年月の間蓄積していることと原始地球が出来るときの数え切れないほどの微惑星の落下による位置エネルギーの熱エネルギー転換からくる熱が未だに冷め切っていないこと(実はこれがいちばん大きい熱エネルギー)であることが分かっています。


 原子炉は人間の発明であると考えられていましたが、実は今から62年前。アーカンソー大学助教授だった黒田和夫先生が地球物理学的洞察により、地球上では大昔、天然原子炉が存在した可能性があるという予想を発表しました。世界中だれも相手にしませんでした。しかし、それから16年後。フランス政府が、アフリカのガボンでウラン235の存在比や他の証拠から確かにここに天然原子炉が20億年ほど前に存在したと発表し世界中が仰天しました。黒田先生が正しかったのです。

ベストの広場5月号

塾長エッセイより

 

2018年

4月

25日

中3入試ガイダンス

先日4月21日(土)に、東村山サンパルネにおいて「中3入試ガイダンス」が行われました。
参加人数は過去最高の109名。
これだけの人数が集まると、途中集中力が切れて、ザワザワし出したりするものですが、やはり受験生の意識が高まってきているからでしょうか、そういうこともなく、緊張感あるガイダンスだったと思います。
内容は、主に都立・私立高校の受験の仕組みと、受験勉強のしかたの説明。そしてベストの先輩方へのインタビュー動画を観覧するというもの。
たかだか1時間半でしたが、密度の濃いガイダンスであったとも思います。

 

受験生のみなさん、当然ながら受験まで1年を切っています。
絶対に後悔することのないよう、この約10ヶ月、心して勉強に取り組んでいきましょう。
私たちベストのスタッフも、全力で応援していきます。

 

小平教室 高橋


2018年

4月

18日

記憶のメカニズム

勉強して覚えた情報は、脳内の「海馬」という部分に一時保管され、

その後「大脳皮質」に送られ、長期記憶となります。

 

ただし、すべての情報が「大脳皮質」に送られるわけではなく、

「海馬」が「この情報は重要だ」と認めたごく僅かの情報に限られます。

 

つまり、重要でないと判断された情報はどんどん捨てられていくのです。

(勉強終了後4時間で、半分も忘れてしまうとのこと。)

 

では、「重要な情報だ」と認めさせるにはどうしたらいいのでしょう?
それは「繰り返し覚える」ことです。

 

やはりそうきたかと思うでしょうが、最良の方法です。

「海馬」は繰り返し入ってくる情報を「重要な情報だ」と判断します。

 

3回、4回と繰り返し、約30日間覚え続けることにより、

晴れて「大脳皮質」へと到達するのです。
 
この最良の方法を「復習」と呼びます。

 

ベストの広場4月号

ちょっと便利帳より

2018年

4月

11日

一期一会

いよいよ新学期が始まりました(^^)
 
新しい学校に新しいクラス
初めて会う友達や先生
 
一言でいえば新たな出会いの時期です(^^)
 
よく、「この人に出会ってなかったら今の自分はきっといなかっただろう…」
なんてことを耳にしますが、人との出会いというのは、人生を大きく変える要素になります。
 
もしかしたら、何十年後かに振り返ったときに、「あのときの出会いが…」なんてことを考えてるかもしれません。
 
この時期の新たな出会いが、自分の、そして相手の人生の転機になるかもしれない。
私はちょっと人見知りだから…という方もちょっと勇気を出してみてください。

一期一会を大切にして過ごしていきましょう!
 
東大和教室  竹中

2017年

4月

13日

紹介キャンペーン

 ベスト個別指導塾では、お友だちやお知り合いを紹介してくれた方と、ご紹介を受けてご入会していただいた方それぞれに図書カードなどの景品を進呈させていただいております。

 

ただいま紹介キャンペーン期間中につき、景品をグレードアップしております!


 「ベストに入会してみたい」とお考えのお友だち・お知り合いの方がいらっしゃいましたら、

ぜひこの機会にご紹介をお願い致します。もちろん、ご兄弟姉妹の方も大歓迎です。

 

詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

ベスト個別指導塾

2017年

3月

08日

漫画から学ぶ人生

3月に入り、入試もひと段落しました。

 

見事志望校に合格されたみなさん、本当におめでとうございます!
ここで立ち止まらず、大きく飛躍していってください!

 

そして…
力及ばず残念な結果となったみなさんには、少年ジャンプを代表する2つのスポーツ漫画より、送りたい言葉があります。


~スラムダンクより~
『這い上がろう。「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる。』

 

~ハイキューより~
『今悔しいのは当然だからな。どんな勝負したって負けたら悔しいに決まってる。
極端に言ったら、大して練習マジメにやってない奴だって試合に負けたら悔しいんだよ。でもその悔しさ、3日で忘れる奴は弱いままだからな!』


1つ目は、優勝してあたりまえ、絶対王者と呼ばれた山王工業が、全国初出場の湘北高校にまさかの初戦敗退をし、そのとき監督の堂本が選手たちにかけた一言。

 

2つ目は、強豪でもなくいわゆる普通のチームの扇南高校が主人公たちにボロ負けし、試合後、観戦に来ていたOBの元キャプテンが悔しがる選手たちにかけた言葉。

 

スポーツ漫画のセリフですが、入試に対しても同じことがいえるのではないでしょうか。

 

志望校に合格できなかったからといってそこで人生が終わるわけではありません。
むしろこの悔しさを“忘れずに”胸に刻んでおけば、今回の“負け”は次の戦いにおいておおきな“財産”へとなるはずです。
みなさんはまだまだ若いです。いくらでもやり直しがききます。
ここで腐らずに頑張ってほしいと思います。

 

 

東大和教室  竹中

 

2017年

1月

18日

受験までのカウントダウンの落とし穴

さて受験生のみなさん、勉強は頑張っていますか?
受験まであと“○日!”と日々プレッシャーと闘っていることと思います…が、

実はカウントダウンには落とし穴があります。

 

例)受験まであと30日!
これだとまだあと1ヶ月、時間があるように聞こえますね。まぁ実際にあるのですが。
ただ、勉強時間という意味では全く別です。よぉく考えてみてください!

 

皆さんは1日に平均何時間勉強していますか? 6時間? 7時間?
仮に1日平均7時間だとしましょう。
30日×7時間=210時間です。
都立高校を受験するなら5教科勉強しなくてはなりません。
210時間÷5教科=42時間。。。もうおわかりですか?

 

受験まであと30日あっても、この場合1教科にかけられる時間は42時間しかありません。だからといって、

決して「食事は10分にしなさい」とか「睡眠時間を究極まで削りなさい」とか言いたいのではありません。

 

「時間を有効活用してください」ということです。
スキマ時間の使い方については過去のブログに書かせていただいているので、そちらを参考にしてみてください。

 

この時期、生徒さんにいつも言っている言葉があります。
『文句は後で(受験後に)いくらでも聞きます。だから塾と自分を信じて、今やれることをやって欲しい』と。
今からでも力は十分伸びます! だから全力で頑張ってみてください!

 

ここまでプレッシャーになることを書いておきながらこんなことを言うのも変ですが、体調を崩すほどの無理はしないようにしてください。インフルエンザやノロウィルス、風邪なども流行る時期です。“手洗いうがい・規則正しい生活”を心がけながら頑張ってください。

 

先生も全力で応援します!

府中本町教室

重村

2016年

12月

21日

「日本刀、刀装具に関連するものから生まれた言葉」

 先日、栃木の学習塾を見学した際に、宇都宮市の二荒山神社で刀剣保存協会栃木県支部主催の展示会がたまたま開催されており、顔を出してみました。そこで「日本刀、刀装具に関連するものから生まれた言葉」というパンフを配付していたので、何気なしに読んでみて、改めて刀剣関連の語句、慣用句が多いのに驚きました。


 「太刀打ちできない」「一刀両断」「伝家の宝刀」「真剣に」「反りが合わぬ」「しのぎを削る」「差し違える」「寸分たがわず」「元の鞘に納まる」「焼きを入れる」などなど80近い言葉がここにはあげられれています。

「太刀打ちできない」「真剣に」の意味はさすがに分かるでしょうが、「伝家の宝刀」は分かりますか?

「いざというとき以外はみだりに使用しないとっておきのもの」というほどの意味です。

「切り札」「最終兵器」というニュアンスかな。


 いろいろな言葉がありますが、なかには「そうなのか」これは刀剣、刀装具に由来する言葉なのかと改めて思う

語句もあります。たとえば「束の間」「とんちんかん」「切羽詰まる」「札付き」「地金が出る」「折り紙付き」

「相槌を打つ」「やりくり上手」「付け焼き刃」「焼きを入れる」「やりっぱなし」などなど。


  「とんちんかん」は、《刀剣づくりの師匠と弟子が打つ「トンテンカン」と聞こえる槌の音が調子が外れた時に「トンチンカン」と聞こえたところから起こった言葉で、物事が行き違い、前後すること。》とあります。そもそも「頓珍漢」は当て字のようです。間の抜けた言動をトンチンカンといいますね。


 「地金が出る」は普段は見えない本来の性質が表面に出るというような意味合いですね。いい意味でなく悪い面が出てくるという使用法ですね。《刀は柔らかい心鉄を硬い鉄でつつんで造ります。皮がねが研ぎ減って心がねが出た状態を地金が出るといい、表面を繕っていたものが剥げて元の醜いものが出てきたときに使います》とある。


 「やりっぱなし」は今では「遣りっ放し」などと書きますが、本来は「槍っ放し」からきているらしい。

《槍は突くよりもむしろ引く方に重きを置きます。ついたままの状態を槍っ放しといい、後始末をせずに中途半端な状態のこと。》
 
 生徒のみなさんも準備不足で「抜き差しならない」状況におちいってしまい、「急場凌ぎ」の勉強では試験問題に「太刀打ち出来ない」。その結果、問題に「一刀両断」されてしまった、なんてことにならないようにね。こういうのを「身から出た錆」といいます。「筋の良い人」は「付け焼き刃」の勉強でなく地道な努力をするから、試験問題も「兜を脱ぎます」。

【塾長コラム】

2016年

12月

08日

不合格の法則

12月に入り寒さも増していく今日この頃、いよいよ受験へ向けてラストスパートを掛ける時期となりました。
受験生のみなさん、これからが心身共に一番苦しい時期です。周りに流されず確固とした強い意志を持ち、

自信を持って受験に臨めるよう共にがんばっていきましょう。

 

ところで、最近よく考えることがあります。
それは、受験に不合格になってしまう生徒さんの多くには、いくつか共通する点があるのではないか

ということです。
今回はそれらを少しまとめてみました。

 

題して、「不合格の法則」です。

 

① 遅刻が多い
② 忘れ物が多い
③ 時間の管理ができない
④ 何かしらごまかす

 

①と②は、勉強時間の不足や勉強する環境に物理的に影響するのはもちろん、そういう生徒は、受験に対して気持ちが向かっていないことを示している証拠です。よって勉強の質が一向に高まらず、学力も身に付きにくい状態と言って良いでしょう。
③も大事。これができないということは、いわゆる「5W1H」(いつ・どこで・何を・誰が・なぜ・どのように)が管理されていないということ。勉強していてもムラができてしまい、するべき勉強をせず伸ばすべきところが伸びずという状況に陥りますからね。
④については改めてここで述べる必要はですよね。各自おのおの胸に手を当てて、自分・両親・先生に対してごまかしていることがないか、よーく振り返ってみてください。
まずは「これをやりなさい」と言われたことは、素直に、ごまかさず、真面目にやってみてください。もちろん、それが疑問に思うことなら質問してください。納得できないと素直になれませんからね。

 

実は昨年、遅刻と忘れ物の多かった中3生で、心入れ替えこの2つをなくすようにしたところ、それまでより模試の結果がグンと良くなった子がいましたよ。
受験生のみなさん、まだ間に合います。
上記の①~④に当てはまっているものがあるのなら、今すぐそれを改善してみてください。

 

小平教室 高橋

2016年

11月

30日

入試直前ガイダンス

今日は、中3受験生の「入試直前ガイダンス」当日でした。


期末テストが終わり、あとは合格へ一直線というこの時期、毎年恒例となった教室イベントです。


開始前は、緊張感が高まります。もちろん、大勢の生徒の前で話をするから、ではありません。受験生にとって、これから入試までに残された時間があまりにも重要だからです。ここで受験生のやる気を高めて、何をやるのかを明確にさせることがこのガイダンスの目的です。「上手く伝わるように」と思うと思わず緊張してしまうのです。


例年、1時間以上行うところを、今年は40分に縮小しました。盛りだくさんの話をするよりも、伝えたいことを端的に伝えるためです。


そして、本番。こうやって改めてひとり一人の顔を見ていると、それぞれの心の状態も何となく見えてくるように感じます。「あの子は、もうちょっと働きかけが必要かな」と思う生徒も中にはいますが、「よし。がんばろう!」という受験生の気持ちが、たくさん伝わってきました。


さて、今年度もいよいよ、この時がきました。受験生の不安な思いも共有しながら、それをともに乗り越えていく気持ちで応援します。


まずは、年内にどこまでできるかが重要。合格へとまっすぐ突き進もう!

 


東大和教室 松本

2016年

11月

16日

入試インフォメーション2016年12月号

【中学部】中2・中1生 秋から冬にかけてやっておきたいこと


中学2年生
【2学期・後期】-目標決定の時期-
 高校入試に向けて目安となる目標を大まかに決める時期です。まず都立高校第一志望なら理科・社会の勉強も定期テスト勉強だけにとどまっていてはいけないわけです。そして私立の難関校を目指す人は、この時期から英語・数学の厚みのある実力養成が必要です。そういう意味で大まかな高校受験の目標が決まると、勉強にも芯棒が入り計画を立てる基準となります。中2の2学期に大まかな目標ができそれをこなす生徒さんは、まず受験勉強を失敗しません。毎年受験生を指導していてよく感じることですが、中2の2学期から受験生としての自覚を持って勉強を始めた生徒さんと中3になってから始めた生徒さんの学力と意欲の差の大きさです。この意欲は、その日の気分(機嫌)や周りの環境に左右されることなく学習に取り組める原動力になります。憧れでも良いですから、高校や大学に対して何か目標を見つけられると良いと思います。

 

【冬休み】-苦手科目対策が重要課題-
 私立高校入試は3科目受験ですので、一つでも苦手教科があるとかなり不利になります。都立入試は5科目ですから1科目あたりの比重は下がりますが、苦手教科はないに超したことはありません。さらに中3の12月に出される内申までは、学校成績が重要になりますので、まんべんなく学習する必要がありますね。中2の冬休みは、中3を前に苦手科目対策に格好の時期です。ここでしっかり復習し自信をつけて苦手意識を払拭することは受験勉強の本格スタートにとってかなり重要です。冬期講習でしっかり復習をすることが大事です。

 

中学1年生
【2学期】-中学生式勉強スタイルの確立-
 中1の2学期の一番大きな課題は中学生としての勉強スタイルの確立です。つまり中学校にも慣れてくるこの時期は、各自自分なりの勉強スタイルを創り上げることがとても大事です。ここで身につけた勉強の仕方は中学3年間(それ以降も)の学習習慣や学習姿勢や成果に影響します。定期テスト準備で“一夜漬けしかしない人”と“2~3週間前から準備する人”の違いはこの時期から始まります。注意点を3つ挙げましょう。一つ目は、部活との両立をどうはかるか。二つ目は、定期テスト準備をどのように行うか。三つ目は、苦手単元の復習をいつ行うかです。
 この時期の復習は、実は中学3年間の勉強を左右するほどの意味があります。ここでいい加減な学習習慣を身につけるとなかなか成績はあがりません。そして同時に中1の2学期は科目ごとの勉強法も身につける時期です(勉強法については教室まで直接ご相談ください)。

 

【冬休み~3学期】-2学期の復習は凄く大事-
 中1の2学期は高校入試という観点から考えてみるとすごく重要です。例えば、数学では「文字式」「方程式」を学習します。文字式の計算は、中2の式の計算・中3の乗法公式や因数分解につながっています。方程式は、中2の連立方程式・中3の2次方程式の土台となる内容です。これだけでもかなり重要であることが分かりますよね。
 そのため、冬休みに英語・数学を中心に、1~2学期の学習内容で理解と定着が不十分なところをていねいに復習することは決定的に重要なのです。ベストの冬期講習を活用して先の学年につながる内容を中心にしっかり固めましょう。

 

【小学部】【高校部】

※機関誌「バーガー」「ハイスクールタイムズ」に、ためになる記事が
多数掲載されております。今月はそちらをどうぞご一読ください。

 

2016年

11月

09日

時事問題は意外と大事

すっかり寒くなりましたね。体調を崩される方も多いので、皆様もお気をつけください。

※イタリアではなく、イギリスです。


さて、先日、教室内でこんな話を生徒さんに質問されました。
「今度の試験に『時事問題』が出てくるんだけど、どんなネタがあるかな?」

 

教科書の内容も大事ですが、世の中で今起きている事柄からも出題されます。いろいろなものに興味を持たないとダメですね。

 

私だったら、こんな問題を出しますかね?秋頃の時事問題です。

 

問1:9月13日、レスリング女子でオリンピック4連覇の偉業を成し遂げた伊調馨選手が

       受賞した賞の名前は何でしょう?

 

問2:9月15日、民進党の党大会で代表を選ぶ選挙が行われましたが、そこで新代表に選ばれた

   政治家は誰でしょう?

 

問3:10月3日、東京工業大学の大隅良典氏が、

      「オートファジー(細胞内で不要な物質や有害物質を分解して健康を維持する現象 )」

       の研究で受賞したのは、ノーベル何賞でしょう?

 

問4:10月8日、36年ぶりの大きな噴火が発生した日本の火山はどこでしょう?

 

問5:東京の築地市場の老朽化などで市場を移転することが決まりましたが、土壌汚染問題、

        建物自体の問題、建設費の高騰など様々な問題が浮上し、移転が延期になりました。

        その移転先となる東京都江東区の地名は何でしょう?


時事問題は一般常識として会社の就職試験にも出されるので、今のうちから訓練しておくといいと思いますよ。もちろん、普段通りの勉強を優先しながらですよ♪


ちなみに答えは 

問1:国民栄誉賞 問2:蓮舫 問3:医学・生理学賞 問4:阿蘇山 問5:豊洲 

となっています。


小川教室 小山

2016年

9月

14日

入試インフォメーション2016年10月号

【中学部】会場テスト(Wもぎ・Vもぎ)を使いこなそう!

 

【会場テストの利用価値パート1】
①東京都内で行われ偏差値の出る試験のため、受験生自身の学力状況・推定順位を正確に把握できる。
②「Wもぎ・Vもぎ」とも「都立入試そっくり」を中心に、名前通り「都立一般入試」の問題形式・出題傾向・

 難易度に類似し、「都立一般入試」の疑似体験ができる(ただし試験スケジュールは異なる)
③中学校内の「確認テスト」や塾内での「実力判定テスト」とは異なり、他校の受験生と机を並べ、

 入試本番の雰囲気を体験できる。
④会場が近隣の私立高校中心に設営されるため、高校内の様子をある程度うかがい知ることができる。
⑤その結果(偏差値)は私立高校との推薦や優遇を獲得する上で入試相談に使える場合もあり、

 入試結果に大きく影響する。


といった価値があります。これらを知っておいた上で受験をするだけでもずいぶんお得です。
しかし利用価値はそれだけではありません。ポイントを絞って簡単にお話したいと思います。

 

【会場テストの利用価値パート2】
①判定だけではない、どこが定着していないかを洗い出してくれるもの
テストの帳票が返却されると、たいていの人は判定だけを見て一喜一憂します。確かにしたくなります。しかし結果はくつがえせませんので、ここでは「今回は良かった」or「悪かった」などより、どの科目のどの単元ができていなかったのかを確認しましょう。


②「できた!」と「合ってた!」とは全くの別もの。
文字通りで「できた」=『いつ出題されても大丈夫』、「合ってた」=『たまたま正解。ラッキー!』です。それを分類するためにも、会場テストを受ける際、自信のなかった問題には△印などを付けておくと復習の時に役に立ちます。


③復習は会場テストの結果が返却される前までに終わらせよう
テストが終わると解答が返却されます。通常帳票が返却されるまでに5~6日かかりますが、復習はその間に済ませてしまうことをおすすめします。「分からないもの」をその意識があるうちに「分かるもの」にすることが重要です。


④復習=解き直し?
ここが一番大変で大切です。もらった解答を見て間違いを見つけたら、まず解説をじっくり読むこと。もしくは教科書や参考書でしっかり調べること。自分の間違いを正面から受け止め、何をどう間違えたのか確認・納得することです(もちろん上の②番で付けた△印の箇所も)。それをせず再度挑戦しても意味がありません。また模範解答はあくまで模範です。納得後、数学なら必ず自分の手で解き直しをすること。それをしなければ数学は伸びません。その他、理科・社会の用語や英語の単語など暗記すべきことはその場で覚えることが大事です。腰を据えて繰り返していきましょう。
 

都立入試まで約5ヶ月!時間を大切にがんばりましょう!


【小学部】【高校部】

※機関誌「バーガー」「ハイスクールタイムズ」に、ためになる記事が
多数掲載されております。今月はそちらをどうぞご一読ください。

2016年

9月

07日

燃えよ!中3夏の勉強合宿

小平教室では、8月13日~14日に毎年恒例の「中3夏の勉強合宿」を行いました。
今年も会場は晴海グランドホテル、1泊2日の2日間です。

 

小平教室の近隣には、吹奏楽部が全国大会レベルの強豪校が2校あるのですが、夏休みがもっとも忙しい吹奏楽部の生徒さんを中心に、お休みであるお盆の時期に一気に勉強してしまおう、という趣旨で始めたのが3年前。今回で4回目です。
夏期講習を通常通りに受講している生徒さんたちも数多く参加し、今年は中3生の参加人数では過去最高に並ぶ18名で行われました。

 

とくに英語と数学では、「この2日間で必ずできるようにする」内容を事前に打ち合わせし、その個別プログラムに取り組んでもらう内容。
「数学では中3の内容を終わらせ、英語は長文を速読できるようにする」
「図形と整数の証明をカンペキにする」
「不定詞と動名詞の予習・復習をしたい」
などなど、夏期講習とは一味違う、具体的な目標達成型で勉強していくのがこの合宿の大きな特長です。
ちなみに国語は、都立第一志望の方は『200字作文』『選択問題の取り組み方』を集団指導で、グループ作成校・私立第一志望の方は個別指導でそのレベルの問題演習と解法のコツのレクチャーを行いました。

 

そして今回初めて行ったのが、「めざせ満点!都立一般入試漢字コンテスト」。
1日目に都立一般で過去20年分に出題された漢字の読み書き問題を題材に練習し、2日目の午後に一斉テストを行いその点数を競う、というイベントです。

 

せっかく競うんだから何も出ないのは面白くないでしょう?

 

図書カード¥2,000分などの1位から4位までの生徒さんには景品を出しました。
みんな目の色が変わり、超絶に集中していた気がしたのは気のせいでしょうか。
そして採点してみたところ、かなり高レベルな争いで差がつかず、最終的には、「止め」や「跳ね」までルーペを用い、かなり細かくチェックしなければなりませんでした。
結果、見事満点で1位をゲットしたKさん、おめでとう。

 

さて上の写真は授業と食事、そしてレクリエーションで行った花火のようすです。
とかく「勉強合宿」というと「勉強漬け」のイメージを持たれるかも知れませんが、合宿終盤とある生徒さんに感想を聞いたところ「もう1泊したい(※下記注)」とのこと。勉強時間とくつろげる時間のメリハリがあって、あっという間に時間が過ぎていったようです。


※まあ、来年考えますが、スタッフとしてはそれ結構しんどいです

 

最後に、似たようなことを毎年言っているのですが、今回合宿に参加したみなさんへ。

 

2日間本当にがんばりました。例年以上に集中して勉強ができたと思います。実際今までできていなかった問題ができるようになった生徒さんが多かったようで、本当に何よりです。
しかしこれだけは覚えておいてください。
あなた方は、言ってみれば2日間掛けて壮大な「一夜漬けの勉強」をしたに過ぎないのです。そして「一夜漬けの勉強」なんて、元来すぐに忘れやすいものなのです。
学力定着のためには反復練習が絶対に必要。
今回出された宿題を、必ず9/17(土)の提出日までに頼むからやって来てください。
今回の合宿が、本当に意味のあったものにするために。

 

小平教室の高橋でした。

2016年

6月

15日

入試インフォメーション2016年7月号

【中学部】学校説明会・学園祭・文化祭に参加しよう!
 中学3年生は「受験案内」(冊子)を使ってあれやこれや迷いながらも志望校を絞り始めている頃かと思います。またホームページを使っていろいろ調べている人も多いと思います。ただ、3年間通う場所(環境)になりますから 実際に見たり直接話をしたりしてじっくり決めてもらいたいと思います。
 今回はこれから始まってくる『説明会』や『学園祭』などについて簡単にお話ししていきたいと思います。
 説明会の種類は大きく分けて学校説明会合同説明会の2つになります。
 前者は直接その学校に足を運んで話を聞くものです。後者はどこかの会場に複数の学校が集まってブースに分かれて話が聞けるものです。志望校が漠然としている場合は、合同説明会に参加して一気に情報収集してみても良いかもしれません。
 ある程度絞られてきたら、必ずその学校に直接足を運んでおくことが大切です。そのためにも「見学会」や「説明会」、「学園祭」に積極的に参加することをおすすめします。授業や行事の先輩方の雰囲気、自宅からの距離や学校の設備など、パンフレットやホームページ上だけではわからないことがチェックできると思います。
 見学の際は漫然としてしまわないよう、またその後日に比較しやすくなるよう、チェック項目を決めておくことをおすすめします。見学後はその日のうちに得た情報をまとめておくと良いと思います。
 また夏に入ってから予定を立てていたのでは、夏期講習や会場テスト、定期テストや各種検定などでドタバタしがちです。今からいつどの学校の何に参加するのか、予定を立てておくと良いと思います。中学1~2年生の方も「まだ来年(再来年)だし…」と言わず、この機会にぜひいろいろ見学してみてください。多くの学校を知ることで受験に対しての意識も高まりますし、ゆくゆく慌てることも少なくなると思います。
ベストの各教室にも下の表のような学校行事予定表という一覧がありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。まとまった冊子がありますので先生に聞いてみてくださいね!

 

(表)学校行事予定表の一例(抜粋)

【小学部】都立中高一貫校のイベント2016

毎年高倍率の都立中高一貫校、今年の全10校の実質倍率の平均は6.03倍でした。依然として人気が高いことがわかりますね。そんな都立中高一貫校で行われる6月後半~8月のイベントを下にまとめてみました。


(近隣の学校をピックアップしています)

参加を希望される場合は、詳細をホームページでご確認ください。期限付きのものもありますのでご注意ください。

 

【高校部】※今月号の内容は「高校部壁新聞」として増量掲載しています。

0 コメント

2016年

6月

09日

定期テスト

じめじめとした天気が続いていますね。天気が悪いとそれに比例して元気もなくなりますよね。

そんなときは、お腹から声を出して笑顔で挨拶!自分も元気になるし、周りの人たちもつられて

元気にできる…かもしれないですよ。

 

さて、東村山第二中、第五中は今日と明日、第四中は6/22・23に前期中間テストがあります。

先週からみなさんベストに自習に来て頑張っている姿を見ることができました。

とても喜ばしいことですが、

「プリントを忘れたから見せて!」、「教科書貸して~」と友人にお願いする姿も見られました。

これは学習している生徒さんの足をひっぱる行為なのでやめましょう。
・試験日程を確認する
・勉強する科目の日程や時間を決める
・試験範囲を見る
・勉強に必要な資料を用意する
のように、自己管理をしっかりするようにして下さい。

そうすることで、勉強以外の面でもきっと成長できますよ。

 

6月末から7月は3学期制の学校が期末テストですね。
追加授業やイベントをうまく活用して、中間テストより良い点数がとれるように頑張りましょう。

スタッフ一同皆さんをしっかりとサポートします。

 

イベントの予定はこちらから確認することができます。

東村山教室

江藤

 

 

0 コメント

2016年

6月

01日

目指せ満点!確認トレーニング

ベスト個別指導塾では1:2の授業終了後、確認トレーニングの時間を設けています。
これは授業内容の定着を目的とした授業で、「確認テスト」→「類題演習」というのが基本的な内容です。

 

ところで今年度、小平教室では中3受験生の確認トレーニングの内容を一新しました。
毎回「計算力トレーニング(数学)」+「漢字読み書き演習(国語)」+「重要英単語演習(英語)」を行うことにしたのです(理科・社会と定期テスト前の授業をのぞく)。

 

もちろん、確認トレーニング本来の役割である「授業内容の定着のため」というのも言わずもがな大変重要です。
しかし近年の厳しい高校入試情勢のなか、早い時期からの「基礎学力の向上と定着」も、同様に重要だなと痛感しています。

 

いろいろ考えた末、断腸の思いですが後者に重点をおこうと決断。
受験直前になっても、“I・my・me・mine”(アイ・マイ・ミー・マイン)なんかがスラスラ言えなかったり簡単な正負の計算ができない受験生を、何とか1人でも減らしたいのです。

 

実際、都立高校入試で基礎学力を問われる問題の配点って、ものすごく高いんですよ。
例えば数学の大問1「基礎計算と作図」で、46点。
国語の大問1と2「漢字読み書き」で、20点。
3つの英作文で、単語に間違いがあると1文ごとで点数をもらえません(4×3=12点)。

 

ベストの中3受験生のみなさん。
来るべき都立高入試では、↑の点数満点を目指そうぜ。

 

小平の高橋でした。

0 コメント

2016年

5月

18日

入試インフォメーション2016年6月号

【中学部】高校入試までのスケジュール
 都立高校入試までおよそ9ヶ月です。まだ先のことと思っている生徒さんもいるかと思いますが、この9ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。後で「志望校についてよく調べておけばよかった」「こんな入試制度知らなかった」などとならないようにしっかりと準備しておきましょう。今回は入試までのスケジュールについてまとめました。事前に何をすべきかを把握し、自分にあった学校を受験できるようにしましょう。

【高校部】オープンキャンパスその前に!「おすすめ学園祭」
 前号でも最後に少しだけご紹介させていただきましたが、5月から6月になるといよいよ本格的に各大学でオープンキャンパスが開かれるようになっていきます。でもオープンキャンパスに行くのにも大学の雰囲気では足を運びにくい…そんなあなたに気軽に大学へ行けるイベント「学園祭」をいくつか紹介したいと思います。

 

【すずかけ祭(東京工業大学)】
 大きなイベントとして、東京工業大学すずかけ台キャンパスにある「すずかけホール」にて音楽サークルや管弦楽団によるコンサート、ジャグリングサークルによるパフォーマンスなどがあります。同日程でオープンキャンパスも行われているので、学園祭を楽しむと同時に進路についても考えるチャンスとなっています。特に予約は必要ですが、「女子高校生のための研究室ツアー in すずかけ祭2016」といった女性向けのイベントもあるようなので、行ってみると面白いと思います。

 

【KODAIRA祭(一橋大学)】
 一橋大学国立キャンパスで開催される学園祭です。新入生が主体となって参加している学園祭で、ステージ企画には「大学対抗クイズ王決定戦」や「ミスターフレッシュマンコンテスト」、「クラス対抗歌うま王決定戦」といった個性豊かな企画が楽しめます。また、受験生向けとして一橋大学・受験情報誌『黄本』の配布や受験生相談室、キャンパスツアーなども行われているため、高校生が行っても楽しむことができますよ。

 学園祭と同時に高校生向けのイベントは数多く用意されています。大学の雰囲気や今後の情報収集に、気になった学園祭に行ってみると、進路選択に役立つはずですので積極的に行ってみましょう。

 

【小学部】おすすめ社会科見学のご紹介
前回に引き続き、今回もオススメの見学スポットをご紹介します。新しい発見がきっとたくさんあるはずです。夏休みの自由研究などにいかがでしょうか。


【警視庁 本部見学】アクセス:桜田門駅すぐ・霞ヶ関駅より徒歩3分
 平日限定ですが、見学をすることができます。事前予約制&時間指定なので、前日までに予約が必要です。CGのピーポくんと一緒に、クイズやアンケートを交えて警視庁の活動や交通安全、非行防止、薬物乱用防止について学ぶ「ふれあいひろば警視庁教室」、今までの資料がたくさんの「警察参考室」、110番受理台や、カーロケーション情報を表示できる大型表示装置など、110番の様子が見学できる「通信指令センター」の3か所を見学できます。活動中のパトカーや交番の警察官などに110番の内容を無線指令の様子も見学可能。


【警視庁 交通管制センター見学】アクセス:御成門駅より徒歩2分
 こちらも上記の本部見学と同様、平日限定・事前予約制・時間指定ですが見学できます。交通管制センターとは、安全かつ快適で環境にやさしい交通社会の実現のため、道路交通に関する情報の収集・分析及びその提供を行うほか、交通渋滞解消のための信号機調整などを行っている施設です。縦5m×横25mの大スクリーンで、都内交通情報を網羅していて、圧巻です。警視庁本部と場所が異なるので注意が必要です。

 

【国会議事堂(参議院)見学】アクセス:永田町駅より徒歩3分・国会議事堂前駅より徒歩6分
 平日に見学可能です。個人での見学は当日受付可能。見学の際には、手荷物検査もあり注意が必要。午前9時から午後4時までの毎正時(0分ジャスト)より係の誘導により見学がスタートします。そのため55分までに受付を終了する必要があります。本会議が開かれる日は、開会予定時刻の1時間前から散会(終了)までの間は見学できません。また、特別な行事があるときなどには見学できないこともあります。国会議事堂内の本会議場傍聴席・休所・皇族室・中央広間・前庭を中心に見学できます。

0 コメント

2016年

5月

11日

高校入試ガイダンス

 

去る4月16日(土)、東村山駅前のサンパルネで中3入試ガイダンスを開催しました。


当日は席が足りなくなりそうなくらい、たくさんの生徒さんが参加しました。

ガイダンスの中では、今年度の受験生(現高1生)たちからのメッセージ動画を見る時間もあり、

たいへん興味深げに聞き入っている様子でした。

また、受験に向けての勉強法についても詳しい説明がされました。

すぐに取り入れられそうな具体的な勉強法を聞いて、

早速やる気になった人もたくさんいたようです。

 

参加した皆さん、その「やる気」は続いていますか?

やる気は持続させることがいちばん大切。

この時期は、努力次第でまだまだ可能性を広げることができます。

大きな希望を持って、日々前進してください!

 

さて、今月の21日(土)には、中1生、中2生対象の入試ガイダンスを予定しています。

中3生に比べれば、受験までまだ時間に余裕がありますが、

今から知っておけば得する話をたくさんしますから、必ず参加してください。

運営スタッフは、楽しく分かりやすいガイダンスにするために、

知恵を出し合い準備を進めています。

聞いてよかったと思えるような充実した内容を用意します。

乞うご期待!

東大和教室 松本

 

0 コメント

2016年

4月

14日

入試インフォメーション2016年5月号

【中学部】都立高校一般入試 合格率と不合格者数の推移
 4月号の入試インフォメーションに引き続き、都立高校入試についてです。今回は平成20年から平成28年度の都立高校入試の合格率と不合格者数についてまとめました。

 平成28年度入試では受験者45,413人、合格者は32,026人、不合格者は13,387人でした。実質倍率は1.42倍、合格率は70.5%です(10人中3人が不合格)。今春はこの数年でもっとも厳しかった入試だったと言え、特に不合格者数が1万人を超えることは完全に常態化したとも言えます。また、入試制度も変わりつつあり、今年の入試から実技4科の内申もいっそう重要となりました。志望校に合格するためには、定期試験の勉強はもちろん、学校での授業態度、提出物等にもしっかりと取り組むことが必要です。新中3生に限らず、中学1・2年生のみなさんも強く認識しておきましょう。

 

【高校部】早くに始める専攻分野選び
 いよいよ新学年がスタートしましたが、この4~5月の時期は受験生の7割が志望大学・学部を決めているという重要な時期になっています(旺文社 大学受験パスナビ調査)。               
そこで今回は、進路を決めるための大きな基準の一つである、学部での勉強内容について紹介します。                            
 
学部・学科の種類について
 大学での専攻は細分化・多様化が進んでおり、どの学部・どの学科で何が学べるのかを事前によく知っておく必要があります。医学部や法学部といった専門分野としてわかりやすい学部も多数ありますが、中にはどういったことを学ぶのかがわかりにくいものもあります。ここでは一例を挙げてみましょう。
【国際関係学部系統】
 国と国との相互理解を目標に、世界の主要地域の法律や政治・経済、思想・言語・歴史などを学際的かつ総合的に学ぶ学問領域です。国際企業や国際機関で活躍するための高度な語学運用能力や、情報処理能力の向上も目指しています。海外留学のサポートに力を入れている大学も多いです。教育研究のテーマも国際政治学、国際法、国際経済、金融論など多岐にわたり、各大学の学部名・学科名も多彩です。カリキュラムは、1・2年次で英語とコンピュータの集中講義、3・4年次では地域研究を通して文化や政治経済などの専門知識を身につけるという流れが基本となります。
【工学部系統】
 工学部は物理や化学、数学などの基礎的科学の応用面を研究し人間と社会にとって役立つものを考え、つくる学部系統といえます。この分野には多種多様な学科・専攻があり、研究内容は科学の進歩とともに絶えず進展し変貌を遂げています。先端技術を扱い、高度な知識が求められる企業などの研究・開発職に就くため、大学院に進学する学生が多いのも特徴です。理学部・工学部(理工学部)の学生数は全学生の2割近くを占め、国立大学に限れば3分の1以上にも達しています。


オープンキャンパスを活用しよう
 新学年がスタートすると、各大学で徐々にオープンキャンパスが開かれるようになっていきます。気になる学部やわからない学部がある場合は、余裕があるときにぜひオープンキャンパスへ参加して志望する大学についての情報を集めてみましょう。

 

【小学部】オススメ博物館ご紹介 その2
 前回に引き続き、みなさんのお家の近くにあるオススメの博物館をご紹介します。新しい発見がきっとたくさんあるはずです。ゴールデンウィークや夏休みに出かけてみよう!


【国立科学博物館 (科博)】アクセス:上野駅より徒歩6分
恐竜から動物・深海・科学・宇宙と幅広い400万点以上の展示物を持っています。日本館、地球館の2つの建物から構成されています。日本館は国の重要文化財指定も。大人も子供も楽しめますが、1日では見きれないほど広いです。地球館は2015年にリニューアルが完了し、最新の技術の紹介や多数の剥製があり迫力満点。3月8日より恐竜博2016もスタートし、肉食恐竜のスピノサウルスの全身復元骨格を見ることもできます。


【造幣局 東京博物館】アクセス:東池袋駅より徒歩8分 サンシャインシティ近く
造幣局の博物館は造幣局構内に設置されています。貨幣、勲章等の製造工程紹介及び古銭・記念貨幣・勲章など約1,000点が展示されています。金本位制最後の金貨幣であり、「幻の金貨」ともいわれる昭和7年(1932年)銘の20円金貨をはじめとして、発行されることがなかった貨幣、造幣局創業当時の試作貨幣、歴史的に価値の高い金貨銀貨、といった造幣局でしか見ることのできない貴重なものも展示しています。
しかし残念ながら、造幣局東京博物館は6月末で閉館します。10月から埼玉県大宮に新しい造幣局と博物館が移転し、再オープン予定。


【TAKAO 599 MUSEUM】アクセス:高尾山口駅より徒歩4分
旧東京都高尾自然科学博物館跡地に、TAKAO 599 MUSEUMが2015年開館しました。観光・学習・交流の3つのコンセプトを併せ持つこの施設は無料で利用できます。一面ガラス張りの大きな建物に入ると、1階にあるのは高尾山に生息する動植物の展示や映像のコーナー。羽ばたいている昆虫の一瞬の姿をとらえた昆虫標本も必見です。高尾山は箕面山(大阪)、貴船山(京都)とならび、数千種の昆虫が生息する三大昆虫生息地としても知られていますが、ここで初めて発見された昆虫がいることからも、いかに豊かな生態系をもった山かがよくわかります。高尾山登山の予習などにも使える施設です。

0 コメント

2016年

4月

06日

新高1ガイダンス&おつかれさま会

清瀬教室では、3月中旬に「新高1ガイダンス&勉強お疲れさまパーティー」を実施しました。
ガイダンスは、高校ではどのような事を勉強するのか、また大学受験はどのような流れなのか、

などの「高校に入学してから知っておきたいこと」を確認する内容です。
高校に合格して、合格して良かったね。はいっ、おしまい、ではないからです。

数学が二つに分かれると知った瞬間、

教室内で生徒がざわざわ…
「数学2つに分かれるとか聞いてないし」
「英語も2つとか、ありえないんだけど」
「赤点とか進級とか厳しいんだね」と、高校での厳しさが分かったようです。
ベストでは、高校生のみなさんの勉強のサポートもしっかりやっています。
今年はベスト生で、東京大学・お茶の水女子大学・早稲田大学・上智大学・青山学院大学などの

合格者が出たんですよ!
一人一人に合わせてしっかりとサポートしているので、安心です。

 

その勉強会のあと、本日のメインイベント「清瀬教室恒例 勉強お疲れさまパーティー」がスタート。
パーティーではお寿司・ピザ・たくさんのお菓子とともに大盛り上がりの「ビンゴ大会」も開かれました。
毎年恒例で、豪華景品が当たるので、一年間このビンゴ大会を楽しみに受験勉強を頑張ってきた生徒さんも

いるくらいなのです。
楽しい時間を過ごし、そして高校でもベスト生として頑張ることをみんなで確認し合って、

無事にビンゴ大会は終了しました。

 

みんな、気持ちを切り替えて早速、高校から出た「春休みの宿題」に取りかかっています。
さぁ、入学式は目前。素敵な高校生活を送ろう。


みなさん、入学・進級おめでとうございます。
新学期からもベストで一緒にがんばっていこうね!                

 

                                        清瀬教室  徳山

0 コメント

2016年

3月

28日

実験工作教室 大成功!!

去る3/26(土)立川教室で小学生対象の「実験工作教室」が開催されました。
このイベントは、「ピタゴラスイッチ」のような装置をみんなで作りたいということで始まり、

今回で5回目を迎えます。

 

この間テーマが「ガンダーラ」、「イスカンダル」など壮大化して、失敗がちになってきていた

ので、今回は趣向を変え「ワールドスクエア」を作ることに。
無理なことはせず、絶対に失敗しないように、みな慎重に作成しました。

 

そして本番。

 

スタート地点から転がり始めたビー玉は、「中東ゾーン」→「フォーチュンクッキー」と一度も

止まることなく転がり続け、最終地点「メンデルスゾーン」で旗を揚げることに成功しました。

大盛り上がりでした。

 

次回は未踏の地「イスカンダル」への到着を目指します。ぜひご参加ください!!

 

 

立川教室 小林

0 コメント

2016年

3月

16日

入試インフォメーション2016年4月号

【中学部】平成28年度 都立高校一般入試結果

 

3月2日に都立高校一般入試の合格発表が行われました。全日制の受験者数45,413人に対し、

合格者数32,026人で実質倍率は1.42倍、合格率は70.5%という大変厳しい競争率と合格率でした。
学科ごとの合格率を見ると、普通科男子68.7%、女子67.7%、専門学科81.6%、総合学科75.7%と、昨年に続き普通科の志望者には特に厳しい入試でした。表1は学科ごとの実質倍率の一覧です。

(カッコ内は平成27年度入試)


表1 平成28年度都立高校一般入試 実質倍率                                  

普通科合計 男子1.45倍(1.45倍)
女子1.48倍(1.44倍)
専門学科合計 1.23倍(1.22倍)
総合学科合計 1.32倍(1.38倍)
全日制合計 1.42倍(1.41倍)

主な高校の合格状況(実質倍率〔受験者÷合格者〕)は以下の通りです。ご参照ください。

  男子 女子
日比谷 1.62倍 1.69倍
国立 1.60倍 1.68倍
立川 1.38倍 1.47倍
武蔵野北 1.25倍 1.52倍
小金井北 1.08倍 1.31倍
清瀬 1.11倍 1.16倍
石神井 1.51倍 1.53倍
小平 1.66倍 1.61倍
東村山 2.02倍 2.24倍
小平西 1.60倍 1.36倍
田無 1.46倍 1.60倍
府中 1.53倍 1.64倍
東大和  1.22倍 1.17倍
国分寺 1.59倍
上水 1.47倍
小平(外国語) 1.84倍
東久留米総合 1.25倍
国際 2.31倍

※単位制普通科やコース制の高校では男女別の募集をしていません。

 

【高校部】今から行う!主要教科弱点補強講座

 

 大学入試も終わり、高校1・2年のみなさんは進級する時期になりましたね。特に2年生の皆さんは受験生になり、それぞれの夢に向かって本格的な受験勉強を進めなければなりません。したがって、今年一年のスケジュールについて計画を立てましょう。受験に対しての準備は遅いということはあっても早いということはありません。そこで今回は、計画的に学習を進める必要がある文系教科、英語・国語の弱点攻略法をご紹介しますので、今後受験に備えての勉強計画を立てる材料としてお役立てください。

【英語の弱点攻略】
 まずはセンター試験レベル(標準レベル)の単語・熟語の完成、および、必須事項がまとめられた薄めの英文法参考書をよく読み、すべての例文を暗記暗唱することに注力しましょう。総合学習が必要な英語は、成績が伸び始めるまでに一定の時間を要します。言い換えれば、語彙力・文法力・読解力のバランスのとれた学習を継続すれば、英語は必ずできるようになります。まずは、語彙力・文法力の強化を心がけましょう。単語は例文中から2~5語程度のセット(lineならwith white lines:白線で)を抜き出して覚えると覚えやすいです。また、文法は必須事項のみが書かれた薄めの参考書に取り組み、例文を暗唱できるまでくり返しましょう。語彙力・文法力がついてきたら、300語程度の基礎レベルの長文に取り組みます。最初は時間を気にせず、正確にていねいに読むよう心がけましょう。場所や時代の移り変わりや、代名詞が何を指しているのかなどに注目し、全体の流れや大意をつかむ訓練を取り入れましょう。


【国語の弱点攻略】
 国語という教科に対しては、そもそも勉強法がわからない、という受験生が多いです。有効なのが、勉強法がシンプルで成果の上がりやすい漢文から着手すること。漢文は覚えるべき知識量が少なく、入試では基本をしっかり押さえれば解ける問題が出題されます。古文と漢文は、覚えれば得点が上がる“伸ばしやすい分野”なのです。具体的な方法としては、分野ごとに参考書や単語集は1冊に絞り、それを20回ほど徹底的にくり返しましょう。土台づくりの時期は、問題集ではなく参考書を使い、あれもこれもと手を出さないことが重要です。20回というと膨大な時間がかかりそうですが、2回目以降は覚えていない部分を中心に取り組み、効率化を図って学習しましょう。

 

【小学部】アクセスしやすいオススメ博物館ご紹介
 今回はベスト生みなさんのお家の近くにあるオススメの博物館をご紹介します。そこには、みなさんにとって新たな発見がきっとたくさんあるはずです。春休みに出かけてみよう!


【多摩六都科学館】アクセス:花小金井駅から徒歩18分(他にもバス便あり)
5つの展示室(チャレンジの部屋、からだの部屋、しくみの部屋、自然の部屋、地球の部屋)、世界最大級の大きさを誇る直径27.5メートルの傾斜型ドーム(プラネタリウムと大型映像)、科学学習室及び屋外展示物からなる、参加体験型の科学館です。プラネタリウムは、平成24年7月「最も先進的なプラネタリウム」として世界一に認定されました。

 

【自然科学研究機構 国立天文台】アクセス:武蔵境・三鷹・調布の各駅よりバス便あり
施設の一部は、研究活動に支障のない範囲で公開されています。最新の観測装置に加え、歴史的観測機器も見ることができます。過去から現在に繋がる天文観測の歴史を感じることができるでしょう。ドームシアターでは、直径10メートルのドームスクリーンに広がる迫力の全天周立体映像を体験できます。地球から宇宙までの莫大なスケールの空間と時間の自由に移動しながら、最新の観測データや理論研究に基づいて再現された宇宙の構造とその進化を映す迫力ある立体ムービーコンテンツはオススメです。

 

【牧野記念公園】アクセス:大泉学園駅から徒歩5分
牧野記念公園は、国の登録文化財です。世界的に著名な植物学者である牧野富太郎の自宅跡地を整備して1958年から公開されています。記念館内には300種類以上の植物があり、その中には学問的にも貴重な珍しいものも多くあります。また、博士ゆかりの品々を展示する展示室もあり、講習会や植物画などの企画展が行われます。2015年夏の「食虫植物展」では牧野博士が命名した食虫植物に関する展示などが好評を博しました。自由研究などにもオススメです。春の季節は穏やかな庭園にたくさんの桜が咲きます。

0 コメント

2016年

3月

05日

新年度が始まりますね!

 3月2日に都立入試の結果発表が行われましたが、その裏で現中学1、2年生は学年末テストや後期期末テストがあったかと思います。結果はどうだったでしょうか?
一年間の締めくくりということもあり、ほかの時期の定期テスト以上に範囲が広かったり、○○点分はまとめ問題から出題されるなどして大変な思いをした人もいるかもしれません。

 

 府中本町教室でも先月行われた定期テスト対策勉強会や質問自習教室にたくさんの府中 三中 四中の生徒さんたちがきて真剣に勉強していました。
もしかすると、今年の高校や大学受験をする先輩たちの姿を見て感化される部分もあったのかもしれませんね。

 

 さて、新中3、高3生の皆さんはいよいよ受験の年になりますね。入試の問題は定期テストとは異なり、今まで学習してきた問題すべてが範囲となります。そして中3や高3で新しく学習する範囲もあるので、この一年は今までの復習と新しく学習する内容を平行して行わなくてはなりません。大変ですね。

 

 そんな受験生の皆さんを応援するべく、ベストでは各季節講習や入試突破単元別追加授業、各種イベント等でみなさんの受験勉強を強力バックアップします。
ぜひこの大切な一年間をベストの先生や仲間たちと一緒に頑張りましょう!

 

府中本町 永峯

0 コメント

2016年

2月

23日

最後まで全力で!!

いよいよ、明日2月24日は、都立一般入試です。
この受験のために、みな大いに努力し、力をつけてきたことと思います。
先日、2月21日(日)には「高校入試 直前勉強会」が実施され
受験生みんな気合いが入り、いい緊張感の中勉強をしていました。

 

本番を目前に、緊張している生徒さんも多いようです。
とにかく、今まで積み重ねてきた努力を思い出し、自分に自信を持ってください。
周りの受験生もみんな緊張しています。それを感じて少しはリラックスしよう。

 

本番の入試では、今まで練習したとおりに問題をこなしてください。

問題を解く順番問題文に書き込みをするなど、

練習どおりにやれば、必ず力が発揮されます。
最後まで全力でがんばろう!!

 

東村山教室 黒川

0 コメント

2016年

2月

17日

入試インフォメーション2016年3月号

【中学部】2016年4月、教科書が改訂されます
 2016年4月から中学生が使用する教科書が改訂されます。今回はどのように教科書が改訂されるのかについて簡単にまとめてみました。ちなみに今回は指導要領の改訂はされないため、「小改訂」とも呼ばれています。
 今回の改訂で特に注目する点は、全教科で「アクティブ・ラーニング」が強化されることです。「アクティブ・ラーニング」とは、例えば数学の解法をレポートし発表させたり、問題を生徒間で議論したり、「学び合い」を重視したものです。これはより総体的な学力を身につけることを目的としており、来る2020年からの大学入試希望者学力テスト開始に繋がる内容となるものと言えます。主だった変更点は以下の通りです。
【英語】
・4技能「読む」「書く」「聞く」「話す」がさらに重要視され、特に「読む」ことはウェイト増となり

 「音読」の必要性が増している内容となっています。
・ほとんどに自己評価をさせるページが付きます。これはEUで行われているCEFR(言語評価)の方法を、

 文部科学省が注目しているためと言われています。
【数学】
・先述のレポート提出や「ノートの取り方」や発展的学習に身近な問題が多く記載、

 ここでも「みんなで勉強しよう」というページが増量しています。
【理科/数学】
・過去に習った単元を、より系統的に紹介しています。例)「中1で習った方程式を使い・・・」
・さらに、将来習うことも載せています。例)「高校ではsin・cos・tanというものが出てきて・・・」
【社会】
・教科書がB版からAB版になります。ページ紙面が広くなるので、その分情報量が増加します。
「気候」と「需要・供給」がより詳しくなり、必修化傾向が増しました。
「防災」(前回の改訂時では東日本震災の内容は間に合わなかったそうです)「昭和の文化」

 そして昨今の社会情勢からか「領土」の項目が増えました。
【国語】
古典学習のページが充実化します。
・より身近な企画を「アクティブ・ラーニング」で扱っています。

 例)地域の食材を用い、コンビニで売ることができる弁当を企画させる
【その他】
・教科間の連結度が増し、他教科の学習内容を紹介しています。

 例)「理科で使う数学」「地形図から読みとる理科」など
 

【高校部】速報・大学入試センター試験
大学入試センター試験の中間集計発表
 1月20日に、大学入試センターから今年度のセンター試験の平均点が公表されました。以下の表に1月22日に発表されたセンター試験の中間報告による専門教科の主要14科
目の平均点についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

国語 64.69(129.39) 日本史B 65.55 倫、政・経 60.49
英語 56.22(112.45) 地理B 60.12 物理 61.71
数学ⅠA 55.29 現代社会 54.53 化学 54.50
数学ⅡB 47.94 倫理 51.85 生物 63.62
世界史B 67.27 政治・経済 59.97    

 今年は全体的に文系受験生の優勢が目立ちました。地理歴史では世界史Bの平均点67.27点、日本史Bの平均点65.55点と他教科に比べ高くなりました。昨年は14科目中11科目で平均点がダウンしていたのに対し、今年は9科目がアップしています。ここからの国公立大二次の出願にどうつながるのかが注目されるところです。

 

私立大センター試験利用入試は法・経済が人気
私立大のセンター試験利用入試は、大学入試センター試験の実施前に出願を締め切るところが多いです。出願状況を見ると、文系の中でも法や経済などの社会科学系学部などで増えています。まだまだ集計中の大学が多いですが、難関大の増加は大きくなく、志願者を減らしているところも目立ち、安全志向が顕著です。
 センター試験利用入試で今月出願を締め切る大学のうち、志願者が増えているところは、立教大、駒澤大、成城大、専修大、日本女子大などになっています。駒澤大は仏教、経済が昨年の2倍以上、法、経済も1.5倍以上、全学部で増加しました。成城大は法の増加が目立ちました。今年からセンター試験利用入試を導入した東海大・医は、10人の募集枠に872人が出願しました。
 また、早稲田大学やMARCH、関関同立といった難関大は勢いが控えめで、早稲田大、中央大、法政大、立命館大がやや増加、同志社大がほぼ昨年並みとなっています。
 今年のセンター試験は平均点が上がると予想されていたため、国公立大志望者が私立の併願校を少なめにしていたと考えられます。難関大に次ぐクラスで増加が目立つのは、私立大のみを志望する受験生が利用していることが理由と見られます。

 

【小学部】××年前には何が起こった?
今回は先月号までの時事問題に少しプラスαをしたものを例示します。

 

【2016年の××年前には何が…】
10年前の2006年には、第一次安倍晋三内閣が発足(翌年9月まで。安倍さんは一度総理を辞職しました)
20年前の1996年には、アトランタオリンピックが開催(今年はリオデジャネイロ。ブラジルです)
30年前の1986年には、ソ連でチェルノブイリ原発事故(世界最大にして最悪の原発事故)
40年前の1976年には、南北ベトナムが統一される(南ベトナムの消滅による)
50年前の1966年には、中国で文化大革命が始まる(毛沢東の画策した中国共産党の権力闘争)
60年前の1956年には、日ソ共同宣言発表(日本とソビエト連邦の国交が回復)
70年前の1946年には、日本国憲法が公布(11月3日。施行は翌年5月3日)
80年前の1936年には、二・二六事件が起こる(陸軍青年将校によるクーデター未遂事件)
90年前の1926年には、日本放送協会(現在のNHK)が発足(1チャンネルです)
100年前の1916年には、吉野作造民本主義を説く(どちらも重要語句です)
120年前の1896年には、第一回オリンピックがアテネで開催(108年後の2004年にも開催)
150年前の1866年には、薩長同盟が成立(坂本龍馬らの仲立ち)
300年前の1716年には、徳川吉宗による享保の改革が始まる(こちらも超重要語句です)
(参考文献:学研「時事問題に強くなる本」)


時事問題といっても、今年・去年に起こったことだけではなくて、「今からちょうど100年前には~~」のように、出題されることもありえる、ということです。
普段から、ニュースや年表などを注意深く見ていると良いですね。

0 コメント

2016年

2月

07日

栄光をつかめ!都立入試

都立高校一般入試まで2週間を切り、中3受験生にとっては、いよいよ本当のラストスパートの

局面となりました。
この約10日間で学力がどう変わるのか分かりませんが、最後の最後まで貪欲に努力を続け、

「今までで一番勉強した10日間」にしようじゃありませんか。

 

さて小平教室では今週7日の日曜日に、「都立一般入試+(プラス)30点ゼミ」を行いました。

このイベントは、入試最終盤のこの時期に、あともう一押し加点することを目的としたもので、

10人に3~4人が不合格になる厳しい都立一般入試を何としても合格突破するために

行われました。
小平教室の、都立一般受験生のほぼ全員にあたる21名が参加です。

 

さすがにこの時期の受験生です。ホワイトボードやノートを見つめる眼差しは鋭く真剣そのもの。

質問も飛び交いつつピンと張りつめた緊張感の中、粛々と進められました。教える私たちも、

その気概に圧倒されそうになりました。
合計5時間にも上る長丁場でしたが、皆とても集中し、密度濃い勉強時間になったと思います。

参加した受験生のみなさん、間違えた問題は、必ず解き直しをしておいてください。

 

今さらジタバタしても仕方がない、という考え方もあるでしょう。
が、ジタバタしないことにはつかめない成功も必ずあります。
そして、諦めてしまったら成功できることも必ず失敗します。

 

受験生のみなさん、栄光をつかめ。その手中に。

 

小平教室 高橋

0 コメント

2016年

2月

03日

受験期

 中学受験、そして大学受験は本番を迎えました。高校入試も推薦の結果発表があり、今月はいよいよ一般入試です。

 

 この時期になると、進学先が決まった人も周囲に出はじめるので、受験勉強が続く人たちの中には、気持ちのコントロールが大変になる人もいるでしょう。しかし、受験はそういうもの。自分を邪魔する自分の気持ちに振り回されず、目の前のことに意識を集中できるよう心がけてください。

 

 中3受験生のみなさん、都立高校一般入試本番まで、毎日応援し続けます。
 土日の以下のイベントもぜひ活用してください。

 

2/7 (日) 9:00~12:00  高校入試 直前勉強会
2/13(土)18:15~19:15  英語リスニング対策
2/13(土)19:30~21:30  都立入試 得点UPゼミ
2/14(日) 8:30~15:20  都立入試そっくりリハーサル
2/14(日)16:30~19:30  高校入試 直前勉強会
2/21(日)13:00~16:00  高校入試 直前勉強会
2/21(日)16:20~18:20  都立入試 得点UPゼミ

 

 

東大和教室 松本

 

0 コメント

2016年

1月

27日

雪の結晶

 こんにちは。小川教室の坂元です。

 

 沖縄ではみぞれが観測されたようですね。沖縄での雪の観測は史上2回目だそうです。前回の観測は1977年だそうです。雪の対策のしづらい南国は、少し雪が降っても交通機関に影響が出たりして、大変です。

 

 私の実家は鹿児島にあるのですが、こちらも10㎝の降雪だそうです。母がわざわざ携帯電話で写真を送ってくれました。

 鹿児島市で利用されている主な交通機関は、乗用車かバス、そして路面電車です。市内のバスや路面電車は運休が相次いでいるようです。


 さて、雪と言えば、きれいな雪の結晶を思い浮かべる人が多いと思います。氷の結晶の拡大写真をテレビや紙面で見たことがある人も多いことでしょう。

 雪は、上空で水蒸気が昇華したり、水滴が凍ったりして、氷の粒子になったものです。その形は、きれいな正六角柱や樹枝状結晶(上の写真)として紹介されることが多いのですね。実はほかにも、さまざまな種類の形があることが知られています。ただ、六角形に近い形のものが多いのは事実です。

 

 では、なぜ雪の結晶は、きれいな六角形なのでしょうか?
 
 実は、なぜこのような形になるのか、そのメカニズムは、はっきり解明されていません。

 

 水分子は水素結合と呼ばれる結合で、結晶になります。一方の水分子の酸素原子と他方の水分子の水素原子の間に結合がうまれるのです。これらの水分子は、結晶では、正四面体状に並んでいき、ある角度から見ると、その隙間が六角柱に見えます。

 しかし、なぜその六角柱がきれいに形成、成長していくのか、また、なぜ六角柱にならずに枝分かれして樹状構造になったりするのか、まだ明確な答えは出ていないようです。


 みなさんも、ぜひ雪の結晶について調べてみてください。いろいろな結晶の画像に魅了されると思います。

0 コメント
資料請求・お問い合わせ
大学進学情報
わたしたちベスト個別指導塾の基本理念です。

通常授業の他に様々な授業があります!

勉強会イベントも適宜開催しています!

勉強方法アドバイス

効率的に勉強に取り組むための方法です!

ベスト個別指導塾の各教室のご紹介です。

採用情報
採用情報